ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車 水島製作所」の検索結果

「三菱自動車 水島製作所」に関連する情報 191件中 61〜70件目

三菱自動車

三菱自動車と日産自動車は燃費データの不正問題で販売を停止していた軽自動車の販売を今日から再開した。販売を再開したのは4月末から販売停止となっていた「eKワゴン」、「デイズ」など4車種。燃費数値を再測定し17%悪化した車種もあり、燃費数値を修正し販売を再開した。三菱自動車の会長は水島製作所がある倉敷市長と面会し販売再開を伝えた。


水島製作所

燃費不正の発覚以降、軽自動車の販売・生産を停止している三菱自動車。国交省は二度の立ち入り検査を行い、車の安全性には問題ないことから、販売取り消し処分を見送った。燃費差が最も大きかったのは「eKスペース」などで約16%。平均で11%、カタログとの燃費差があった。今後、三菱自動車は燃費を修正し、7月上旬に生産再開を目指す方針。一方、岡山県の2次下請け企業が初めて破産手続きに入った。三菱自動車の会長は「中小企業の方と聞いている。できる限りのことをしたい」と話した。


水島製作所

三菱自動車の燃費不正問題で、岡山県は水島製作所での軽自動車の生産停止により、休業や出向などの雇用調整を行っている下請け企業が少なくとも28社にのぼり、約1050人の従業員が影響を受けているとの調査結果をまとめた。また解雇や雇い止めを既に行ったり、今後行う予定がある企業も合わせて10社に達していて、深刻な被害が浮き彫りとなっている。


三菱自動車

三菱自動車の燃費不正問題で、岡山県は水島製作所での軽自動車の生産停止により、休業や出向などの雇用調整を行っている下請け企業が少なくとも28社にのぼり、約1050人の従業員が影響を受けているとの調査結果をまとめた。また解雇や雇い止めを既に行ったり、今後行う予定がある企業も合わせて10社に達していて、深刻な被害が浮き彫りとなっている。


三菱自動車 水島製作所

三菱自動車につづいてスズキでも不正な方法で燃費データを測定していたことについて、林経産相は懸念を示した。またスズキの会長から電話をうけた際、再発防止の徹底を直接求めた。さらに三菱自動車の取引先が融資を受けやすくするセーフティーネット保証の発動を発表した。


三菱自動車水島製作所

岡山・総社市の片岡聡一市長は三菱自動車を訪れ、企業版ふるさと納税の仕組みを使って1億円を寄付するよう要請した。三菱自動車は、顧客に対する補償も含めた全体の中で協議したいとしていて、寄付が実現するかは不透明である。


丸五ゴム工業

岡山県倉敷市の「三菱自動車 水島製作所」は現在生産停止中の状態だと伝えた。これによって地元の部品メーカーにも影響が出ている。そういった状況で伊原木隆太知事が経産省を訪れて地元企業の支援を訴えたと伝えた。メーカーの声を伝えるために丸五ゴム工業の社長も同行した。


三菱自動車 水島製作所

岡山県倉敷市の「三菱自動車 水島製作所」は現在生産停止中の状態だと伝えた。これによって地元の部品メーカーにも影響が出ている。そういった状況で伊原木隆太知事が経産省を訪れて地元企業の支援を訴えたと伝えた。メーカーの声を伝えるために丸五ゴム工業の社長も同行した。


日産

日産からの出資受け入れを発表した三菱自動車について、三菱グループが集まる「金曜会」が開かれたと伝えた。三菱自動車は18日までに国交省への再報告が求められている。まだ問題の全容は解明されてないと伝えた。こうした中で日産と三菱自動車の首脳が林経済産業大臣を訪れて資本提携について伝えた。林経済産業大臣は雇用や地域経済不安をふっしょくしてもらいたいと語った。

岡山県倉敷市の「三菱自動車 水島製作所」は現在生産停止中の状態だと伝えた。これによって地元の部品メーカーにも影響が出ている。そういった状況で伊原木隆太知事が経産省を訪れて地元企業の支援を訴えたと伝えた。メーカーの声を伝えるために丸五ゴム工業の社長も同行した。


三菱自動車

日産からの出資受け入れを発表した三菱自動車について、三菱グループが集まる「金曜会」が開かれたと伝えた。三菱自動車は18日までに国交省への再報告が求められている。まだ問題の全容は解明されてないと伝えた。こうした中で日産と三菱自動車の首脳が林経済産業大臣を訪れて資本提携について伝えた。林経済産業大臣は雇用や地域経済不安をふっしょくしてもらいたいと語った。

岡山県倉敷市の「三菱自動車 水島製作所」は現在生産停止中の状態だと伝えた。これによって地元の部品メーカーにも影響が出ている。そういった状況で伊原木隆太知事が経産省を訪れて地元企業の支援を訴えたと伝えた。メーカーの声を伝えるために丸五ゴム工業の社長も同行した。


検索結果の絞り込み