ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「三菱自動車」の検索結果

「三菱自動車」に関連する情報 8471件中 1〜10件目

三菱自動車

先週の値下がり銘柄を発表した。ボーイングの旅客機向けの生産をしている川崎重工業は6位。8%以上の下落。最も下げたのは2位ヤクルト本社。1日あたりの販売が5月に入り前年比4.4%と発表されたたことからだという。東海東京調査センターの仙石さんは特に自動車関連銘柄の下落が目立っていてトヨタと比較してマツダや三菱自動車など生産回復の鈍さへの警戒感が株価の下落につながったのではと解説した。


マツダ

先週の値下がり銘柄を発表した。ボーイングの旅客機向けの生産をしている川崎重工業は6位。8%以上の下落。最も下げたのは2位ヤクルト本社。1日あたりの販売が5月に入り前年比4.4%と発表されたたことからだという。東海東京調査センターの仙石さんは特に自動車関連銘柄の下落が目立っていてトヨタと比較してマツダや三菱自動車など生産回復の鈍さへの警戒感が株価の下落につながったのではと解説した。


トヨタ自動車

先週の値下がり銘柄を発表した。ボーイングの旅客機向けの生産をしている川崎重工業は6位。8%以上の下落。最も下げたのは2位ヤクルト本社。1日あたりの販売が5月に入り前年比4.4%と発表されたたことからだという。東海東京調査センターの仙石さんは特に自動車関連銘柄の下落が目立っていてトヨタと比較してマツダや三菱自動車など生産回復の鈍さへの警戒感が株価の下落につながったのではと解説した。


ヤクルト本社

先週の値下がり銘柄を発表した。ボーイングの旅客機向けの生産をしている川崎重工業は6位。8%以上の下落。最も下げたのは2位ヤクルト本社。1日あたりの販売が5月に入り前年比4.4%と発表されたたことからだという。東海東京調査センターの仙石さんは特に自動車関連銘柄の下落が目立っていてトヨタと比較してマツダや三菱自動車など生産回復の鈍さへの警戒感が株価の下落につながったのではと解説した。


川崎重工業

先週の値下がり銘柄を発表した。ボーイングの旅客機向けの生産をしている川崎重工業は6位。8%以上の下落。最も下げたのは2位ヤクルト本社。1日あたりの販売が5月に入り前年比4.4%と発表されたたことからだという。東海東京調査センターの仙石さんは特に自動車関連銘柄の下落が目立っていてトヨタと比較してマツダや三菱自動車など生産回復の鈍さへの警戒感が株価の下落につながったのではと解説した。


三田労基署

去年2月に三菱自動車の男性社員が自殺しているが、三田労基署は亡くなる直前は月に139時間の残業があり精神疾患を発症したと認めている。妻は悲しみは癒えることがありません・仕事に見合う人員の配置や社員を思いやる管理体制の整備を願っておりますとコメントしている。また、三菱自動車は当社社員が亡くなったことを重く受け止めております、詳細を確認しておりますと言及している。


三菱自動車

去年2月に三菱自動車の男性社員が自殺しているが、三田労基署は亡くなる直前は月に139時間の残業があり精神疾患を発症したと認めている。妻は悲しみは癒えることがありません・仕事に見合う人員の配置や社員を思いやる管理体制の整備を願っておりますとコメントしている。また、三菱自動車は当社社員が亡くなったことを重く受け止めております、詳細を確認しておりますと言及している。


三田労働基準監督署

三菱自動車の男性社員が自殺したのは、139時間を超える残業による精神疾患が原因だとして、東京・三田労働基準監督署が労災と認定した。労災認定されたのは、去年2月に自殺した三菱自動車の商品企画担当の男性社員。遺族の代理人によると、男性のスマートウォッチの記録から睡眠時間が5時間未満の日が月に半分以上だったという。また、単身赴任先から週末に自宅に戻るも近くの図書館で仕事をしていたという。遺族の代理人はテレワークが推進されているが、者屋外での深夜や休日の労働の危険性が一層高まっていると指摘している。三菱自動車は「社員が亡くなったことを重く受け止めていますとしている。


三菱自動車

三菱自動車の男性社員が自殺したのは、139時間を超える残業による精神疾患が原因だとして、東京・三田労働基準監督署が労災と認定した。労災認定されたのは、去年2月に自殺した三菱自動車の商品企画担当の男性社員。遺族の代理人によると、男性のスマートウォッチの記録から睡眠時間が5時間未満の日が月に半分以上だったという。また、単身赴任先から週末に自宅に戻るも近くの図書館で仕事をしていたという。遺族の代理人はテレワークが推進されているが、者屋外での深夜や休日の労働の危険性が一層高まっていると指摘している。三菱自動車は「社員が亡くなったことを重く受け止めていますとしている。


三田労働基準監督署

三菱自動車工業の男性社員が自殺したのは長時間の残業による精神疾患が原因だとして、東京の三田労働基準監督署が労災と認定した。男性社員のスマートウォッチの記録から、男性の睡眠時間が5時間未満だった日が多かった事等が明らかになった。三菱自動車は「社員が亡くなった事を重く受け止めている。」と話している。