ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「下町ロケット」の検索結果

「下町ロケット」に関連する情報 1592件中 1〜10件目

「下町ロケット」に関連する本・コミック・雑誌

今回は有村昆が豪華キャストの企業犯罪エンタメ「七つの会議」を解説。映画「七つの会議」は池井戸潤のベストセラー小説で興行収入は21億円を超えており、監督は福澤克雄が務める。公開から2週連続動員ランキング1位を記録している。アリコンは「誰しも刺さる!戦いと葛藤の物語」「日本人ならではの愛社精神に共感!」など見所を紹介した。今回のキャストは、野村萬斎や片岡愛之助、香川照之など本業が役者じゃない人が多く出演しているという。野村萬斎と香川照之の顔面対決も見所だという。大好評発売中の「七つの会議」Blu-ray&DVDには異なる特典も封入されている。

「下町ロケット」

Amazon.co.jp


「下町ロケット」に関連するレストラン・飲食店

良純さんは裕次郎さんの闘病を間近で見ていた神田正輝さんと「六本木 シシリア」で待ち合わせをした。神田さんは裕次郎さんについて「お見舞いに行くと逆に元気をもらっていた。裕次郎さん亡き後の石原プロはこれからどうするんだろうと思っていた」などと話す。良純さんは裕次郎さんが亡くなった2年後には石原プロを退団し、渡哲也が支えてくれたという。ここで去年、下町ロケットに出演して話題となった石原プロの徳重さんがやってきた。良純さんの後に入団した徳重さんは裕次郎さんについて「会ったことはないが、凄すぎてもうよく分からない存在」などと話していた。

 (イタリアン、ピザ)

石原プロ

1981年4月、裕次郎さんは「西部警察」の撮影中に倒れて緊急入院をした。慎太郎さんは解離性大動脈瘤にかかり、手術の成功率は3%だった。慎太郎さんは裕次郎さんの手術までの10日間、毎日神棚に向かって祈っていた。裕次郎さんは6時間に及ぶ大手術から復活した。裕次郎さんは石原プロに復帰し、その翌年に良純さんも石原プロに入団して「凶弾」で俳優デビューをしていた。良純さんは裕次郎さんと「西部警察 PART-III」で共演したが、その翌年に裕次郎さんは原因不明の高熱で再入院して肝細胞がんと診断された。病名を明かされる事はなかったが死期を悟った裕次郎さんは、大好きなハワイで闘病していた。良純さんはハワイまでお見舞いに行くと、弱りきった裕次郎さんがいたという。そんな裕次郎さんだったが、良純さんと海岸を散歩した時はタバコを吸っていた。1987年7月17日、裕次郎さんは53歳の若さでこの世を去った。この時、兄の慎太郎さんは本心から自分の片腕がもがれた思い」と言っていたという。

良純さんは裕次郎さんの闘病を間近で見ていた神田正輝さんと「六本木 シシリア」で待ち合わせをした。神田さんは裕次郎さんについて「お見舞いに行くと逆に元気をもらっていた。裕次郎さん亡き後の石原プロはこれからどうするんだろうと思っていた」などと話す。良純さんは裕次郎さんが亡くなった2年後には石原プロを退団し、渡哲也が支えてくれたという。ここで去年、下町ロケットに出演して話題となった石原プロの徳重さんがやってきた。良純さんの後に入団した徳重さんは裕次郎さんについて「会ったことはないが、凄すぎてもうよく分からない存在」などと話していた。

27歳で石原プロを退社した良純さんは独立し、厳しい演技指導で知られる劇作家のつかこうへいさんに指導してもらったという。そんな良純さんは87歳になった慎太郎さんとは、月に1回は食事に行っていると話した。


「下町ロケット」に関連するイベント情報

ミス・ジャパン

ミス・ジャパン初代グランプリに土屋太鳳さんの姉・炎伽さんが選ばれた。選考で日本が世界に誇れることについて炎伽さんは「技術です」と述べ、国土は小さく資源も乏しい日本の高い技術こと武器だとアピールした。実妹が出演するドラマ「下町ロケット」を意識したものかと思いきやそうではなかったとのこと。


Paravi人気ドラマ再生回数ランキング TOP10

Paravi人気ドラマ再生回数ランキング TOP10。第10位は日曜劇場「下町ロケット」。佃航平が率いる佃製作所は、柱だったロケット事業が突然危機に。ロケット技術を活かせると思った佃たちは、新たな夢として無人農業ロボットの開発に着手。裏切りやライバル会社との戦い、大企業からの圧力などの壁に不屈の闘志で挑む、全ての働く人たちに捧ぐ企業エンターテインメント。吉川晃司演じる財前道生がロケット事業から離れることになった時に、佃が稲刈りに誘ったシーンでの言葉を紹介した。佃製作所の経理部長・殿村直弘が実家の農家を継ぐ一大決心をして会社をやめることを社長の佃航平に告げるシーンでの言葉を紹介した。ものづくりの尊さ、仲間・家族の大切さを感じられる、働く人たちの心に響く情熱と感動の名作ドラマ。

第9位は火曜ドラマ「義母と娘のブルース」。主演・綾瀬はるかさん演じる無敵のキャリアウーマン・岩木亜希子さんが、竹野内豊さん演じる余命僅かなサラリーマンの男性・宮本良一と契約結婚する。8歳の一人娘・みゆきの義母となり奮闘する10年間の物語。はじめは亜希子を母親として受け入れないが、少しずつ絆を深めていく名シーンがある。みゆきが初めて両親にお願い事をするシーンを紹介した。3人は初めて親子3人で、川の字で寝た。ストーリー前半、ガンで亡くなった良一の葬式でのシーンを紹介した。亜希子は強がるみゆきを抱きしめる。みゆきは初めて亜希子を「お母さん」と呼んだ。9年後、みゆきはこう置く3年生になった。亜希子は佐藤健さん演じる麦田章が店長をつとめるつぶれかけのベーカリー麦田で働き始める。次第に惹かれていく恋模様が描かれた。人気を呼んだ、麦田が亜希子に告白するシーンを紹介した。最終回ではなぜ亜希子が義母になったのかの理由を明かした。亜希子は仕事一筋だった心の穴を埋めるために、義母になったと告白した。みゆきは「世間じゃそういうのは愛って言うんだよ」と返した。

第8位は金曜ドラマ「インハンド」。山下智久さん演じる、ロボットハンドの義手を持つ天才科学者・紐倉哲と、その助手・濱田岳さん演じる高家春馬。菜々緒さん演じるやり手の美人官僚・牧野巴が様々な難事件を解き明かしていくサイエンスミステリー。牧野の同僚としてブランチファミリーの藤森さんもキーマンとして出演。名シーンはアドリブも多いという紐倉と高家の掛け合い。クライマックスでは紐倉・高家がとんでもない脅威にさらされる。

第7位は火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。2016年に「逃げ恥ブーム」を巻き起こした人気ラブコメディがランクイン。


チープカシオ

石井亮次のプロフィール紹介。2019年好きな男子アナ ベスト10で5位にランクインした石井アナはCBCテレビ情報番組「ゴゴスマ」のMCとして活躍している。引き立て役で番組を盛り上げるところが人気を呼び、日曜劇場「下町ロケット」や「陸王」に俳優として出演した。石井アナは好感度アップのために努力していると話し、立ち姿や身に付ける時計にも気を遣っていると明かした。石井アナは地方局アナとキー局アナは待遇が違うと話した。


CBCテレビ

石井亮次のプロフィール紹介。2019年好きな男子アナ ベスト10で5位にランクインした石井アナはCBCテレビ情報番組「ゴゴスマ」のMCとして活躍している。引き立て役で番組を盛り上げるところが人気を呼び、日曜劇場「下町ロケット」や「陸王」に俳優として出演した。石井アナは好感度アップのために努力していると話し、立ち姿や身に付ける時計にも気を遣っていると明かした。石井アナは地方局アナとキー局アナは待遇が違うと話した。


2019年好きな男子アナ ベスト10

石井亮次のプロフィール紹介。2019年好きな男子アナ ベスト10で5位にランクインした石井アナはCBCテレビ情報番組「ゴゴスマ」のMCとして活躍している。引き立て役で番組を盛り上げるところが人気を呼び、日曜劇場「下町ロケット」や「陸王」に俳優として出演した。石井アナは好感度アップのために努力していると話し、立ち姿や身に付ける時計にも気を遣っていると明かした。石井アナは地方局アナとキー局アナは待遇が違うと話した。


KTS鹿児島テレビ

ピーターこと池畑慎之介は「下町ロケット」の放送終了後、66歳で1年の活動休止を宣言して世界中を旅している。そんな彼には70代の姉がいるというので坪倉由幸が取材。名前は石川豊子さん、元KTS鹿児島テレビのアナウンサーということで大阪芸術大学で放送学科の教授として働いている。授業の特徴は実戦形式、生きた授業から放送の楽しさを教えている。


大阪芸術大学

ピーターこと池畑慎之介は「下町ロケット」の放送終了後、66歳で1年の活動休止を宣言して世界中を旅している。そんな彼には70代の姉がいるというので坪倉由幸が取材。名前は石川豊子さん、元KTS鹿児島テレビのアナウンサーということで大阪芸術大学で放送学科の教授として働いている。授業の特徴は実戦形式、生きた授業から放送の楽しさを教えている。