ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「与良正男」の検索結果

「与良正男」に関連する情報 466件中 1〜10件目

TBSテレビ

自民党議員の発言をピックアップ。自民党・西田参院議員は「昨日のGDPは内需の減少などによる縮小均衡でプラスになったに過ぎない。もう一度党で議論すべき」と話した。GDPについて麻生さんは「悪くない」と話した。GDPがプラスなのに否定的な意見は異例だが、TBSテレビ・遊佐政治部長は「消費税増税延期の布石では。 これを解散の大義にと考えているのでは」と話した。与良正男は消費税増税以外の大義について「憲法改正を前面に出すという方法と、北朝鮮と向かわせてくれという言い方ができる」と話した。


JNN世論調査

衆院議員の任期は2021年10月、今年の秋に消費税増税、来年夏に東京五輪、安倍首相の任期は2021年9月となっている。安倍首相にとって今のタイミングは、令和効果などにより安倍首相の見せ場が多く、内閣支持率(JNN世論調査)は57.4%でプラス4.0%アップしている。与良正男は「今後プラスになることが少ないとなると今しかないだろう」と話す。解散の大義について連合・神津会長の19日のコラムで「同日選をやるためにひねり出される大義とは何なのか」と書かれた。立憲民主党・辻元さんは、解散の大義捜しをするなら予算委員会をやれと発言した。


JNN

衆院議員の任期は2021年10月、今年の秋に消費税増税、来年夏に東京五輪、安倍首相の任期は2021年9月となっている。安倍首相にとって今のタイミングは、令和効果などにより安倍首相の見せ場が多く、内閣支持率(JNN世論調査)は57.4%でプラス4.0%アップしている。与良正男は「今後プラスになることが少ないとなると今しかないだろう」と話す。解散の大義について連合・神津会長の19日のコラムで「同日選をやるためにひねり出される大義とは何なのか」と書かれた。立憲民主党・辻元さんは、解散の大義捜しをするなら予算委員会をやれと発言した。


「与良正男」に関連するイベント情報

東京五輪

衆院議員の任期は2021年10月、今年の秋に消費税増税、来年夏に東京五輪、安倍首相の任期は2021年9月となっている。安倍首相にとって今のタイミングは、令和効果などにより安倍首相の見せ場が多く、内閣支持率(JNN世論調査)は57.4%でプラス4.0%アップしている。与良正男は「今後プラスになることが少ないとなると今しかないだろう」と話す。解散の大義について連合・神津会長の19日のコラムで「同日選をやるためにひねり出される大義とは何なのか」と書かれた。立憲民主党・辻元さんは、解散の大義捜しをするなら予算委員会をやれと発言した。


毎日新聞

昨日日本維新の会の松井代表は「国会で辞職勧告になるし、賛成する」とコメント。 この辞職勧告決議案とは提出に20人以上の賛成が必要で法的拘束力はない。これまでの辞職勧告決議案はほとんどが廃案。今回のケースでは所属していた維新の会も賛成としているためすんなりいくと見られているが、立憲民主党は「維新から各党に働きかけをするのが本筋」とし維新の会は「すでに除名した。自分たちからお願いする筋ではない」とコメント。自民は検討中という立場、国民民主党は「本人に弁明の場を与えることも必要ではないか」とコメントしているという。この件について毎日新聞の与良正男専門編集委員は「今回、辞職勧告となれば過去の失言はどうなのということになる」とコメント。

昨日夕方丸山穂高議員は自身のツイッターで「言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと」とし、さらに「野党側の感情論で議案が出され、普段は冷静な与党まで含めて審議へ進むなら、まさにこのままではこの国の言論の自由が危ぶまれる話でもある」と主張した。一方では振り返ると今年2月の自民党大会で安倍首相も言論の自由という言葉をつかったケースがあった。専門家は「そもそも言論の自由とは、国家権力から制限されることなく個人が自由に言論出来る権利。個人としての言論ではなく、公職たる国会議員の活動として評価すべき。丸山氏が正当化のために言論の自由を持ち出すのは不適切」とコメント。丸山氏は国会議員として国後島に同行し公職の立場で「戦争しないとどうしようもない」と発言。これは道義的責任はもちろん、憲法の尊重擁護義務違反にもなる。さらに丸山氏はツイッターで「この機会にyoutube等で自ら国内外へ以下の様々な配信を」と暴露予告もした。しかし、現在はこのつぶやきを行ったあとに丸山氏の所在は不明となっている。(本会議には出席)


毎日新聞

失言防止マニュアルについてのトーク。自民党が失言防止マニュアルを配っていたことが分かった。内容には「発言は切り取られることを意識する」、「報道内容を決めるのは目の前の記者ではない」、「タイトルに使われやすい強めのワードに注意」などがある。「報道内容を決めるのは目の前の記者ではない」では、目の前の記者を邪険に扱うようなことはせず、とある。昨年4月の囲み取材の際、麻生副総理が「お前NHK?見かけねぇ顔だな」と発言したことを受けたものか。強めのワードについては、「以下5つのパターンでは、場所や周囲の状況を踏まえ、発言をコントロールすることが大切。」とされた。パターン1は「歴史認識、政治信条に関する個人的見解→謝罪もできず長期化の傾向」。パターン2は「ジェンダー・LGBTについての個人的見解」、パターン3は「事故や災害に関し配慮に欠ける発言」、パターン4は「病気や老いに関する発言」、パターン5は「気心知れた身内と話すような、わかりやすく、ウケも狙える雑談口調の表現」。毎日新聞の与良正男専門編集委員は「まるで新社会人向けの心得。こうまでしないとコントロールできないところまできているのでは。」などとしている。萩谷さんは「話題について勉強して意識を高めることが大切なのに、技術面しか書いていない。」などとした。遊佐さんは「発言のマニュアル配布は珍しい。」などとした。


NHK

失言防止マニュアルについてのトーク。自民党が失言防止マニュアルを配っていたことが分かった。内容には「発言は切り取られることを意識する」、「報道内容を決めるのは目の前の記者ではない」、「タイトルに使われやすい強めのワードに注意」などがある。「報道内容を決めるのは目の前の記者ではない」では、目の前の記者を邪険に扱うようなことはせず、とある。昨年4月の囲み取材の際、麻生副総理が「お前NHK?見かけねぇ顔だな」と発言したことを受けたものか。強めのワードについては、「以下5つのパターンでは、場所や周囲の状況を踏まえ、発言をコントロールすることが大切。」とされた。パターン1は「歴史認識、政治信条に関する個人的見解→謝罪もできず長期化の傾向」。パターン2は「ジェンダー・LGBTについての個人的見解」、パターン3は「事故や災害に関し配慮に欠ける発言」、パターン4は「病気や老いに関する発言」、パターン5は「気心知れた身内と話すような、わかりやすく、ウケも狙える雑談口調の表現」。毎日新聞の与良正男専門編集委員は「まるで新社会人向けの心得。こうまでしないとコントロールできないところまできているのでは。」などとしている。萩谷さんは「話題について勉強して意識を高めることが大切なのに、技術面しか書いていない。」などとした。遊佐さんは「発言のマニュアル配布は珍しい。」などとした。


ツイッター

丸山議員は日本維新の会に離党届を提出したが受理されず、党は除名処分を決定した。北方領土の環境整備を目的とした「ビザなし訪問団」として今月10日から国後島を訪れていた丸山議員は、11日よる訪問団長が取材対応中割り込み「戦争で島を取り返すのは賛成ですか、戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言、訪問団長は呆れて退席をしたという。丸山議員は現在35歳、日本維新の会の衆院議員3期、外交・安全保障の考え方は、日本の核武装は今後の国際情勢によっては検討すべきとし、去年ツイッターでZOZO社長とテロの対抗は武力だと発言し論争に発展している。また以前も酒に酔ってトラブルとなっていて、橋下元代表ともツイッターで争っていたこともある。今回の戦争発言を撤回・謝罪しているが、与良正男は考えてもないことを口にしないとし、政治家は体を張ってでも戦争を止めるのが仕事、戦争の悲惨さを知っている人の前で言うことではないとコメントした。


ZOZO

丸山議員は日本維新の会に離党届を提出したが受理されず、党は除名処分を決定した。北方領土の環境整備を目的とした「ビザなし訪問団」として今月10日から国後島を訪れていた丸山議員は、11日よる訪問団長が取材対応中割り込み「戦争で島を取り返すのは賛成ですか、戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言、訪問団長は呆れて退席をしたという。丸山議員は現在35歳、日本維新の会の衆院議員3期、外交・安全保障の考え方は、日本の核武装は今後の国際情勢によっては検討すべきとし、去年ツイッターでZOZO社長とテロの対抗は武力だと発言し論争に発展している。また以前も酒に酔ってトラブルとなっていて、橋下元代表ともツイッターで争っていたこともある。今回の戦争発言を撤回・謝罪しているが、与良正男は考えてもないことを口にしないとし、政治家は体を張ってでも戦争を止めるのが仕事、戦争の悲惨さを知っている人の前で言うことではないとコメントした。


東京大学

丸山議員は日本維新の会に離党届を提出したが受理されず、党は除名処分を決定した。北方領土の環境整備を目的とした「ビザなし訪問団」として今月10日から国後島を訪れていた丸山議員は、11日よる訪問団長が取材対応中割り込み「戦争で島を取り返すのは賛成ですか、戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言、訪問団長は呆れて退席をしたという。丸山議員は現在35歳、日本維新の会の衆院議員3期、外交・安全保障の考え方は、日本の核武装は今後の国際情勢によっては検討すべきとし、去年ツイッターでZOZO社長とテロの対抗は武力だと発言し論争に発展している。また以前も酒に酔ってトラブルとなっていて、橋下元代表ともツイッターで争っていたこともある。今回の戦争発言を撤回・謝罪しているが、与良正男は考えてもないことを口にしないとし、政治家は体を張ってでも戦争を止めるのが仕事、戦争の悲惨さを知っている人の前で言うことではないとコメントした。