ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「世界ジュニア選手権」の検索結果

「世界ジュニア選手権」に関連する情報 2654件中 1〜10件目

「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

世界ジュニア選手権

ゴルフ界のスーパーキッズ道上兄妹を紹介。妹の稀唯ちゃんは去年の世界ジュニア選手権で優勝。ベストスコアは66だった。道上兄妹はオリンピックでの兄妹優勝を夢に掲げているという。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

ミラノ・コルティナ五輪

フィギュアスケート世界ジュニア選手権で米イリア・マリニンが4回転4本全てを決め、ジュニアの歴代最高得点をマークし優勝した。壷井達也は3位だった。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

フィギュアスケート世界ジュニア選手権で米イリア・マリニンが4回転4本全てを決め、ジュニアの歴代最高得点をマークし優勝した。壷井達也は3位だった。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

フィギュアスケート世界ジュニア選手権に三浦佳生選手が出場。冒頭躓く場面も会ったが、フリップは成功。トリプルアクセルで転倒し、SP20位でスタートとなった。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

四大陸選手権

シニア・四大陸選手権で3位となった三浦佳生はフィギュアスケート世界ジュニア選手権に出場し3ルッツ・3トゥループや3フリップなどを決めたものの、3アクセルで転倒するなど20位スタートとなった。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

フィギュアスケート世界ジュニア選手権

シニア・四大陸選手権で3位となった三浦佳生はフィギュアスケート世界ジュニア選手権に出場し3ルッツ・3トゥループや3フリップなどを決めたものの、3アクセルで転倒するなど20位スタートとなった。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

フィギュア世界ジュニア選手権


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

神奈川県出身の本多灯はまわりを明るく照らしてほしいとの願いで名付けられた。3歳で通い始めた水泳教室に出会いがあった。子供の頃から教わる萱原コーチは本多の運命を変えた人。世界で活躍するための大きなスケールの考えがコーチにあるのでそれが魅力だと話した。新しい練習法を見つけては試し、思いついては試し、信頼があるから風変わりな練習も受け入れられる。行きつ戻りつで二人三脚は続いた。そして運命は微笑む。2019年世界ジュニア選手権銀メダル。まだシニアでの実力はなかった。その翌年に決定した東京五輪延期。他の選手がうまくモチベーションを保てなかったと思うがこれはチャンスだと思いやる気が滾っていたと話す。迎えた東京五輪200mバタフライ決勝。準決勝8位通過の本多は世界最高の舞台で自己ベスト。日本競泳男子大会唯一のメダルを獲得した。松田丈志は200mバタフライは日本の得意種目で、先輩からの連続メダルを彼が繋いでくれたのは非常に嬉しいと話した。まだ金メダルはないのでぜひ目指してやってほしいと話した。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

ロンドン五輪

神奈川県出身の本多灯はまわりを明るく照らしてほしいとの願いで名付けられた。3歳で通い始めた水泳教室に出会いがあった。子供の頃から教わる萱原コーチは本多の運命を変えた人。世界で活躍するための大きなスケールの考えがコーチにあるのでそれが魅力だと話した。新しい練習法を見つけては試し、思いついては試し、信頼があるから風変わりな練習も受け入れられる。行きつ戻りつで二人三脚は続いた。そして運命は微笑む。2019年世界ジュニア選手権銀メダル。まだシニアでの実力はなかった。その翌年に決定した東京五輪延期。他の選手がうまくモチベーションを保てなかったと思うがこれはチャンスだと思いやる気が滾っていたと話す。迎えた東京五輪200mバタフライ決勝。準決勝8位通過の本多は世界最高の舞台で自己ベスト。日本競泳男子大会唯一のメダルを獲得した。松田丈志は200mバタフライは日本の得意種目で、先輩からの連続メダルを彼が繋いでくれたのは非常に嬉しいと話した。まだ金メダルはないのでぜひ目指してやってほしいと話した。


「世界ジュニア選手権」に関連するイベント情報

神奈川県出身の本多灯はまわりを明るく照らしてほしいとの願いで名付けられた。3歳で通い始めた水泳教室に出会いがあった。子供の頃から教わる萱原コーチは本多の運命を変えた人。世界で活躍するための大きなスケールの考えがコーチにあるのでそれが魅力だと話した。新しい練習法を見つけては試し、思いついては試し、信頼があるから風変わりな練習も受け入れられる。行きつ戻りつで二人三脚は続いた。そして運命は微笑む。2019年世界ジュニア選手権銀メダル。まだシニアでの実力はなかった。その翌年に決定した東京五輪延期。他の選手がうまくモチベーションを保てなかったと思うがこれはチャンスだと思いやる気が滾っていたと話す。迎えた東京五輪200mバタフライ決勝。準決勝8位通過の本多は世界最高の舞台で自己ベスト。日本競泳男子大会唯一のメダルを獲得した。松田丈志は200mバタフライは日本の得意種目で、先輩からの連続メダルを彼が繋いでくれたのは非常に嬉しいと話した。まだ金メダルはないのでぜひ目指してやってほしいと話した。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。