ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中島博史」の検索結果

「中島博史」に関連する情報 60件中 1〜10件目

国道15号線

番組スタッフが、どこに進めばいいか分からないと話題の道路の写真が撮影された東京・大田区の現場を訪れたところ、20年以上のキャリアを持つベテランドライバーをも惑わせた。停止線まで来てしまった車は、直進も曲がることもできない。行き場のない道の約50メートル手前には、この先に車両進入禁止の標識があることを伝えており、左折ができる道が用意されていた。一旦停止線まで入ってしまうと、Uターンするしかない。迷い込んでしまったドライバーの一部は、車両進入禁止の標識を無視する車も行くという。交通事故鑑定人の中島博史氏に見てもらったところ、「結構パニックを起こしてしまいやすいと思います」などと話し、幹線が混雑した際に抜け道に幹線と同じペースで走ってもいいような感じで走ってしまって側道が危険になることがあり、それを防止するために一方通行にしているのではと指摘した。国土交通省は、「道路の管理が何度か変わってきた関係で今すぐに詳細は分からないが、道路を使用する方の利便性、安全性を踏まえた上で警察・行政・地域で話し合ってこのような形になったのではないか」とコメントしている。


常磐道

あおり運転を行っていた男の、運転の4つの特徴について振り返った。外車に乗っていて気持ちが大きくなったのでは、相手を品定めするような動きもみられるなどと話した。中島博史氏は、相手が止まるまであおって暴行を加えるのは異常な行動といえると答えた。男は車を関東から近畿まで往復しながら食事などをSNSへ投稿しており、代車が返却されるまでの長距離の移動を裏付けている。その他、あおり運転に対する刑事罰はなく暴行・傷害でしか処罰できない、法改正が求められるなどと話した。

あおり運転の男が取り調べを受けている、茨城・取手警察署前から中継。取り調べはきょう午後から始まったといい、今後の警察の会見で供述の詳細が発表されるとみられると伝えた。2人は大阪から茨城までひと晩をかけて運ばれ、同乗の女は女性用の取調室を備えた牛久警察署で聴取を受けている。

事件を振り返り、あおり運転を目的にドライブを繰り返す行為は異常といえる、危険運転致傷などに問えるような法改正が必要などと話した。ある弁護士への取材によると、幅寄せをして相手を停めさせる行為に暴行罪が適用できる、代車を長期間運転したことが横領罪といえるなど、一部の運転行為しか処罰できないという。運転手を殴った程度であれば、暴行または傷害罪として重くみても1年から2年、初犯なら執行猶予つきが相場とされる。


交通事故鑑定ラプター

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。


ボルボ

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。


TBS緑山スタジオ

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。

伊藤安海さんは「ボタンによる停止はもう少しで日本でも可能になる。」などとした。閣下は「もはや車が走行が安全かどうか判断する時代になるのでは。」などとした。また、「デッドマンへの措置の技術も進んでいる。」などとした。最高速度を制限するレッドキーは、キーに最高速度を設定し、使用者は設定速度以上で運転できなくする。高齢の家族や初心者が運転する場合、家族がスピードを出ないように設定できる。伊藤安海さんは「60km以下であれば命は助かる。イタリアでは、若い人はリミッター付きの車に乗る取り組みがあった。この対策は大事。」などとした。


ボルボ・カー・ジャパン

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。


福岡ヤフオク!ドーム

現場は福岡ヤフオク!ドームから約2kmの場所にありミニバンを運転していた近くに住む81歳の男性と76歳の妻が死亡、14歳の中学生を含む男女7人が重軽傷を負った。ミニバンは前を走る1つ目の乗用車と激突しこれをきっかけに逆走、反対車線を走る2つ目の乗用車と衝突、左折してきた3つ目のタクシーと衝突、右折しようとしている4つ目の乗用車と衝突し乗用車は横転、第5・第6の事故として乗用車や信号待ちの自転車も巻き込まれた。中島博史所長は「アクセルを踏んだまま意識を失ってしまい体が動かない状態で加速を続けてしまった可能性が高い」と分析。


国道20号線

国道20号線の歩道で車が走行する映像が撮影された。映像は丁字路を左折するところから始まり歩道を走る2台、自転車と接触寸前になり過ぎると加速していった。時速20〜30kgのスピードで進み右から出てきた車と衝突しそうになっていた。交通事故鑑定の中島博史さんは車道と間違え歩道に侵入した可能性を指摘、中央分離帯を勘違いしたと見ている。


交通事故総合分析センター

踏み間違いについて中島博史氏は、発進・急発進の時が要注意で、バックなどをする際には身体などをひねり体勢が変わるので踏み間違いが起こりやすいという。。また中島氏は、踏み間違いは高齢者だけでなく若い人も多いが、若い人は踏み間違いに気付いてから踏み直す反応が早いと言った。交通事故総合分析センターの調査によると、バックする時に上半身を右側にひねる場合、高齢ドライバーは体の柔軟性が低下しているため、ブレーキを踏んでいる右足先がアクセルに近づきやすいという。武田邦彦は高齢者だけでなく、若い人でも体の固い人はそうなると言った。また武田邦彦によると、駐車場から出るときの踏み間違いが圧倒的に多いという。菊地幸夫はそもそもブレーキとアクセルがすぐ隣にあるのがいけないと言った。菊地幸夫によると間違ってもぶつからない装置をつけるのに5万円がかかると言った。中島氏は運転中パニックにならないためには時間的な余裕を持t,事故や間違える可能性を考える、自分は事故を起こしたことがないから大丈夫という考えは厳禁だという。


交通事故鑑定ラプター

番組では容疑者と同じ世代で運転歴35年の女性に視線を解析するカメラを装着して運転してもらった。先行車がいない場合、視界を遮るものもなく対向車もはっきり見えている。しかし、先行車がいる場合、視線は先行車に集中し、対向車に注意が行った時には間近に迫っていた。交通事故鑑定ラプターの中島博史所長は、前の車についていけば大体曲がれるという心理に陥りやすいと分析する。容疑者の女は事故の衝突音で対向車に気づいた、それまで対向車は目に入っていなかったと供述している。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (60)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (2)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (1)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (57)