ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中島博史」の検索結果

「中島博史」に関連する情報 51件中 1〜10件目

赤坂御用地

昨夜11時半ごろ、地面に降り積もった雪が踏み固められアイスバーン状態になった都心。凍っている地面に足元をとられ転倒する人も。踏み固められた雪道のスリップは人だけではなく、各地で事故が相次いだ。10cmの積雪でも混乱した都心。なぜ東京はここまで雪に弱いのか専門家に聞いた。交通事故鑑定人・中島博史氏は「年に数回しか雪が降らないから冬のタイヤを準備しないという方が相当の割合でいるはず」と指摘。実際にレインボーブリッジでは雪の影響でスリップしたトラックが横転する事故が発生。ノーマルタイヤだったとみられている。中島氏は例え四輪駆動車でもスタッドレスタイヤの装着なしでは動けなくなってしまう可能性があるという。また、都心の道路は雪国と比較して構造的に雪に弱いと指摘。除雪をして雪を寄せても捨てる先がない、田舎と違い雪があることを想定した設備になっていないという。また、鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏に首都圏の鉄道が雪に弱い理由を聞くと、「元々鉄道は雪に強い乗り物ではない。雪が降ると電車は止まりにくくなる。雪国の鉄道は電車そのものに最初から雪かき機がついているとか、線路の一部に雪が積もらないよう下にヒーターがある」と話す。ただ首都圏の鉄道では雪国のような対策は難しいのが実情だという。では大雪の翌日、これから車や電車で出かける人は何に注意すべきなのか?


レインボーブリッジ

首都高速の様子について浜崎橋JCTの中継映像が流れ、通行止めになっている部分をマップにして表記したフリップを提示。堀切−両国JCT上下線、戸越−一ノ橋JCT上りなど10ヵ所数に通行止めが出ており、解消までにはまだ時間がかかりそうとのこと。天達さんは車で出かける場合は十分に注意して情報を確認するよう呼びかけた。JRは雪の影響での大きな乱れはなし。ただ空の便は午前7時現在、日本航空では欠航は出ていないが、全日空では羽田着の9便が欠航となっている。天達さんは「この先もしばらく路面の凍結に注意が必要となってきそう」と伝え注意を呼びかけた。

昨夜11時半ごろ、地面に降り積もった雪が踏み固められアイスバーン状態になった都心。凍っている地面に足元をとられ転倒する人も。踏み固められた雪道のスリップは人だけではなく、各地で事故が相次いだ。10cmの積雪でも混乱した都心。なぜ東京はここまで雪に弱いのか専門家に聞いた。交通事故鑑定人・中島博史氏は「年に数回しか雪が降らないから冬のタイヤを準備しないという方が相当の割合でいるはず」と指摘。実際にレインボーブリッジでは雪の影響でスリップしたトラックが横転する事故が発生。ノーマルタイヤだったとみられている。中島氏は例え四輪駆動車でもスタッドレスタイヤの装着なしでは動けなくなってしまう可能性があるという。また、都心の道路は雪国と比較して構造的に雪に弱いと指摘。除雪をして雪を寄せても捨てる先がない、田舎と違い雪があることを想定した設備になっていないという。また、鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏に首都圏の鉄道が雪に弱い理由を聞くと、「元々鉄道は雪に強い乗り物ではない。雪が降ると電車は止まりにくくなる。雪国の鉄道は電車そのものに最初から雪かき機がついているとか、線路の一部に雪が積もらないよう下にヒーターがある」と話す。ただ首都圏の鉄道では雪国のような対策は難しいのが実情だという。では大雪の翌日、これから車や電車で出かける人は何に注意すべきなのか?


新横浜出入口

昨夜11時半ごろ、地面に降り積もった雪が踏み固められアイスバーン状態になった都心。凍っている地面に足元をとられ転倒する人も。踏み固められた雪道のスリップは人だけではなく、各地で事故が相次いだ。10cmの積雪でも混乱した都心。なぜ東京はここまで雪に弱いのか専門家に聞いた。交通事故鑑定人・中島博史氏は「年に数回しか雪が降らないから冬のタイヤを準備しないという方が相当の割合でいるはず」と指摘。実際にレインボーブリッジでは雪の影響でスリップしたトラックが横転する事故が発生。ノーマルタイヤだったとみられている。中島氏は例え四輪駆動車でもスタッドレスタイヤの装着なしでは動けなくなってしまう可能性があるという。また、都心の道路は雪国と比較して構造的に雪に弱いと指摘。除雪をして雪を寄せても捨てる先がない、田舎と違い雪があることを想定した設備になっていないという。また、鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏に首都圏の鉄道が雪に弱い理由を聞くと、「元々鉄道は雪に強い乗り物ではない。雪が降ると電車は止まりにくくなる。雪国の鉄道は電車そのものに最初から雪かき機がついているとか、線路の一部に雪が積もらないよう下にヒーターがある」と話す。ただ首都圏の鉄道では雪国のような対策は難しいのが実情だという。では大雪の翌日、これから車や電車で出かける人は何に注意すべきなのか?


首都高速

東京・板橋区上空から中継で伝える。首都高速の中央環状線は通行止めとなっている。その影響で高速の下の部分、環七通りが3車線とも動かないほど渋滞している。道路の雪は溶けているが、滑りやすくなっているのかスピードもゆっくり走っている状況。昨日の夜から首都高速の中央環状線は通行止めで立ち往生した車が一晩中いる状況が続いていた。一般道が混む状況が至るところで見られる。荒川を渡った一般道もほとんど車が進まない状況。スタジオの谷原さんは慎重な運転を呼びかけた。

首都高速の様子について浜崎橋JCTの中継映像が流れ、通行止めになっている部分をマップにして表記したフリップを提示。堀切−両国JCT上下線、戸越−一ノ橋JCT上りなど10ヵ所数に通行止めが出ており、解消までにはまだ時間がかかりそうとのこと。天達さんは車で出かける場合は十分に注意して情報を確認するよう呼びかけた。JRは雪の影響での大きな乱れはなし。ただ空の便は午前7時現在、日本航空では欠航は出ていないが、全日空では羽田着の9便が欠航となっている。天達さんは「この先もしばらく路面の凍結に注意が必要となってきそう」と伝え注意を呼びかけた。

昨夜11時半ごろ、地面に降り積もった雪が踏み固められアイスバーン状態になった都心。凍っている地面に足元をとられ転倒する人も。踏み固められた雪道のスリップは人だけではなく、各地で事故が相次いだ。10cmの積雪でも混乱した都心。なぜ東京はここまで雪に弱いのか専門家に聞いた。交通事故鑑定人・中島博史氏は「年に数回しか雪が降らないから冬のタイヤを準備しないという方が相当の割合でいるはず」と指摘。実際にレインボーブリッジでは雪の影響でスリップしたトラックが横転する事故が発生。ノーマルタイヤだったとみられている。中島氏は例え四輪駆動車でもスタッドレスタイヤの装着なしでは動けなくなってしまう可能性があるという。また、都心の道路は雪国と比較して構造的に雪に弱いと指摘。除雪をして雪を寄せても捨てる先がない、田舎と違い雪があることを想定した設備になっていないという。また、鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏に首都圏の鉄道が雪に弱い理由を聞くと、「元々鉄道は雪に強い乗り物ではない。雪が降ると電車は止まりにくくなる。雪国の鉄道は電車そのものに最初から雪かき機がついているとか、線路の一部に雪が積もらないよう下にヒーターがある」と話す。ただ首都圏の鉄道では雪国のような対策は難しいのが実情だという。では大雪の翌日、これから車や電車で出かける人は何に注意すべきなのか?


JR目黒駅

昨夜11時半ごろ、地面に降り積もった雪が踏み固められアイスバーン状態になった都心。凍っている地面に足元をとられ転倒する人も。踏み固められた雪道のスリップは人だけではなく、各地で事故が相次いだ。10cmの積雪でも混乱した都心。なぜ東京はここまで雪に弱いのか専門家に聞いた。交通事故鑑定人・中島博史氏は「年に数回しか雪が降らないから冬のタイヤを準備しないという方が相当の割合でいるはず」と指摘。実際にレインボーブリッジでは雪の影響でスリップしたトラックが横転する事故が発生。ノーマルタイヤだったとみられている。中島氏は例え四輪駆動車でもスタッドレスタイヤの装着なしでは動けなくなってしまう可能性があるという。また、都心の道路は雪国と比較して構造的に雪に弱いと指摘。除雪をして雪を寄せても捨てる先がない、田舎と違い雪があることを想定した設備になっていないという。また、鉄道ジャーナリスト・梅原淳氏に首都圏の鉄道が雪に弱い理由を聞くと、「元々鉄道は雪に強い乗り物ではない。雪が降ると電車は止まりにくくなる。雪国の鉄道は電車そのものに最初から雪かき機がついているとか、線路の一部に雪が積もらないよう下にヒーターがある」と話す。ただ首都圏の鉄道では雪国のような対策は難しいのが実情だという。では大雪の翌日、これから車や電車で出かける人は何に注意すべきなのか?


国道15号線

番組スタッフが、どこに進めばいいか分からないと話題の道路の写真が撮影された東京・大田区の現場を訪れたところ、20年以上のキャリアを持つベテランドライバーをも惑わせた。停止線まで来てしまった車は、直進も曲がることもできない。行き場のない道の約50メートル手前には、この先に車両進入禁止の標識があることを伝えており、左折ができる道が用意されていた。一旦停止線まで入ってしまうと、Uターンするしかない。迷い込んでしまったドライバーの一部は、車両進入禁止の標識を無視する車も行くという。交通事故鑑定人の中島博史氏に見てもらったところ、「結構パニックを起こしてしまいやすいと思います」などと話し、幹線が混雑した際に抜け道に幹線と同じペースで走ってもいいような感じで走ってしまって側道が危険になることがあり、それを防止するために一方通行にしているのではと指摘した。国土交通省は、「道路の管理が何度か変わってきた関係で今すぐに詳細は分からないが、道路を使用する方の利便性、安全性を踏まえた上で警察・行政・地域で話し合ってこのような形になったのではないか」とコメントしている。


常磐道

あおり運転を行っていた男の、運転の4つの特徴について振り返った。外車に乗っていて気持ちが大きくなったのでは、相手を品定めするような動きもみられるなどと話した。中島博史氏は、相手が止まるまであおって暴行を加えるのは異常な行動といえると答えた。男は車を関東から近畿まで往復しながら食事などをSNSへ投稿しており、代車が返却されるまでの長距離の移動を裏付けている。その他、あおり運転に対する刑事罰はなく暴行・傷害でしか処罰できない、法改正が求められるなどと話した。

あおり運転の男が取り調べを受けている、茨城・取手警察署前から中継。取り調べはきょう午後から始まったといい、今後の警察の会見で供述の詳細が発表されるとみられると伝えた。2人は大阪から茨城までひと晩をかけて運ばれ、同乗の女は女性用の取調室を備えた牛久警察署で聴取を受けている。

事件を振り返り、あおり運転を目的にドライブを繰り返す行為は異常といえる、危険運転致傷などに問えるような法改正が必要などと話した。ある弁護士への取材によると、幅寄せをして相手を停めさせる行為に暴行罪が適用できる、代車を長期間運転したことが横領罪といえるなど、一部の運転行為しか処罰できないという。運転手を殴った程度であれば、暴行または傷害罪として重くみても1年から2年、初犯なら執行猶予つきが相場とされる。


交通事故鑑定ラプター

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。


ボルボ

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。


TBS緑山スタジオ

高齢ドライバー事故で、同乗者ができることとは。2016年以降発売のボルボ車では、運転席と助手席の間に、パーキングブレーキか搭載されており、Pを引くと緊急停止ブレーキとして使用できる。実際の映像を見る。パーキングブレーキを引くと、車が止まった。スイッチを離すと再び走行する。後部座席からも操作可能で、高齢者でも簡単に操作可能だという。運転手が気を失うなどしてアクセルを踏み続けてしまった場合、シフトレバーをNに持ってくることが挙げられる。伊藤安海さんによると、「Nに入れることでアクセルを踏んでも加速せず、自然減速していく。しかし、急激な減速をするわけではないので注意が必要。」だという。福岡の高齢ドライバーの事故では、交差点から約700m手前から80〜100km近くのスピードで走っていた。道が平らだとすると、その時点でNに入れていた場合、交通事故鑑定ラプター所長の中島博史氏は「交差点手前では約40kmに減速したのでは。」としている。伊藤安海教授は「あくまで緊急時の対応である。」としている。

伊藤安海さんは「ボタンによる停止はもう少しで日本でも可能になる。」などとした。閣下は「もはや車が走行が安全かどうか判断する時代になるのでは。」などとした。また、「デッドマンへの措置の技術も進んでいる。」などとした。最高速度を制限するレッドキーは、キーに最高速度を設定し、使用者は設定速度以上で運転できなくする。高齢の家族や初心者が運転する場合、家族がスピードを出ないように設定できる。伊藤安海さんは「60km以下であれば命は助かる。イタリアでは、若い人はリミッター付きの車に乗る取り組みがあった。この対策は大事。」などとした。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (51)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (1)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (50)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。