ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「中川勝彦」の検索結果

「中川勝彦」に関連する情報 16件中 1〜10件目

「中川勝彦」に関連する本・コミック・雑誌

中川翔子さんは父の勝彦さんを白血病で亡くしているが、20代のときに白血病を発症すると、体調がよくなる・悪くなるを繰り返しながら戦っていたものの、ドナー適合者がおらず、自身も当時9歳だったことから提供を出来なかった。勝彦さんが書き残した絵本「未知の記憶 Unknown Memory」はダチョウのニポがアンモナイトの化石を見つけたことで海の存在をしり海を見るために旅をする物語となっていて、翔子さんも作品には参加したという。父がなくなって25年となったが、中川さん自身も骨髄バンクのCMに出演してドナー登録の大切さを伝えていて、近いところで起こらないと向き合う機会が難しいが、興味を持つきっかけがあれば助かる道が増えるので、知ることは大事だと話していた。また、骨髄を提供した経験のある木下ほうかさんは注射や時間を作るのが苦手な人もいるが、想像されれるほどの痛みや後遺症がない人もいると呼び掛けていた。

「未知の記憶 スタンダード・エディション」

Amazon.co.jp


「中川勝彦」に関連する本・コミック・雑誌

現在日本では移植を待ち望んでいる患者が約1300人いるのに対し、ドナー登録者の数は約49万4000人いる。しかし現実には本田美奈子.さんのように適合するドナーが見つからず亡くなってしまう患者があとを立たない。その理由は適合率。適合するドナー登録者が見つかっても移植手術を受けることができるのは患者の約6割ほどだという。中川翔子さんの父はビジュアル系アーティストの先駆けとして一世を風靡したアーティスト中川勝彦さん。1992年9月、急性骨髄炎白血病を発症し32歳という若さで亡くなった。そんな父が残した1冊の絵本「未知の記憶 Unknown Memory」、そこにはあるメッセージが託されていた。

「未知の記憶 スタンダード・エディション」

Amazon.co.jp


「中川勝彦」に関連する音楽・CD

Please understand me

現在日本では移植を待ち望んでいる患者が約1300人いるのに対し、ドナー登録者の数は約49万4000人いる。しかし現実には本田美奈子.さんのように適合するドナーが見つからず亡くなってしまう患者があとを立たない。その理由は適合率。適合するドナー登録者が見つかっても移植手術を受けることができるのは患者の約6割ほどだという。中川翔子さんの父はビジュアル系アーティストの先駆けとして一世を風靡したアーティスト中川勝彦さん。1992年9月、急性骨髄炎白血病を発症し32歳という若さで亡くなった。そんな父が残した1冊の絵本「未知の記憶 Unknown Memory」、そこにはあるメッセージが託されていた。


急性骨髄炎白血病

池江選手と同じ経験をした人がいた。福岡県在住の蒔田真弓さん28歳。19歳のときに白血病にかかった。当時蒔田さんは大学の水泳部に所属していた。白血病と診断される1か月ほど前からタイムに伸び悩んだという。その悩みは池江選手も同じで自己ベストから4秒も遅いタイム、出場予定だった200m自由形は棄権していた。体調不良は新年の初泳ぎの時にも感じていた。蒔田さんは大したことなくてもコンディションがよくない、体調が変だなというのは感じていたという。ある日、自転車で転倒、すると出血が止まらず、突然38度以上の高熱が出たため病院へ。1ヶ月後の診断結果は急性骨髄炎白血病だった。蒔田さんの場合、治療法は抗がん剤の投与だった。副作用で吐き気や腰痛、抜け毛などに悩まされながらも半年後に退院することができた。

蒔田さんは退院してすぐ2ヶ月後くらいに再発し、即入院。再び抗がん剤の投与や自らの細胞を移植する自家移植にいたり、4ヶ月後には退院。その後8年間再発はしていないという。白血病から回復した水泳選手はいる。競泳のオープンエアのマーテン・ファンデルバイデン選手37歳、19歳のときに急性リンパ性白血病の診断を受けた。4年間にわたる抗がん剤治療やリハビリ生活をし2005年に白血病を克服。そして3年後の北京五輪、見事金メダルを獲得している。池江選手は以前取材でポジティブに考えるようにしていると話していた。自身の性格や競泳への愛情を語っていた。さらにきのう更新したツイッターでは「必ず戻ってきます」と投稿している。

現在日本では移植を待ち望んでいる患者が約1300人いるのに対し、ドナー登録者の数は約49万4000人いる。しかし現実には本田美奈子.さんのように適合するドナーが見つからず亡くなってしまう患者があとを立たない。その理由は適合率。適合するドナー登録者が見つかっても移植手術を受けることができるのは患者の約6割ほどだという。中川翔子さんの父はビジュアル系アーティストの先駆けとして一世を風靡したアーティスト中川勝彦さん。1992年9月、急性骨髄炎白血病を発症し32歳という若さで亡くなった。そんな父が残した1冊の絵本「未知の記憶 Unknown Memory」、そこにはあるメッセージが託されていた。


「中川勝彦」に関連する音楽・CD

親子でアーティストをしているとして中川勝彦・中川翔子、RIZEのJESSEとChar、RIZEのKenKenと金子ノブアキの母は金子マリを紹介した。

「heiwa」

Amazon.co.jp


Sony Music Records

親子でアーティストをしているとして中川勝彦・中川翔子、RIZEのJESSEとChar、RIZEのKenKenと金子ノブアキの母は金子マリを紹介した。


「中川勝彦」に関連する音楽・CD

ALBITE DREAMER

親子でアーティストをしているとして中川勝彦・中川翔子、RIZEのJESSEとChar、RIZEのKenKenと金子ノブアキの母は金子マリを紹介した。


「中川勝彦」に関連するレストラン・飲食店

南野陽子のアイドル時代の映像をプレイバック。「時をかける少女」ではしょこたんのお父さんである中川勝彦さんと共演。中川勝彦さんは1994年に白血病で逝去し、しょこたんはこの件が唯一尊敬していると話した。

 (北京料理、餃子、飲茶・点心)

「中川勝彦」に関連する映画・DVD

海峡

83歳で亡くなったことがわかった高倉健さん。芸能界から追悼のコメントが届いた。映画「あなたへ」で共演した綾瀬はるかさんは「とても気さくで優しい方でした」などと想い出を振り返った。同じく共演した浅野忠信さんはツイッターで「ご冥福をお祈りします」と心境を明かした。中川翔子さんは自身のブログで父・中川勝彦さんと高倉さんとの共演について綴っている。このあと6時30分過ぎのSHOWBIZ TODAYでは「秘蔵映像を交えて振り返る高倉健さんの俳優人生」。


ツイッター

83歳で亡くなったことがわかった高倉健さん。芸能界から追悼のコメントが届いた。映画「あなたへ」で共演した綾瀬はるかさんは「とても気さくで優しい方でした」などと想い出を振り返った。同じく共演した浅野忠信さんはツイッターで「ご冥福をお祈りします」と心境を明かした。中川翔子さんは自身のブログで父・中川勝彦さんと高倉さんとの共演について綴っている。このあと6時30分過ぎのSHOWBIZ TODAYでは「秘蔵映像を交えて振り返る高倉健さんの俳優人生」。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。