ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「久野誠太郎」の検索結果

「久野誠太郎」に関連する情報 411件中 1〜10件目

ニューヨーク証券取引所

ニューヨーク証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんは「朝方は堅調に始まりダウ指数は一時185ドル高に上昇したが、その後は上げ幅を縮小する動きとなり結局小幅安で反落となった。」と述べた。

10日にセールスフォースドットコムがデータ分析ソフトのタブローソフトウェアを買収すると発表したことについて「タブローのソフトウェアは膨大なデータをグラフなどにビジュアル化し理解しやすくするもの。セールスフォースの顧客管理ソフトとタブローのソフトウェアを組み合わせることで企業の迅速な意思決定に役立てることが出来る。データ分析はソフトウェア業界で重要視される分野になっている」「先週、グーグルも新興データ分析企業のルッカーを買収すると発表している。買収額に売上高比はルッカー19倍、タブロー11.5倍の評価価格で合意していて期待の高さが伺える。」「ビジネス・インテリジェンス市場は2025年までに市場規模1470億ドル、年率27%で成長と予想。大手以外は利益を生むことが難しく、さらなる再編と統合が進むことが予想されていてアルテリックスやドーモといったデータ分析に強みを持つ企業を中心にM&Aの期待が高まっている。」などと述べた。


マキシム・グループ

ニューヨーク証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんは「朝方は堅調に始まりダウ指数は一時185ドル高に上昇したが、その後は上げ幅を縮小する動きとなり結局小幅安で反落となった。」と述べた。


ニューヨーク証券取引所

ニューヨーク証券取引所よりライブ中継、久野誠太郎は「マーケットは中間選挙待ちではあるものの素材・エネルギー関連が売り戻しがありしっかりと機能しております」と解説した。

ニューヨーク証券取引所よりライブ中継、久野はアマゾン第2本社について「ひと都市で5万人の技術者を獲得するのが無理なので2都市に分裂する可能性があります」、「IT技術者の需要は2016年〜2026年、13%上回っている」、「9月分の失業者の割合も労働市場の逼迫となっている」と解説した。


マキシム・グループ

マキシム・グループ・久野誠太郎は今日の相場について解説した、「セクターへの買い戻しを中心にしっかり推移しています、マーチン・マリエッタ・マテリアルズやモザイクなどが素材関連を牽引しています」との事。


モザイク

マキシム・グループ・久野誠太郎は今日の相場について解説した、「セクターへの買い戻しを中心にしっかり推移しています、マーチン・マリエッタ・マテリアルズやモザイクなどが素材関連を牽引しています」との事。


マーチン・マリエッタ・マテリアルズ

マキシム・グループ・久野誠太郎は今日の相場について解説した、「セクターへの買い戻しを中心にしっかり推移しています、マーチン・マリエッタ・マテリアルズやモザイクなどが素材関連を牽引しています」との事。


マキシム・グループ

NY証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんが今日の相場を解説。住宅関聯や小売り関聯の好調な企業業績を受けて株式市場は4日続伸となった。S&P500指数は日中に1月の最高値を更新。


NY証券取引所

NY証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんが今日の相場を解説。住宅関聯や小売り関聯の好調な企業業績を受けて株式市場は4日続伸となった。S&P500指数は日中に1月の最高値を更新。


マキシム・グループ

NY証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんが今日の相場を解説。今日で2009年からの強気相場が前回のITバブルを上回る最強期間を更新する中で、株式市場は4日続伸となった。住宅関聯や小売り関聯の好調な企業業績を背景に、S&P500指数が日中に1月の最高値を更新。


NY証券取引所

NY証券取引所から中継。マキシム・グループの久野誠太郎さんが今日の相場を解説。今日で2009年からの強気相場が前回のITバブルを上回る最強期間を更新する中で、株式市場は4日続伸となった。住宅関聯や小売り関聯の好調な企業業績を背景に、S&P500指数が日中に1月の最高値を更新。

NY証券取引所よりLIVE:トールブラザーズ5-7月期決算前年比売上高27%アップ純利益30%アップで市場予想うを上回る好業績だった。新規受注額が過去最高で受注残22%アップしているという。住宅取得能力を表す指数は140割れとなっており住宅販売への影響が懸念されている。中古住宅販売件数など最新の数字に注目しているという。