ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「仙尾部奇形腫」の検索結果

「仙尾部奇形腫」に関連する情報 8件中 1〜8件目

仙尾部奇形腫

アメリカ・テキサス州には高度な小児医療と凄腕ドクターが集まり、2013年度アメリカベスト小児病院に選ばれたテキサス子ども病院がある。ケリー・マッカートニーさんが胎児手術を受けた。ケリーさんは4人の子どもをもち5人目を妊娠した。妊娠6ヶ月でおよそ20cmと小さく、体とほぼ同じ大きさの腫瘍があった。腫瘍は、がんや骨肉腫など死に至る可能性もある悪性腫瘍と、脂肪腫など体に害を及ぼさない良性腫瘍がある。ケリーの子どもは良性腫瘍だったが、大きさに問題があり、出産までの生存率が10%だった。腫瘍は、仙尾部奇形腫という約35000人〜約40000人に1人の割合のもので、問題は腫瘍ができる時期である。妊娠8ヶ月でできた場合、出産後切除できる。ケリーの場合は早い時期のため腫瘍が大きくなってしまった。


良性腫瘍

アメリカ・テキサス州には高度な小児医療と凄腕ドクターが集まり、2013年度アメリカベスト小児病院に選ばれたテキサス子ども病院がある。ケリー・マッカートニーさんが胎児手術を受けた。ケリーさんは4人の子どもをもち5人目を妊娠した。妊娠6ヶ月でおよそ20cmと小さく、体とほぼ同じ大きさの腫瘍があった。腫瘍は、がんや骨肉腫など死に至る可能性もある悪性腫瘍と、脂肪腫など体に害を及ぼさない良性腫瘍がある。ケリーの子どもは良性腫瘍だったが、大きさに問題があり、出産までの生存率が10%だった。腫瘍は、仙尾部奇形腫という約35000人〜約40000人に1人の割合のもので、問題は腫瘍ができる時期である。妊娠8ヶ月でできた場合、出産後切除できる。ケリーの場合は早い時期のため腫瘍が大きくなってしまった。


悪性腫瘍

アメリカ・テキサス州には高度な小児医療と凄腕ドクターが集まり、2013年度アメリカベスト小児病院に選ばれたテキサス子ども病院がある。ケリー・マッカートニーさんが胎児手術を受けた。ケリーさんは4人の子どもをもち5人目を妊娠した。妊娠6ヶ月でおよそ20cmと小さく、体とほぼ同じ大きさの腫瘍があった。腫瘍は、がんや骨肉腫など死に至る可能性もある悪性腫瘍と、脂肪腫など体に害を及ぼさない良性腫瘍がある。ケリーの子どもは良性腫瘍だったが、大きさに問題があり、出産までの生存率が10%だった。腫瘍は、仙尾部奇形腫という約35000人〜約40000人に1人の割合のもので、問題は腫瘍ができる時期である。妊娠8ヶ月でできた場合、出産後切除できる。ケリーの場合は早い時期のため腫瘍が大きくなってしまった。


アメリカ・テキサス州に住むマッカートニー夫婦の間に出来た胎児には仙尾部奇形腫が出来ていて「ベイラー医科大学付属テキサス子供病院」の医療関係者のすすめで内視鏡手術を受けることになった。

胎児のまま外に出して手術を行う「直視下胎児手術」をVTRで説明。医療関係者が胎児・母体ともに助かる可能性は10%だと話した。

ベイラー医科大学付属テキサス子供病院で行われた「直視下胎児手術」の実際の映像を紹介。無事手術は成功し10週間後にその他一般人が生まれた。


アメリカ・テキサス州に住むマッカートニー夫婦の間に出来た胎児には仙尾部奇形腫が出来ていて「ベイラー医科大学付属テキサス子供病院」の医療関係者のすすめで内視鏡手術を受けることになった。

胎児のまま外に出して手術を行う「直視下胎児手術」をVTRで説明。医療関係者が胎児・母体ともに助かる可能性は10%だと話した。

ベイラー医科大学付属テキサス子供病院で行われた「直視下胎児手術」の実際の映像を紹介。無事手術は成功し10週間後にその他一般人が生まれた。


直視下胎児手術

腹部と子宮を切開し、子宮内から胎児を取り出して腫瘍を切除。その後、胎児を子宮に戻すという方法。
35000分の1の確率で発症する原因不明の病「仙尾部奇形腫」を患った母子の話を紹介するVTRの中、治療に挑んだ医師達が手術方法の候補に挙げていた。
しかし、子宮を切り開いたまま手術を行うために多大なリスクがあり、胎児はもとより母体にも命の危険が及ぶ可能性があるという。医師達にとっても初の試みで、手術の成功確率は10%だったが、患者は手術に望みを賭けた。
3時間による手術は成功し、その後、子供は帝王切開によって出産。今では元気に暮らしているとのこと。


内視鏡手術

至急にカメラを入れて腫瘍を切除する手術。
35000分の1の確率で発症する原因不明の病「仙尾部奇形腫」を患った母子の話を紹介するVTRの中、治療に挑んだ医師達が手術方法の候補に挙げていた。
しかし、母親の体力が問題となってくることから採用は無かった。


仙尾部奇形腫

35000分の1の確率で発症する原因不明の病。妊婦の体の一部にできた腫瘍が胎児の血液を奪って増大し、胎児の心臓には極度の負担がかかり、心不全で死亡するケースもあるという。
この病気が判明したアメリカ人夫婦が手術を決意、出産までの話しがVTRで紹介されていた。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (8)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (8)