ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤忠商事」の検索結果

「伊藤忠商事」に関連する情報 1584件中 1〜10件目

東海東京調査センター

ディー・エヌ・エーは発行済み株式数の26%、最大500億円の自社株買いを発表。三菱地所、伊藤忠商事も自社株買いを発表した。アイ・エヌ情報センターによると、自社株買い枠の設定金額は去年の2倍に。企業による自社株買いのメリットは、1株あたりの利益が増えることで投資家からも買いが入りやすくなるという。資金の使いみちが問われ、手元資金を活用するために自社株買いが活発化している。


アイ・エヌ情報センター

ディー・エヌ・エーは発行済み株式数の26%、最大500億円の自社株買いを発表。三菱地所、伊藤忠商事も自社株買いを発表した。アイ・エヌ情報センターによると、自社株買い枠の設定金額は去年の2倍に。企業による自社株買いのメリットは、1株あたりの利益が増えることで投資家からも買いが入りやすくなるという。資金の使いみちが問われ、手元資金を活用するために自社株買いが活発化している。


伊藤忠商事

ディー・エヌ・エーは発行済み株式数の26%、最大500億円の自社株買いを発表。三菱地所、伊藤忠商事も自社株買いを発表した。アイ・エヌ情報センターによると、自社株買い枠の設定金額は去年の2倍に。企業による自社株買いのメリットは、1株あたりの利益が増えることで投資家からも買いが入りやすくなるという。資金の使いみちが問われ、手元資金を活用するために自社株買いが活発化している。


三菱地所

ディー・エヌ・エーは発行済み株式数の26%、最大500億円の自社株買いを発表。三菱地所、伊藤忠商事も自社株買いを発表した。アイ・エヌ情報センターによると、自社株買い枠の設定金額は去年の2倍に。企業による自社株買いのメリットは、1株あたりの利益が増えることで投資家からも買いが入りやすくなるという。資金の使いみちが問われ、手元資金を活用するために自社株買いが活発化している。


DeNA

ディー・エヌ・エーは発行済み株式数の26%、最大500億円の自社株買いを発表。三菱地所、伊藤忠商事も自社株買いを発表した。アイ・エヌ情報センターによると、自社株買い枠の設定金額は去年の2倍に。企業による自社株買いのメリットは、1株あたりの利益が増えることで投資家からも買いが入りやすくなるという。資金の使いみちが問われ、手元資金を活用するために自社株買いが活発化している。


伊藤忠商事

愛知川宿にある豊郷小学校旧校舎群は丸紅で専務をしていた古川鉄治郎が寄贈したもの。世間から得たお金は世間に還元するという思いから、数十億円の私費を投じた。


伊藤忠商事

ファミリーマートとの商談に臨んだ鈴木さんは「白身魚フライ」を提案、ファミリーマート担当者は「サンプルを見て問題なければ検討を始めるのはあり」などと述べた。3月、伊藤忠の同期会が行われ、4月には新入社員が入社した。


伊藤忠商事

情報ビジネス部で働く宮本さんは歯科医院向けの求人サイトを運営するホワイトクロスへ投資した。どうしたら魅力的なサイトにできるか考えた宮本さんは営業時間が終わった歯科医院を訪れ意見を求めた。10日後、ホワイトクロスへ向かった宮本さんは求人ページに動画を加えることで職場の雰囲気を伝えることができるのではないかと提案した。

育児と仕事との両立で揺れていた田中さんは決断を迫られていた。田中さんは家事を夫と分担し今の仕事を続ける決断をした。

水産物の鈴木さんはファミチキに並ぶヒット商品をつくろうと白身魚フライで勝負にでた。鈴木さんはベトナムで開拓した水産加工場を訪れファミリーマート向けの「白身魚フライ」を試作した。ベトナムは今年1月、TPPを発動し食料品などの関税がゼロになっている。鈴木さんは冷凍したスケトウダラを持ち込み白身魚フライ作りに励んだ。


サハリン石油ガス開発

伊藤忠商事の資源・エネルギー部門では海外の石油や天然ガスを売り買いしている。ここで働く田中さんは長年大きなプロジェクトに関わっている。この日、田中さんはロシアで資源開発を行う会社を訪れ最新のプロジェクト状況などについて話し合った。ロシアのサハリンでは日本の原油の約6%を供給している。田中さんは部で初めての女性総合職に就き、世界を相手に大きな仕事をすることを夢見ている。1年目から海外出張を経験した田中さんは5年目で伊藤忠初の女性石油トレーダーとなった。


伊藤忠商事

江口洋介が伊藤忠商事社員の紹介をした。水産部で働く鈴木雄策さんは水産物の調達チームのリーダーを務め、魚を使ったビッグビジネスを仕掛けていく。石油・ガス開発部の田中亜希子さんは初めての女性総合職に就いているが、育児と仕事の決断に迫られている。情報産業ビジネス部で働く宮本剛さんは入社以来様々な部署を転々とし、ある新ビジネスに狙いを定めるも上司が反対、商社マンの意地とプライドをかけた勝負に挑む。

伊藤忠商事の資源・エネルギー部門では海外の石油や天然ガスを売り買いしている。ここで働く田中さんは長年大きなプロジェクトに関わっている。この日、田中さんはロシアで資源開発を行う会社を訪れ最新のプロジェクト状況などについて話し合った。ロシアのサハリンでは日本の原油の約6%を供給している。田中さんは部で初めての女性総合職に就き、世界を相手に大きな仕事をすることを夢見ている。1年目から海外出張を経験した田中さんは5年目で伊藤忠初の女性石油トレーダーとなった。

1月4日、新しく就任した鈴木善久社長が全社員に向けた年頭の挨拶を行った。鈴木社長は次の世界を自分なりに思い描くよう社員にメッセージをおくった。

情報産業ビジネス部門で働く宮本剛さんは入社時はITビジネスを担当したが、結果が出せない日々が続いた。その後様々な部署を転々とし出向も経験した。その頃同期は海外で活躍していて、宮本さんはうらやましいと思ったという。2年前にITビジネスに戻った宮本さんはかつて担当していた医療分野に目をつけた。宮本さんは今年1月に反対する上司を説得し、歯科医院向けの求人サイトを運営する企業に投資をしていた。今、業界では歯科衛生士の人材が不足していて廃業に追い込まれるところもあるという。