ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伊藤惇夫」の検索結果

「伊藤惇夫」に関連する情報 1731件中 1〜10件目

世論調査

共同通信の調べによると衆参ダブル選挙について行わない方がいいという回答より行ったほうが良いよいう回答が10%ほど多くなっている。読売新聞の調査でも行ったほうが良いという回答が上回っている。なぜ世論調査で賛成が増えたかについて、原田曜平氏は経済が悪くなった時間がある、田中里沙氏は増税が間近に迫り、政治への関心が高まっている、大谷昭宏氏は安倍政権に不満を抱える無党派層が全体を押し上げている、福本容子氏は衆参ダブル選挙に関する報道を目にする機会が増えていることも関係しているのではないかと分析している。田崎史郎と伊藤惇夫はこの結果について、よくわからないとしている。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

来月26に通常国会会期末があり、7月に衆院選挙に関して、二階幹事長は「首相が判断すれば全面的にバックアップして対応する用意がある、同日選をやりたくてしょうがないわけではない」と話している。伊藤惇夫は野党の選挙協力を牽制する意味合いもあるとし、自民党の参議院議員が減る不安感と安倍総理の頭にあるではという憶測などの背景があるとコメント。田崎史郎は二階幹事長の発言で、「用意はある」という言葉のニュアンスが映像で伝わると話した。今後の参院選挙によって消費税の引き上げもまた延期する可能性もあると話した。


朝日新聞

2009年8月の衆院選で、民主党が歴史的圧勝を果たし15年ぶりに政権交代を成し遂げた。総選挙で野党が単独で過半数を得て政権が交代するのは戦後初めてのこと。しかしその後、鳩山内閣でリーマン・ショック後の経済回復が遅れたり、菅内閣では東日本大震災があったりと、野田内閣の次で自民党に敗れることとなる。こうして平成の政治の歴史を振り返った中で、令和最初の国政選挙となる7月の参院選について、伊藤惇夫氏は「野党に勝てる要素が見当たらない」と、また、田崎史郎氏は「与党の大敗はない見通し」と指摘した。


毎日新聞

2009年8月の衆院選で、民主党が歴史的圧勝を果たし15年ぶりに政権交代を成し遂げた。総選挙で野党が単独で過半数を得て政権が交代するのは戦後初めてのこと。しかしその後、鳩山内閣でリーマン・ショック後の経済回復が遅れたり、菅内閣では東日本大震災があったりと、野田内閣の次で自民党に敗れることとなる。こうして平成の政治の歴史を振り返った中で、令和最初の国政選挙となる7月の参院選について、伊藤惇夫氏は「野党に勝てる要素が見当たらない」と、また、田崎史郎氏は「与党の大敗はない見通し」と指摘した。


JNN世論調査

2009年8月の衆院選で、民主党が歴史的圧勝を果たし15年ぶりに政権交代を成し遂げた。総選挙で野党が単独で過半数を得て政権が交代するのは戦後初めてのこと。しかしその後、鳩山内閣でリーマン・ショック後の経済回復が遅れたり、菅内閣では東日本大震災があったりと、野田内閣の次で自民党に敗れることとなる。こうして平成の政治の歴史を振り返った中で、令和最初の国政選挙となる7月の参院選について、伊藤惇夫氏は「野党に勝てる要素が見当たらない」と、また、田崎史郎氏は「与党の大敗はない見通し」と指摘した。


「伊藤惇夫」に関連するイベント情報

東京オリンピック

ポスト安倍の行方について伊藤惇夫は菅官房長官が30%、岸田政調会長が30%としている。田崎史郎は岸田政調会長の可能性は50%だと分析、菅官房長官は出る気はないとしていて前回の総裁選の結果をみると、石破茂は敵がかなり増えている。加藤勝信と茂木敏充は竹下派でどちらでまとまるかわからない状況になっているという。河野太郎に関しては今年に入ってからいくつかのミスを重ね党内のポイントが落ちてきている。伊藤惇夫はその時の安倍総理の辞め方による、現時点で言えば岸田さんが候補であることは間違いない、菅官房長官も環境次第でやらないといけないケースは出てくると考えを述べた。


官邸

田中角栄氏はずば抜けた記憶力と気配りの能力を持っていたという。中央官庁の課長クラス以上全員の卒業年次、誕生日、結婚記念日を知っていたとされる。さらに陳情処理にも優れていて1日300人、100件の陳情を1件当たり3分で処理したとされていてる。出演者の伊藤惇夫氏は1973年自民党本部に勤務していたころ、田中角栄氏が党本部から官邸へ帰る際。田中角栄氏の声が聞こえ、“普段いた官邸ではない党本部の警備をする守衛係の家族の就職先まで記憶していた”と、そんな場面を目撃したという。そして、1980年の衆参同日選挙を主導したのは田中角栄元首相。大平首相に強く進言したという。


極東連邦大学

金正恩とプーチン大統領の会談が始まった、お互いリラックスしている印象で伊藤惇夫は、お互いがお互いをどううまく利用するかという会談なので緊張感はないなどとコメント。


総務省HP

自民党幹事長について、伊藤惇夫は小選挙区制になってからその力は更に増したと、田崎史郎はカネ・ポスト・選挙を一手に握るとコメントしている。自民党幹事長は党の人事・公認候補を決める、懲罰の発議、政治資金の分配といった権限がある。


「伊藤惇夫」に関連する本・コミック・雑誌

GW外遊が本格化。そもそも外遊について、伊藤惇夫は”政治的には、外交や視察などの目的で諸外国を訪ねること”と解説。”遊”という字が使われているが、目的を果たすもの。田先によれば、”不要不急の外遊は控えるように”というお達しは遭ったものの、今や10人以上の官僚は外遊に出ているという。中でも安倍首相は現在欧米6カ国へ出ており、麻生副総理は4月にアメリカ・カナダ、5月にフィジー・フランス行きが控えている。5月の式典後に出発する官僚が多い。一方田崎は、片山地方創生相が2カ国外遊することについて、国対委員長に1カ国にして欲しいと言われていたと話した。

「広辞苑 第七版(普通版) 初回限定特典付 三浦しをん書き下ろし文庫判小冊子「広辞苑をつくるひと」」

Amazon.co.jp