ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伏見工業」の検索結果

「伏見工業」に関連する情報 327件中 41〜50件目

京都成章

スクール☆ウォーズモデルの伏見工業ラグビー部の歴史に幕を閉じる。伏見工業(京都工学院)が京都成章に敗れ、2年ぶりの花園出場を逃した。学校統合により来年度以降は京都工学院単独チームに移行する。泣き虫先生で知られる山口総監督はすばらしい先輩たちの伝統を受け継いて、名前が変わっても頑張ってくれると思うとコメント。(デイリースポーツ)


京都工学院

スクール☆ウォーズモデルの伏見工業ラグビー部の歴史に幕を閉じる。伏見工業(京都工学院)が京都成章に敗れ、2年ぶりの花園出場を逃した。学校統合により来年度以降は京都工学院単独チームに移行する。泣き虫先生で知られる山口総監督はすばらしい先輩たちの伝統を受け継いて、名前が変わっても頑張ってくれると思うとコメント。(デイリースポーツ)


デイリースポーツ

スクール☆ウォーズモデルの伏見工業ラグビー部の歴史に幕を閉じる。伏見工業(京都工学院)が京都成章に敗れ、2年ぶりの花園出場を逃した。学校統合により来年度以降は京都工学院単独チームに移行する。泣き虫先生で知られる山口総監督はすばらしい先輩たちの伝統を受け継いて、名前が変わっても頑張ってくれると思うとコメント。(デイリースポーツ)


伏見工

スクール☆ウォーズモデルの伏見工業ラグビー部の歴史に幕を閉じる。伏見工業(京都工学院)が京都成章に敗れ、2年ぶりの花園出場を逃した。学校統合により来年度以降は京都工学院単独チームに移行する。泣き虫先生で知られる山口総監督はすばらしい先輩たちの伝統を受け継いて、名前が変わっても頑張ってくれると思うとコメント。(デイリースポーツ)


「伏見工業」に関連するイベント情報

ラグビーワールドカップ2019

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。


新日鉄釜石

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。


神戸製鋼所

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。


「伏見工業」に関連するイベント情報

ラグビー大学選手権

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。


同志社大学

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。


「伏見工業」に関連するイベント情報

ラグビー全国高校選手権大会

平尾誠二氏の伝説の始まりは1978年。伏見工業高校に入学した平尾は、わずか1年で全国高校選手権に出場。高校3年で全国制覇を達成し、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルにもなった。大学に進むと当時史上最年少で日本代表に選出、所属する同志社大学ラグビー部は、史上初となる大学選手権3連覇を達成した。卒業後は神戸製鋼所ラグビー部へ入部。わずか3年で当時絶対王者として君臨していた新日鉄釜石に勝利し日本選手権優勝、その後7連覇を達成。34歳になると現役を続けながら日本代表監督に就任。名実ともにミスターラグビーとなった。現役引退後は日本ラグビー界発展に尽力、ラグビーワールドカップ2019成功に向けて奔走していた。