ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「伏見工業」の検索結果

「伏見工業」に関連する情報 328件中 71〜80件目

伏見工業高校

2016年放送「綾瀬はるかに1日マネージャーをやってもらい」を紹介。スクール☆ウォーズのモデルになった伏見工業高校ラグビー部の部員達の願いである綾瀬はるかにマネージャーになってもらいたいという願いを綾瀬はるかが叶えた。首周りの太さを測る、腹筋の補助などを手伝った。更に落ち込んだ部員を励ますが、さんまは一回戦で落ちそうな気がしてきたと嘆いた。


伏見工業高校

試合当日。京都府U12交流大会は17チームが参加し4ブロックに分かれたトーナメント戦で、それぞれのブロックで優勝を目指す。山城の初戦の相手は、全国大会4回優勝の伏見工業高校の下部チームであるおおぞら少年少女ラグビーチーム。試合が始まると哉大くんが先制のトライを決めるなどして、前半は50-0で山城がリード。後半、相手は主力メンバーと交代し、試合の流れは相手に。しかし千咲ちゃんは下を向かず声を出し続け、60-25で初勝利をおさめた。

大畑大介さんは「みんなに楽しくラグビーをしてほしい」と語っていた。博多大吉は「千咲ちゃんの腕がすり抜けているのを見て、大変な思いでココまで来たと思うとジンと来る」「伏見工業高校ってスクール・ウォーズのモデルになった高校でしょ。スクール・ウォーズと同志社を同時に倒したから、次は南アフリカ戦ですよ」などと語った。


「伏見工業」に関連するイベント情報

京都府U12交流大会

試合当日。京都府U12交流大会は17チームが参加し4ブロックに分かれたトーナメント戦で、それぞれのブロックで優勝を目指す。山城の初戦の相手は、全国大会4回優勝の伏見工業高校の下部チームであるおおぞら少年少女ラグビーチーム。試合が始まると哉大くんが先制のトライを決めるなどして、前半は50-0で山城がリード。後半、相手は主力メンバーと交代し、試合の流れは相手に。しかし千咲ちゃんは下を向かず声を出し続け、60-25で初勝利をおさめた。

山城は決勝に進出。千咲ちゃんの活躍で名門 同志社ジュニア ラグビーFCを60-10で破り、ブロック優勝を決めた。そこへ優勝という結果を聞いた大畑大介が駆けつけて「ホンマおめでとう」と声をかけた。


胆管細胞がん

スポーツ界では早過ぎる死に惜しむ声があがっている。元千代の富士の九重親方は61歳ですい臓がんのため亡くなった。通算1045勝国民栄誉賞を受賞した。貴花田との対戦の後、体力の限界だと引退を決めた。偉業は色あせない。ラグビー界では平尾誠二さんが胆管細胞がんで53歳で亡くなった。京都・伏見工業高校で全国高校ラグビー大会優勝した。ミスターラグビーの早い死だった。


伏見工業高校

スポーツ界では早過ぎる死に惜しむ声があがっている。元千代の富士の九重親方は61歳ですい臓がんのため亡くなった。通算1045勝国民栄誉賞を受賞した。貴花田との対戦の後、体力の限界だと引退を決めた。偉業は色あせない。ラグビー界では平尾誠二さんが胆管細胞がんで53歳で亡くなった。京都・伏見工業高校で全国高校ラグビー大会優勝した。ミスターラグビーの早い死だった。


「伏見工業」に関連するイベント情報

ラグビーワールドカップ2019

スポーツ界では早過ぎる死に惜しむ声があがっている。元千代の富士の九重親方は61歳ですい臓がんのため亡くなった。通算1045勝国民栄誉賞を受賞した。貴花田との対戦の後、体力の限界だと引退を決めた。偉業は色あせない。ラグビー界では平尾誠二さんが胆管細胞がんで53歳で亡くなった。京都・伏見工業高校で全国高校ラグビー大会優勝した。ミスターラグビーの早い死だった。


すい臓がん

スポーツ界では早過ぎる死に惜しむ声があがっている。元千代の富士の九重親方は61歳ですい臓がんのため亡くなった。通算1045勝国民栄誉賞を受賞した。貴花田との対戦の後、体力の限界だと引退を決めた。偉業は色あせない。ラグビー界では平尾誠二さんが胆管細胞がんで53歳で亡くなった。京都・伏見工業高校で全国高校ラグビー大会優勝した。ミスターラグビーの早い死だった。


京都・伏見工業高等学校

谷口真由美は、平尾誠二さん死去にについて「本当に格好いい方でした」とコメントした。平尾誠二さんについて解説した。かつての平尾誠二さんの様子が流れた。1997年に現役引退し、日本代表監督に就任した。近年は、体調を崩し、20日53歳で死去した。谷口真由美は、華麗なプレー・独自の哲学・人柄などについて話した。昨日行われたトップリーグの試合の前に行われた黙祷の様子と試合の様子を伝えた。神戸製鋼コベルコスティーラーズが37-24でHonda HEATに勝利した。他チーム試合結果をフリップで示した。


京都市立伏見工業高等学校

「ミスター・ラグビー」 平尾誠二氏がおととい53歳で死去。 五郎丸選手は自身のツイッターで、やりきれない思いを綴った。 平尾氏はドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルとなった高校のキャプテンとしても知られている。当時の監督だった山口良治さんは、まさか死ぬなって思っていなかったと涙で言葉をつまらせた。2019年に日本開催が決定したラグビーW杯の招致に尽力した。ここ数年は病気療養中だったという。


今週のニュース!気になる人物トップ10

神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネージャーの平尾誠二さんがおととい53歳で亡くなった。平尾さんは、京都生まれで中学時代にラグビーを始め、伏見工業高校3年生時にはキャプテンとして全国大会に優勝。その才能を開花させた恩師である山口さんは、熱心な努力家でラグビーの申し子のような存在だったと語る。大学時代には、史上初となる大学選手権3連覇、19歳4か月史上最年少の日本代表入りを果たした。その後現役を引退し、神戸製鋼の総監督や日本代表の監督を務めた。そして、2019年に開催するワールドカップ日本大会組織委員の理事として精力的に動いていた。葬儀は個人と遺族の意向により近親者で行う。

今週相次いで起きた事件は、いずれも詳しい犯行の動機は分からず。千葉・浦安市では、通りを歩いていた3人が次々と刃物で刺され、自称主婦の女を逮捕。取り調べに対し、やけになって人を刺したと容疑を認めている。警察は、自宅を出た直後に犯行に及んだと見て捜査している。この翌日、大阪・門真市でも午前4時11分に、男が家に入り父に刃物を刺したと通報があった。