ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「佐藤正明」の検索結果

「佐藤正明」に関連する情報 12件中 1〜10件目

テレビ朝日

佐藤正明さんは「国民年金・厚生年金両方を遅らせないといけない人が多いが、片方ずつでも遅らせることができる。厚生年金は65歳から、国民年金は70歳からもらう風にすると、平均寿命を生きるにおいて一番多くもらえる方法と考えられる」などと述べていた。在職老齢年金制度によって年金支給額がカットされるケースについては、60歳の夫が再就職し、年金も受給開始した場合で紹介。月収20万円年金18万円で、前年ボーナス120万円の12分の1にあたる10万円も加算される。しかし、在職老齢年金制度では60〜64歳にかぎり、月収が28万円を超えた分の半分がもらえない。佐藤さんによれば年金は生活するために出ているお金で、在職老齢年金制度によって働いている分だけ支給額を減らしているとのこと。

65歳以降で再就職し、年金も受給開始したケースについては、月収32万円年金15万円、前年ボーナスの12分の1の10万円で57万円の収入の場合、47万円を超えた分の半分が支給停止となる。古田さんは「この議論では平均というのが罠としてあると思う。お金持ちがいるので平均額が上がってしまうので、自分の状況をチェックしていただきたい」などと述べていた。11日の経済財政諮問会議では在職老齢年金制度について「将来的な廃止も展望しつつ見直しを行う」ことになり、21日をめどに閣議決定される見通し。働きながら年金を満額もらえるというものだが…。


厚生労働省

先週金曜日、厚労省は公的年金の受給開始時期を70歳まで遅らせた場合の年金水準の試算を公開。夫婦2人で妻が専業主婦の場合、夫が70歳まで働き、70歳から年金受給開始で、月額33万1000円を受給できる。60歳まで働き65歳から受給開始した場合の約1.5倍。街の人は「まだ働ける。それからの生活のこともあれば、多く年金をもらったほうがいい。」、「国が言うことは信用できない。このまま破綻して80歳とかになりそう。」などとコメント。

厚生年金についてスタジオトーク。現在は65歳から受給開始。繰り上げすると減額、繰り下げで増額。65歳からの受給が約80%。繰り上げは18.5%、繰り上げは1.6%。結城康博は「65以降じゃないともったいない。格差があることの表れ。」などとコメント。佐藤正明は「最終的に亡くなったときに損得がわかる。77歳より長生きすると65歳からもらうと良い。」などとコメント。

そもそも、厚生労働省が高齢者の就労の多様化などについて議論したことで、年金の受給開始時期を70歳まで遅らせた場合の年金水準の試算を初めてまとめたということである。そこには、20〜60歳まで40年間働いた会社員と、専業主婦の差についてのモデルケースがある。会社員の年収は60歳まで約513万円と計算されるが、それ以降働いても、収入は減っていく。60歳で退職して、65歳で受給開始した場合、 年金は21万8000円となる(60〜64歳まで収入なし)。65歳まで勤続した場合の年金は22万8000円。しかし、70歳まで勤続してから受給を開始すると、年金は33万1000円と大きく変わる。また、受給時期を65歳としたとき、60歳で退職しても勤続しても年金に大きな変動はない。しかし、同じ65歳までの勤続としたとき、受給開始が65歳と70歳では、もらえる年金が10万円近く違っている。これに弁護士は「厚労省は受給開始年齢を遅らせたいのでは」という見解を示した。


「佐藤正明」に関連するレストラン・飲食店

麺酒菜おり座

佐藤養助 総本店の佐藤正明8代目社長は稲庭町は澄んだ空気と清らかな水に恵まれたことから、良質な小麦の産地だったと話した。江戸時代初頭、その小麦を練って保存食としたのが稲庭うどんの始まりとされる。秋田藩の三代藩主、佐竹義処にも上納された。時は進み、先代の佐藤養助氏が地場産業発展のために稲庭うどんの製造技術を公開し、県内全域に広まった。


「佐藤正明」に関連するレストラン・飲食店

佐藤養助 総本店

佐藤養助 総本店の佐藤正明8代目社長は稲庭町は澄んだ空気と清らかな水に恵まれたことから、良質な小麦の産地だったと話した。江戸時代初頭、その小麦を練って保存食としたのが稲庭うどんの始まりとされる。秋田藩の三代藩主、佐竹義処にも上納された。時は進み、先代の佐藤養助氏が地場産業発展のために稲庭うどんの製造技術を公開し、県内全域に広まった。


「佐藤正明」に関連するグルメ情報

稲庭うどん

秋田県民の熱愛グルメについて、当番組では日本三大焼きそばの一角として「横手やきそば」を紹介した。他にも香川の讃岐うどん、群馬の水沢うどんと並び、日本三大うどんの1つである「稲庭うどん」でも有名。見た目からはそうめんを思わせるが、秋田県民からは「あんな食べ応えのないそうめんと一緒にして欲しくない」と手厳しいコメントが聞かれた。秋田県は乾うどん・そばの支出金額が全国2位に位置し、県内には約250軒の稲庭うどん提供店がある。秋田キャッスルホテルの最上階にある「BAR LOUTUS」もその1つ。

秋田市にある無限堂 大町店では醤油ベースのタレ、ゴマダレでも楽しめる「二味うどん」がある。そして、「ぎばさとろうどん」はつけ汁にとろろ、ネバネバ海藻のぎばさを使った1品。来店客は稲庭うどんの魅力について、「細麺ながら食感がしっかりしていて、食べ応えがある」と話す。一方、稲庭町にある佐藤養助総本店では温かい「かけうどん」を提供。他にも「なめこうどん」、梅干しとおぼろ昆布をトッピングした「梅おぼろうどん」、「鴨南蛮」などがある。

稲庭うどんは厳選された特製小麦粉に塩水を加え、ひたすら手練りで生地を形成する。熟成後の生地を手作業で練返し、麺棒で平たく伸ばす。3cm幅に等間隔でカットし、生地を転がしながら細くしていく。一晩寝かせると生地を均一の太さにし、けたにかけて伸ばしていくと稲庭うどんならではの弾力が生まれる。それを一昼夜、しっかり乾燥させることで稲庭うどんが完成。秋田市に住む斎藤さん宅ではお昼時になめこ入り、ぶっかけスタイルの稲庭うどんを実食。目を引いたのは麺一本一本の短さで、切り落としと呼ばれる。製品化されない稲庭うどんの両端で、ナイス 外旭川店では1kgで約300円。

佐藤養助 総本店の佐藤正明8代目社長は稲庭町は澄んだ空気と清らかな水に恵まれたことから、良質な小麦の産地だったと話した。江戸時代初頭、その小麦を練って保存食としたのが稲庭うどんの始まりとされる。秋田藩の三代藩主、佐竹義処にも上納された。時は進み、先代の佐藤養助氏が地場産業発展のために稲庭うどんの製造技術を公開し、県内全域に広まった。


佐藤正明税理士事務所

年金制度改革関連法案について。井坂信彦議員は、夫婦二人、標準モデルの場合には年に14万2000円減額するという。そもそも年金の額は労働世代の賃金と物価によって変化するが、改正後は年金支払額がより変動しやすい仕組みになり、賃金に比例するため、物価が上昇した場合でも年金が減額する可能性があるという。この改正、現在のルールでは、71歳の受給額は支払い額の3.8倍であったが、21歳はなんと1.5倍。この不平等の緩和の為に改正されるとのこと。風間は「日本は経済成長1%そこそこの国なんで、年金は上がらないです」とバッサリ。八嶋らは「どっちから見るかによって変わりますよね。これからは65歳以上も働く時代ですしね。雇用とか、そういった面で一人ひとりの生み出すお金事態が増えないと」などとした。また、税理士は年金生活者等支援臨時福祉給付金などの給付金を利用するなど、賢い受給者になる必要があるとした。


山梨県立美術館

甲府市の旅館から、佐藤正明氏の作品「ザ・ビッグアップルNo.40」を紹介。山梨県立美術館による高さ3メートルの作品の原案にあたるという。


「佐藤正明」に関連するグルメ情報

ジャガイモのきんぴら

福島県双葉郡川内村では2013年から米作りを再開し、出荷前に全てのお米を検査する世界初の試みも行われている。農事組合法人農業大楽代表の佐藤正明さんは、全量全袋検査を行っているため、安全なお米を届けていると語った。川内村のお米は、もちもちの食感でジャガイモのきんぴらに合うという。


農事組合法人農業大楽

福島県双葉郡川内村では2013年から米作りを再開し、出荷前に全てのお米を検査する世界初の試みも行われている。農事組合法人農業大楽代表の佐藤正明さんは、全量全袋検査を行っているため、安全なお米を届けていると語った。川内村のお米は、もちもちの食感でジャガイモのきんぴらに合うという。


「佐藤正明」に関連する本・コミック・雑誌

ホンダ神話 教祖のなき後で

大和ハウス工業の社長大野直竹が強く影響を受けたビジネス書「ホンダ神話 教祖のなき後で」(佐藤正明著、文春文庫)を紹介。大野直竹はオーナーが亡くなった後会社がどう変わるべきなのかそのことを強く意識した本だと語った。大和ハウス工業を一代で築いた石橋信夫氏がなくなった時、大野社長は不安を感じたという。その時に出会ったこの本の一節に救われれた。大野社長はオーナーのやったことをそのままやるのは「ノー」だと思う、会社は形を変えるもので今の出来事に最善の策をとると語った。大和ハウス工業はコスモスイニシアと資本業務提携をし首都圏でのマンション事業拡大を狙っている。


検索結果の絞り込み