ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「佐賀駅」の検索結果

「佐賀駅」に関連する情報 333件中 1〜10件目

佐賀駅

朝ごはんジャーニー 今回の舞台は佐賀県。Twitterに「唐津市の呼子のイカを食べてみたらいかがでしょうか。呼子朝市も開催されてますよ」という投稿がきており、呼子へ行くことに。唐津市の呼子はイカの産地として有名で季節によって様々のイカを楽しむことができる。投稿にあった呼子朝市で聞き込みし、教えてもらったお店へ向かった。昭和44年創業「お魚処 玄海」。当時からイカの活け造りをしていたという店内にはいけすがずらり。今の時期はアオリイカが旬。マーティン自らイカをすくい上げることに。アオリイカは弾力があり、甘みが強いという。呼子名物イカの活け造りは鮮度が命。手早くさばき、盛り付けていく。いかの活き造り1人前2200円。透き通る色をしているのは、新鮮だからこそ。贅沢な活け造り丼にしていただく。食べたマーティンさんは、しっかりとした弾力があって甘いとコメントし、完食した。うま〜てぃん日記は「呼子の朝市で聞き込み中、地元で採れたデコポンの詰め放題を勧められ、322円という安さにひかれ思わず挑戦!結果は納得の22個!食べてみるとすごく甘くて美味しかったです。協力してくれた皆さん、ありがとうございました」。


佐賀駅

匠の店 佐賀工房 えきマチ1丁目店ではいきなり佐賀海苔が売られあちらこちらの海苔工場があり海は海苔だらけ。海苔網約30万枚、海苔漁場は約9000ヘクタールある。板海苔に加工され海苔の形になる。一般宅では冷凍室で湿気や変色を防ぎ乾海苔を炙りそのまま食べたり巻いて食べたりしていた。余った海苔は佃煮にしている。


伊万里駅

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めるも、ゴールまでの路線バスがないということで、今回は失敗となった。なお、バスの本数は30本。バス運賃は22780円。走行距離は約663kmだった。


山本

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めるも、ゴールまでの路線バスがないということで、今回は失敗となった。なお、バスの本数は30本。バス運賃は22780円。走行距離は約663kmだった。


JR

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めるも、ゴールまでの路線バスがないということで、今回は失敗となった。なお、バスの本数は30本。バス運賃は22780円。走行距離は約663kmだった。


佐賀駅

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めるも、ゴールまでの路線バスがないということで、今回は失敗となった。なお、バスの本数は30本。バス運賃は22780円。走行距離は約663kmだった。


佐賀駅バスセンター

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めるも、ゴールまでの路線バスがないということで、今回は失敗となった。なお、バスの本数は30本。バス運賃は22780円。走行距離は約663kmだった。


伊万里駅

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めた後、昭和バスを利用して佐賀駅バスセンターから山本まで移動。山本から伊万里駅前まで移動した。


山本

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めた後、昭和バスを利用して佐賀駅バスセンターから山本まで移動。山本から伊万里駅前まで移動した。


JR

羽田圭介たちはJR佐賀駅で情報を集めた後、昭和バスを利用して佐賀駅バスセンターから山本まで移動。山本から伊万里駅前まで移動した。