ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する本・コミック・雑誌 38件中 1〜10件目

「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

3月17日放送のサンデージャポンで武井壮さんは「活動の幅を広げていくなかで法を破りにいくのは理解できない。」などと、恩人のピエール瀧について涙した。ピエール瀧容疑者は20代からのコカインや大麻の使用を供述している。第12位は、週刊新潮の3月28日号。元DJの女性が「直接ドラッグまでもらって、夢みたいだった。」と発言をしたという記事が掲載された。約20年前、電気グルーヴが参加したドイツでの音楽イベントに赴いたことがあるという。「エクスタシーを私に一粒くれた。」などともしている。そんな中、今月19日、麻薬取締法違反で横浜市の通訳業をする女性が逮捕された。警察が瀧容疑者から押収したスマートフォンに、コカインの受け渡しとみられるやり取りが確認された。女性容疑者は容疑を否認している。しかし瀧容疑者が女性容疑者に数万円を渡したことがわかっている。サンジャポの取材によると、2人は20年来の友人だという。今ネット上では、電気グルーヴのCD出荷停止などの撤回を求める署名活動が行われている。麻薬取締部は、コカインの入手ルートを詳しく調べている。

「セックス依存症だった私」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

清原和博さんはPL学園時代に甲子園で5期連続出場し、2回の優勝を経験。その後プロ野球選手として活躍するが、2016年2月に覚醒剤所持の容疑で現行犯逮捕され、有罪判決を受けた。逮捕後は保釈保証金500万円を納付して保釈され、医療施設に入院していた。初公判の傍聴席の倍率は188倍。2016年5月31日、懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。2018年7月、著書「告白」を出版。それによると、ホームランが打てなくなったことで次第に生活が荒れ、やがて覚醒剤と出会ったという。小林さんは「活躍したいという十字架を背負って薬物に頼ってしまう、そういうものに多くの競技選手がはまりこんでしまう土壌が今の日本にある」とコメントした。

覚醒剤を使用したときのことについて、清原さんは「軽い気持ちで、酒の勢いでやった。それでも、覚醒剤というのは1回手を出しただけで支配されてしまうんです」と綴っている。薬物を断った今も薬物の欲求が突然襲ってくるという。2018年8月には雑誌の企画で甲子園の大阪桐蔭対金足農業戦を観戦し、真剣に球児たちに視線を注いでいた。きのう、「誤解だらけの”依存症”in東京」に登場。

「清原和博 告白 (文春e-book)」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

EXILE AKIRA 初の自叙伝「THE FOOL 愚者の魂」の告知を行った。また楽屋へ「THE FOOL 愚者の魂」を取りに戻ったAKIRAだったが、スタジオにはアキラ100%がAKIRAとして乱入し、ネタを披露しつつ「THE FOOL 愚者の魂」の製本を紹介した。

「THE FOOL 愚者の魂」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

カイジ

野球賭博により角界から追放された貴闘力。幼いころから相撲好きで1983年に藤島部屋に入門、若貴相手に毎日稽古していた。2000年には優勝したが、ギャンブル依存症という裏の顔があった。給料も殆どなかった付き人時代、たまたま買った5000円の馬券が40万円の大当たり、勝つことの快感を覚えてどっぷりと浸かった。金銭感覚が麻痺して歯止めが効かなくなると、数百万円負けるのは当たり前になっていた。海外でもカジノ三昧、1回で2000万円賭けて一瞬で溶けたこともある。後輩の金を巻き上げて勝負するも負け、親方から注意されるも辞められなかった。負けた総額は約10億円、遂には野球賭博にまで手を染めた。これにより2010年に相撲界から追放され、家族からも見放された。


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

カイジ

野球賭博により角界から追放された貴闘力。幼いころから相撲好きで1983年に藤島部屋に入門、若貴相手に毎日稽古していた。2000年には優勝したが、ギャンブル依存症という裏の顔があった。給料も殆どなかった付き人時代、たまたま買った5000円の馬券が40万円の大当たり、勝つことの快感を覚えてどっぷりと浸かった。金銭感覚が麻痺して歯止めが効かなくなると、数百万円負けるのは当たり前になっていた。海外でもカジノ三昧、1回で2000万円賭けて一瞬で溶けたこともある。後輩の金を巻き上げて勝負するも負け、親方から注意されるも辞められなかった。負けた総額は約10億円、遂には野球賭博にまで手を染めた。これにより2010年に相撲界から追放され、家族からも見放された。


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「毎日かあさん1 カニ母編」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「ちくろ幼稚園 (Young Sunday comics)」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

シリーズ累計250万部を突破する「毎日かあさん」は、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」でフィナーレを迎える。佐藤は、なんで今まで読まなかったのかというほど素敵なストーリーだったとコメント。

シリーズ累計250万部を突破、お母さんを卒業する完結篇「毎日かあさん14 卒母編」を描いた西原理恵子さんの自宅を訪れる。「毎日かあさん」は西原家の日常をリアルに描いたギャグ漫画で、褒めて育てる方法や、アルコール依存症の旦那との離婚を赤裸々に描いてきた。連載を終えようと思ったきっかけは、娘が反抗期になって手を貸すこともなくなり、母としての役割が終わったことがあるという。

「毎日かあさん14 卒母編」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

日本書紀

ギャンブルについては、日本書紀に689年の持統天皇の時代に双六を禁止するという記載があると伝えた。賭博については明治時代から法律で禁止されている。ただ競馬や競輪などは公営ギャンブルとして認められており、パチンコは景品を現金に変える仕組みが確立している。ギャンブル依存症の可能性がある人は536万人にもなると伝えた。しかし依存症対策は遅れている。スタジオではもっと審議してほしいと話題になった。後藤謙次はしっかりと国会で議論を詰めていくことが大事だと語った。


「依存症」に関連する本・コミック・雑誌

北斗の拳

休みの日は朝から酒を飲んでしまう高橋真麻は「健康診断の前日も夜9時までだったらいいかなって」と話した。酔っ払った時の行動は脳へのアルコールの影響で変化する。ほろ酔い期は理性を司る部分が少しマヒしいつもより陽気になり、酩酊初期は理性を司る部分のマヒが進み本能や感情がむき出しになる。酩酊期に入ると運動機能が低下し千鳥足、何度も同じ事をしゃべる、吐き気・嘔吐が起こる。泥酔期に入るとまともに立てない、言語がめちゃめちゃになる。記憶を司る海馬がマヒし今起こっていることを記憶できなくなる。中居正広は酔っ払うと記憶がなくなるのではなく記憶が作られないと話し、知らない間に北斗の拳全巻を持ってきていた事を取り上げた。橋本マナミは気がついたら男友達の家にいた事を明かした。