ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するイベント情報 144件中 1〜10件目

「依存症」に関連するイベント情報

マスターズ

タイガー・ウッズ選手が、所有するレストランの従業員男性が飲酒運転で死亡したことを巡り、ウッズ選手が男性がアルコール依存症だと知りながらアルコールを飲ませたとして遺族から訴えられた。


「依存症」に関連するイベント情報

東京五輪

14日、タイガー・ウッズ選手が14年ぶりのマスターズ制覇。1997年、史上最年少(21歳)でのマスターズ優勝を果たしてから、世界ランクトップを10年以上キープしたスーパースターだった。しかし、2009年の交通事故をきっかけに、複数との女性との不倫関係が発覚。4度の腰の手術、交通違反での逮捕などを経て、世界ランク1199位に転落。”どん底”からの完全復活に、世界中は歓喜した。東京五輪出場にも期待がかかっている。

タイガー・ウッズ選手と同い年の東尾理子が参加。タイガー選手の優勝に、「心の底から震え、涙しました」とコメントした。東尾は「(どん底を経験して)大人のゴルフをするようになった」と、その予兆を感じ取っていたという。過去には、交通事故を引き金に不倫が発覚。2017年には手術後の鎮痛剤が効いたまま車の運転をしてしまったこともあった。優勝の日、マスターズ会場には母・子供2人、そして恋人がいた。子供2人から見れば、見てきたのはどん底のタイガー選手だったといえる。復活劇に歓喜するアメリカに対し、中尾は「日本では何かしても、救いの手を差し伸べてくれない世の中な気がしてしまっている」とコメントし、中尾はNetflixドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」に出演した小出恵介についても言及した。一方泉谷は「アメリカのほうがバッシング半端ない。日本はまだ甘い」と広げた。”中途半端じゃない罰を受けるから、再起への動機が生まれる”と主張した。神田はスポンサー契約を辞めなかったナイキについてコメントした。

タイガー・ウッズ選手のどん底ぶり。成績も振るわず、不倫騒動の際に性依存症と診断されて治療施設に入っていたこともあった。復活の裏側に東尾は「体が良くなったこともありますし、子供の存在も大きかったと思います」と話した。そしてタイガー選手は、東京五輪出場にも期待がかかっている。1つの国と地域から出場できるのは最大4人だが、タイガー選手は世界ランキングがアメリカ人で4番目に食い込んできた。東尾はアメリカの上位2人に「絶対に来ます」と話した。前園は、タイガー選手のライバルであるフィル・ミケルソン選手が歩み寄り、気持ちが通じ合ったというエピソードを話した。「タイガーに盛り上げてもらいたい」という心があっての行動であり、その後は一緒に練習ラウンドを回ることもあるという。特に男子ゴルフは競技人口が下降線だが、タイガー選手の復活でまた盛り上がると期待されている。東尾は、子供にゴルフをやらせる親が「マスターズに連れて行って」と世界中言っていると話しており、息子・理汰郎くんも同じということだった。


「依存症」に関連するイベント情報

2019マスターズ

タイガー・ウッズがマスターズで14年ぶりの優勝を果たした。トランプ大統領もツイッターで祝福した。ウッズは最終日2位でスタート、7番でスーパーショットを見せ16番ホールであわやホールインワン。最終18番で-13で優勝。ウッズは息子のチャーリーくん、母のクルティーダさんと抱擁した。

タイガー・ウッズがマスターズで14年ぶりの優勝を果たした。ウッズは21歳で最年少優勝を果たした。4大メジャーすべて優勝し圧倒的な強さを誇った。10年以上オフィシャルワールドゴルフランキングで1位だった。しかし約10年前、2010年に自動車事故から不倫が発覚し性依存症で離婚、さらに2017年に飲酒もしくは薬物摂取しての運転で逮捕され有罪判決。世界ランクを1199位にまで落としていた。タイガー・ウッズは難しい優勝だった息子と娘を抱きしめて特別な時間だったと振り返った。櫻井翔はトップから落ちて戻ることがいかに大変か、諦めないこころを見せてくれたとした。


「依存症」に関連するイベント情報

「麻雀放浪記2020」初日舞台あいさつ

麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧被告は薬物依存症の治療を始める意向で、早ければ初公判前にカウンセリングを受ける見通し。被告の出演シーンを再編集せずに公開に踏み切った映画「麻雀放浪記2020」の舞台挨拶が行われ、主演の斎藤工さんが「猛省して」などと語った。ある自治体の薬物禁止を呼びかけるポスターが話題になっている。


「依存症」に関連するイベント情報

大阪国際女子マラソン

原裕美子は万引きによって人生を棒に振ったマラソンランナー。原は子供の頃から走るのが大好きで、中学3年生のとき東日本女子駅伝で区間賞をとり注目された。そしてその実力を認められ、京セラに入社。2005年に名古屋国際女子マラソン優勝、2007年に大阪国際女子マラソン優勝を果たした。しかし、2018年2月お菓子382円を万引きし逮捕された。去年7月3ヶ月の入院生活が終わり社会復帰の日。この日から厚生施設に通いながら自立の道を歩むこととなった。医療施設が用意してくれたアパートには依存症患者たちが暮らしている。原に与えられたのは6畳の部屋だった。


「依存症」に関連するイベント情報

名古屋国際女子マラソン

原裕美子は万引きによって人生を棒に振ったマラソンランナー。原は子供の頃から走るのが大好きで、中学3年生のとき東日本女子駅伝で区間賞をとり注目された。そしてその実力を認められ、京セラに入社。2005年に名古屋国際女子マラソン優勝、2007年に大阪国際女子マラソン優勝を果たした。しかし、2018年2月お菓子382円を万引きし逮捕された。去年7月3ヶ月の入院生活が終わり社会復帰の日。この日から厚生施設に通いながら自立の道を歩むこととなった。医療施設が用意してくれたアパートには依存症患者たちが暮らしている。原に与えられたのは6畳の部屋だった。

精神病院を退院してから原に仕事の話が舞い降りた。彼女に与えられた仕事は民宿の下働き。その働きぶりはとにかく几帳面だという。原は2008年代表選考に外された失意が引き金になってしまったのかその年に初めて万引きをしてしまったという。


「依存症」に関連するイベント情報

東日本女子駅伝

原裕美子は万引きによって人生を棒に振ったマラソンランナー。原は子供の頃から走るのが大好きで、中学3年生のとき東日本女子駅伝で区間賞をとり注目された。そしてその実力を認められ、京セラに入社。2005年に名古屋国際女子マラソン優勝、2007年に大阪国際女子マラソン優勝を果たした。しかし、2018年2月お菓子382円を万引きし逮捕された。去年7月3ヶ月の入院生活が終わり社会復帰の日。この日から厚生施設に通いながら自立の道を歩むこととなった。医療施設が用意してくれたアパートには依存症患者たちが暮らしている。原に与えられたのは6畳の部屋だった。


「依存症」に関連するイベント情報

麻雀放浪記2020初日舞台あいさつ

「何度もやめようと思った。」コカイン使用の罪で起訴されたピエール瀧被告の出演シーンを再編集することなく公開に踏み切った映画麻雀放浪記2020の初日舞台挨拶が昨日行われた。舞台あいさつ終了後主演の斎藤工さんは「今日この日を迎えられたことが、今後ピエール被告が関わっている作品の映画製作者ドラマ制作者映像にまつわる方たちの希望になることを願っております。ご自身も大きな波紋が広がることは想像はできても目の当たりにして初めて実感されているんじゃないかと思いますし今は本当に猛省していただきたい」白石和弥監督は「映画監督とピエール瀧という関係性ではもう作品を作るのは難しいかもしれないけどここからはいち友人として必要であれば治療とか何を社会に貢献できるかを協力できることは一緒に考えていきたいと思っています。」瀧被告は「ご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と話す。20代のころからコカインや大麻を使っていたとはなしていて常習的だと疑いがかかる一方何度もやめようと思ったがやめられなかったと漏らしていたようだ。2016年に覚醒剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けた男性が違法薬物の依存性について「やめなきゃとは思っていてもやめられなかった、マトリがきたときこれでやめられるってホッとした、きてくれてありがとうございますって」と語る。逮捕者の66%が再び摘発されるという覚醒剤。担当医は「大事なのはどのプログラムかではなく続けること。」医師のカウンセリングや依存症の患者たちとの集会に参加しているという男性は、治療がなければ今日の自分はない、勇気を持って正直に相談に行ったほうが良いと語る。


「依存症」に関連するイベント情報

依存症の理解を深めるための普及啓発イベント

元プロ野球選手の清原和博さんは保釈された後、千葉県の総合病院に入院していた。先月6日に厚生労働省が開いた”依存症の理解を深めるための普及啓発イベント”に清原さんが出席し「病院に通って薬物について勉強したりし、自分がどうだったのか理解でき、すごく良かった」と自身の経験から語ったという。


「依存症」に関連するイベント情報

合同企業説明会

笠松競馬場側によると第三者からの情報提供があったとしている。このように就活生のSNSを採用担当者がチェックする企業もあり、不適切動画がないか調べているという。当事者とも言える就職活動生達は怖いが仕方がないとコメントした。就活生のSNSをチェックすることを仕事にする企業も存在し、他人のプライバシーを守れるか、暴言をあげていないか、依存症を窺わせるものはないか、不適切な投稿はないかを見ている。調査会社は昨年7386人を調査し、1000人を超える問題者が発覚している。