ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する映画・DVD 165件中 1〜10件目

「依存症」に関連する映画・DVD

ベン・イズ・バック

映画「ベン・イズ・バック」の見どころを紹介。映画では薬物依存症を救う社会が描かれている。三浦瑠麗は、この映画の登場人物のようにケガによる治療薬が原因で依存症となる場合もある。アメリカでは過度な薬物投与が社会問題化しているなどと述べた。有村昆は映画について、親が子供をどんな状況でも受け入れることが必要なのかを問いかける映画だと思うなどと話した。


「依存症」に関連する映画・DVD

ベン・イズ・バック

映画「ベン・イズ・バック」の紹介。物語はクリスマスイブの朝息子のベンが薬物依存症の治療施設を抜け出し突然戻ってきたことからはじまる。母の説得で1日だけ家族と過ごすことになったベンだったがその晩事件が。留守の間に家の中があらされ愛犬が消えてしまった。それはベンが犯した過去の過ちが原因なのか?家を飛び出すベンを追う母。やがて彼女はベンの秘密を知ることになる。

母親役を演じたジュリア・ロバーツは役作りについて、親の苦しみはポッドキャストなどで知ることができ圧倒されるような悲劇ばかり。私はとにかく誠実に演じようと心に決めましたなどと述べた。見どころその1は母と息子の愛の物語。三浦瑠麗は、ジュリア・ロバーツが母親役を魂込めて演じているので共感できるなどと述べた。見どころその2はジュリア・ロバーツが魂を込めた母の愛。有村昆は、ジュリア・ロバーツ久々の快演。ジュリア・ロバーツがかえってきたと感じたなどと話した。監督のピーター・ヘッジズはジュリアのことを世界屈指の名優と評価した。

「映画の背景に迫る!」


「依存症」に関連する映画・DVD

ベン・イズ・バック

ジュリア・ロバーツの最新作「ベン・イズ・バック」が紹介された。依存症に陥った息子を救うため戦う母の物語となっている。依存症の治療施設から逃げてきたベンだが何度も裏切られて家族は信じられず、息子を見捨てられない母と衝撃のラストを見ることが出来る。

戦う女性映画特集についてのトーク。スタジオでのトーク。「丸りなのアサヒ。かな、。ええ」「衝撃のシーンばっかりでしたね」などと語られた。タランティーノを超えたとSNSで絶賛されている、女性の復讐劇って静かだけど徹底的でいいねなどと語られた。「マルリナの明日」は5月18日、「ベン・イズ・バック」は5月24日、「アナと世界の終わり」は5月31日の公開と伝えられた。


「依存症」に関連する映画・DVD

麻雀放浪記2020

麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧被告は薬物依存症の治療を始める意向で、早ければ初公判前にカウンセリングを受ける見通し。被告の出演シーンを再編集せずに公開に踏み切った映画「麻雀放浪記2020」の舞台挨拶が行われ、主演の斎藤工さんが「猛省して」などと語った。ある自治体の薬物禁止を呼びかけるポスターが話題になっている。


「依存症」に関連する映画・DVD

麻雀放浪記2020

「何度もやめようと思った。」コカイン使用の罪で起訴されたピエール瀧被告の出演シーンを再編集することなく公開に踏み切った映画麻雀放浪記2020の初日舞台挨拶が昨日行われた。舞台あいさつ終了後主演の斎藤工さんは「今日この日を迎えられたことが、今後ピエール被告が関わっている作品の映画製作者ドラマ制作者映像にまつわる方たちの希望になることを願っております。ご自身も大きな波紋が広がることは想像はできても目の当たりにして初めて実感されているんじゃないかと思いますし今は本当に猛省していただきたい」白石和弥監督は「映画監督とピエール瀧という関係性ではもう作品を作るのは難しいかもしれないけどここからはいち友人として必要であれば治療とか何を社会に貢献できるかを協力できることは一緒に考えていきたいと思っています。」瀧被告は「ご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と話す。20代のころからコカインや大麻を使っていたとはなしていて常習的だと疑いがかかる一方何度もやめようと思ったがやめられなかったと漏らしていたようだ。2016年に覚醒剤取締法違反などの罪で有罪判決を受けた男性が違法薬物の依存性について「やめなきゃとは思っていてもやめられなかった、マトリがきたときこれでやめられるってホッとした、きてくれてありがとうございますって」と語る。逮捕者の66%が再び摘発されるという覚醒剤。担当医は「大事なのはどのプログラムかではなく続けること。」医師のカウンセリングや依存症の患者たちとの集会に参加しているという男性は、治療がなければ今日の自分はない、勇気を持って正直に相談に行ったほうが良いと語る。


「依存症」に関連する映画・DVD

居眠り磐音

厚労省の「薬物などの依存症への理解を深める啓発イベント」に出席した清原和博氏は「約2週間に1回通院して、ずっといろんなテキストを勉強したり、その薬物について勉強したり、そういうことによって、自分はこうだったんだ、ああだったんだということが理解できた。すごくよかったと思う。自分の身近な人に正直にものを言えることが一番自分が今変わったこと。薬物を使っているときには薬物を使うために嘘をつき自分をどんどん追いつめていった。そういう苦しみから苦しんだ。近くにいる人の理解があれば、今は自分は苦しいんだと言える環境があるのが一番大きいと思う」とコメント。そして、先日、居眠り磐音のプレミアイベントが開催された。この映画は、瀧被告が出演したシーンは差し替えられて当初の予定通り5月17日に公開される。この日は、試写会の予定だったが作品が完成していないため、本編の上映なしの舞台挨拶イベントになった。この作品の原作者佐伯泰英氏が「あの日以来、本来必要でなかった膨大な作業にスタッフの美奈さんは今も費やされている。作品と出演者は別物と取りざたされている。それぞれ個々の判断があってしかるべきと考えている。スタッフの熱意でほぼ完成していたところ、1人の反社会的な行動によって製作が頓挫した、頓挫しかけたそんな居眠り磐音に光明も見えてきた。奥田瑛二氏が宍戸文六役を快く受けてくれたのも前進の一歩。今回の勇気ある差し替えなどを全面的に支持する」とコメントしている。今後、ピエール瀧被告の裁判について、横粂弁護士は「初公判は5月のゴールデンウィーク明け。判決は6月の上旬」と見解を示した。


「依存症」に関連する映画・DVD

清原さんは約2週間に1回病院に通い薬物などについて勉強することで自分のしていることが理解できてよかったなどと話した。薬物は一時的に止められてもやめ続けることは非常に難しいと話していた。薬物依存症だと自覚することが重要で原因などを考えるのが一番の近道だなどと話した。大事なのは周囲のサポートで通院の手伝いなどや1人にさせないことが重要と話した。依存症の人間は比較的に1人になりたがる傾向があり1人になると薬物のことを考えてしまうためなどと話した。被告が薬物に手を出したことでマネジメント契約解除などの影響が出ている。薬物によってこれまで作り上げてきたものを全てなくす危険性があることを肝に銘じなければいけないなどと話した。世界的には治療すべき依存症と捉えられている。

 (劇場公開日 2014年3月14日)
「アナと雪の女王」

映画.com

(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


「依存症」に関連する映画・DVD

麻雀放浪記2020

薬物依存症について。他社加害の可能性については子どもたちへの教育も必要だし、社会環境の整備も含めて考えないといけないと宮根。犯罪に手を染めた人に新たな機会を与えるのは何も薬物に限らないと春川。まず薬をやめ続ける事が第一となり、その後の仕事や人間関係の成功は軌跡みたいなものだと十枝。能力のある人は元の仕事に戻って欲しいと思うとも。更生施設ではミーティングなど様々なプログラムを行い13か月で修了するが、ひとりひとりはずっと戦わなくてはいけないと宮根。被告の逮捕で役の交代など各所に影響があり、現在交渉中だが、一部報道によれば賠償額は10億円〜数十億になると言われていると大塚。


「依存症」に関連する映画・DVD

麻雀放浪記

依存症問題に正しい報道を求めるネットワークは、ピエール瀧容疑者の出演作品に対する公開自粛や撮り直しなど措置の撤回を求める要望書を関連会社に送付。番組出演者らは依存症問題に正しい報道を求めるネットワークのコメントについて「違和感がある。一般の人とピエール瀧容疑者は立場が違う。この言い分は当たらないところがある」とコメント。そして、清原弁護士は「世界の潮流が刑罰か治療ということになっている。実は厳しい制裁を課すことによって依存症の方々が治療を受けたいのに受けられないということになっているため、要望書の内容は一理ある。しかし、例えば薬物の治療で他人に危害を与えてしまったり、薬物売買のお金が半社会勢力の資金源になっていることもある。そのためこれから薬物に手を染めるのをやめさせる抑止力になるものが重要なのである。そのため、少しは制裁が必要」とコメントしたことを受け、「日本は少し、世界とは違うところもある。世界の潮流に何でも合わせればいいというものでもない」とコメント。

ピエール瀧容疑者の自粛についてあべかすみリポーターは「昔はこういった薬物でつかまることがあったとしても損害賠償とか自粛という話題は取り上げられていなかったというのが事実。ただ近年になると過去の作品まで販売・配信などをやめることになっている。ここまでの事は以前はなかった。ただ、それだけ大きな仕事をしていたということもあるため苦情が広がりやすい状況。今回東映さんが麻雀放浪記については公開を決めたが、だからといってこれからそれが増えていくか、製作委員会の人がそれで納得しているかどうかというとそういう状況ではない」とコメント。また、も番組出演者は現状「違約金」について、明確な線引きがないことにも言及していた。


「依存症」に関連する映画・DVD

居眠り磐音

依存症問題に正しい報道を求めるネットワークは、ピエール瀧容疑者の出演作品に対する公開自粛や撮り直しなど措置の撤回を求める要望書を関連会社に送付。居眠り磐音に対しては代役で撮り直すことなくオリジナル作品の公開を要望し、ソニー・ミュージックエンタテインメントに対しては電気グルーヴの関連商品などの出荷停止の解除を要望し、NHKに対してはいだてんの配信停止の解除を要望。依存症問題に正しい報道を求めるネットワークは「罪を裁くのは司法だけで良いはず」の考えのもと、依存症問題に対する誤解や中傷などの改善を目指し、薬物依存者の更生やダルクの関係者なども名も連ねる市民団体。要望書を出したことについて「薬物がバレたら社会的に抹殺されてしまい、こういう自粛は誰のためにもならない」と言う理由があり、出したことにより「薬物に手を出すやつが悪い」「厳しい制裁を取る事で抑止力になる」との意見があったそう。社会制裁を求める声に対して「相談しやすい環境を作っていく方が社会の為に有益になる」と考えている。