ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する音楽・CD 103件中 1〜10件目

「依存症」に関連する音楽・CD

瀧容疑者にコカインを譲り渡した疑いで厚生労働省麻薬取締部に知人の女が逮捕された。容疑者は瀧容疑者の逮捕前日の今月11日にコカインを譲渡し、代金として数万円を受け取ったとみられる。通訳業をしてた容疑者は、来日した外国人に密着するテレビ番組にも通訳として出演していた。さらに、テクノミュージックを扱うレコード店で働いていたと言い、瀧容疑者との接点は音楽で20年来の友人。麻薬依存症患者の更生を支援しているジャーナリストは電気グルーヴの周辺を取材した際、電気グルーヴと特別な関係にあったと言う女性の名を頻繁に耳にしていたそう。容疑者は容疑を否認している。

「Shangri-La」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する音楽・CD

瀧容疑者が薬物を使用している現場を見たという人物。「やってるというより、キマっちゃてるところを見てるわけです」と話すのは、ジャーナリストの押川剛氏。麻薬依存症患者の更生にも携わっているのだが、更生を支援したことがある元DJの女性が、瀧容疑者の地元・静岡のクラブで瀧容疑者が薬物を使用している姿を見たということだった。さらに、仲間内では「クスリ食うしか能がない」という言われ方もしていたという。

「Shangri-La」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する音楽・CD

ピエール瀧容疑者が歌う静岡市のPRソングの「まるちゃんの静岡音頭」は6年前に静岡市が制作しイベントなどで多く使用されてきた。逮捕を受け職員は対応に追われ、エレベーター内の曲を取りやめ、歌詞カードも取り外された。広報の方は「どうしようというのが正直の所。静岡音頭は今後共続けていきたい、歌い手を考える必要がある」とした。コカインに手を染めてしまった理由について30年来の友人の日出郎さんが取材に応じ「仕事が忙しそうでそれがプレッシャーになったのかもしれない。そんなに弱いと思っていなかった。何が心の闇を作ってしまったのか」等と話した。周囲の人達は容疑者の異変に気づくことが出来ず、他の麻薬とは異なるコカインの特製にあり、依存症に苦しんだ2人の男性は「効くのが短く楽しんで使う人は顔に出ない。覚醒剤は効いていると寝れないが、コカインは少ない時間なのでやめれば次の日に支障がない。効力が短い分連続使用が多くなる、度が過ぎると生活がうまくいかなくなる」という。コカインは体を蝕み、大量に使用した場合には死に至る危険もある。麻薬取締部はスマートフォンも押収していて、入手ルートや動機などを調べている。容疑者は取り調べに対し「使用したことは間違いない」などと認めている。

「まるちゃんの静岡音頭」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する音楽・CD

ピエール瀧容疑者が歌う静岡市のPRソングの「まるちゃんの静岡音頭」は6年前に静岡市が制作しイベントなどで多く使用されてきた。逮捕を受け職員は対応に追われ、エレベーター内の曲を取りやめ、歌詞カードも取り外された。広報の方は「どうしようというのが正直の所。静岡音頭は今後共続けていきたい、歌い手を考える必要がある」とした。コカインに手を染めてしまった理由について30年来の友人の日出郎さんが取材に応じ「仕事が忙しそうでそれがプレッシャーになったのかもしれない。そんなに弱いと思っていなかった。何が心の闇を作ってしまったのか」等と話した。周囲の人達は容疑者の異変に気づくことが出来ず、他の麻薬とは異なるコカインの特製にあり、依存症に苦しんだ2人の男性は「効くのが短く楽しんで使う人は顔に出ない。覚醒剤は効いていると寝れないが、コカインは少ない時間なのでやめれば次の日に支障がない。効力が短い分連続使用が多くなる、度が過ぎると生活がうまくいかなくなる」という。コカインは体を蝕み、大量に使用した場合には死に至る危険もある。麻薬取締部はスマートフォンも押収していて、入手ルートや動機などを調べている。容疑者は取り調べに対し「使用したことは間違いない」などと認めている。

「Shangri-La」

Amazon.co.jp


「依存症」に関連する音楽・CD

GLORIA

「アルコール依存症」に苦しんだ芸能人を紹介。ロックバンド「ZIGGY」は武道館ライブを成功させるほど人気だった。そのボーカルである森重樹一さんは高校を優秀な成績で卒業するなど真面目な人柄で、21歳の時にZIGGYを結成しバンド活動でも真面目に取り組んでいた。そんな森重さんがお酒を飲むきっかけは先輩ミュージシャンの一言で酒を呑むことで声がよく出た気がするように感じ、ライブ前には飲酒をするようになった。そして、解放的になった森重さんは昼夜問わずに飲むようになる。アルコールは習慣的に摂取すると耐性が出来てしまうため酔うために多くの酒を呑むようになってしまった。

そんな中、プライベートでは36歳で結婚するも森重さんの飲酒は増える一方だった。そして、真面目だった森重さんの人柄を変えてしまう。アルコール依存症により感情を抑えられなくなることがある。アルコールにより前頭葉で神経伝達物質の働きが低下しコントロールができなくなるなど脳に異変をきたしていた。そんな森重さんについて周りは酒癖が悪いとしか思われていた。依存症の有無は飲酒時の行動をコントロールできるかどうかで依存症の場合、酒を飲むとやめられないや手の震えなど禁断症状が現れる人もいる。当時のライブ映像をみるとライブ中に飲酒したり、インタビュー番組の傍らに酒があり24時間酔っている状態だった。


「依存症」に関連する音楽・CD

拝啓、未来

エンディングテーマ「拝啓、未来/アイドルING!!!」


「依存症」に関連する音楽・CD

Choo Choo TRAIN

AKIRAとしてスタジオ入りしたアキラ100%が「Choo Choo TRAIN/EXILE」のBGMに合わせ、持ちネタを披露した。


「依存症」に関連する音楽・CD

蛍の光

だが、強く禁断症状に悩まされたという。パチンコを思い起こさせるものを目にすると、何度かお店へと足を運んだという。その数は80回以上。そうして、パチンコ以外の楽しみを見出して、パチンコ依存から回復できたという。最後に、「勝ったときの思い出よりも、夢で魚群が出てくる」とかたった。