ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するその他の情報 2088件中 1〜10件目

読売新聞

ピエール瀧容疑者の音楽と薬物が切り離せないものになっていたのなら、周囲も気づいたのではないかと疑問が湧く。押川氏の所に女性がやってきた時には、目の焦点が合わないといった薬物依存症患者の身体的特徴が出ていたのに対し、瀧容疑者は20年以上周囲に悟られる事無く続けていた。こうした人を「親和性がある」と麻薬取締部では表現し、また依存も強いという。コカインを使用した場合は食欲が失せるが、大麻は逆に食欲が湧き眠る事も出来る。瀧容疑者の様子から、コカインだけを使っていたとは考えにくい。押川氏は女性の証言を元に現場を取材、クラブでは薬物が蔓延しており、異様な雰囲気となっていた。薬物によって五感が鋭敏になりより刺激を受ける事が出来るという。


厚労省

ピエール瀧容疑者のコカイン使用について、ジャーナリストの押川氏から話を聞いた。押川氏はトキワ精神保健事務所の創設者で、薬物中毒などにかかった患者・家族と病院とをつなげるサービスを展開している。2003年、押川氏は就職面接に来た女性の手に異常なひっかき傷を発見、薬物中毒による副作用を疑った。指摘すると女性は違法薬物の使用を告白、更生をサポートする中で瀧容疑者の存在を認識したという。女性は中学時代に電気グルーヴのファンになり、短大在学中にDJ活動開始。女性はDJ活動の中でクラブでの演出を際立たせるMDMAの摂取が日常化。小さいライブハウスで使われている事が多く、同時に売買も行われている。薬物を使用している場合、一目見て異常な状態である事が分かるとの事。

DJの女性は1999年、イベント後の打ち上げパーティー会場でドラッグをキメてる状態の瀧容疑者と同席したという。現場には大麻など複数の薬物があった。女性は大麻など様々な薬物に手を出していた。刺激に慣れより強い効果を求める傾向にあり、コカインも非常に効果が高い。MDMAは成分が不明瞭で病院に搬送されても何の中毒か分からないという。2017年のコカインの押収量は12キロだが、コカインだけを売っている売人はいなかった。需要が少ない為取り扱いも少なく、おまけとしてあげる売人もいたという。

ピエール瀧容疑者の音楽と薬物が切り離せないものになっていたのなら、周囲も気づいたのではないかと疑問が湧く。押川氏の所に女性がやってきた時には、目の焦点が合わないといった薬物依存症患者の身体的特徴が出ていたのに対し、瀧容疑者は20年以上周囲に悟られる事無く続けていた。こうした人を「親和性がある」と麻薬取締部では表現し、また依存も強いという。コカインを使用した場合は食欲が失せるが、大麻は逆に食欲が湧き眠る事も出来る。瀧容疑者の様子から、コカインだけを使っていたとは考えにくい。押川氏は女性の証言を元に現場を取材、クラブでは薬物が蔓延しており、異様な雰囲気となっていた。薬物によって五感が鋭敏になりより刺激を受ける事が出来るという。

押川氏は女性の証言や証拠写真などを警察に情報提供したが、警察からは現行犯逮捕が出来なければ難しいと言われていた。あまりにも対象人数が多いと調査にも人手が必要となる。世界ではホイットニー・ヒューストンがコカイン使用と心臓疾患の影響で亡くなっている。薬が切れると出てくる幻覚症状が怖くて薬物に再び手を出してしまう事もある。スポーツ選手の使用者の中には薬物使用で引退後復帰した選手もいたが、使用期間が長いほど止めるのも大変だという。日本で押収された薬物は覚醒剤が約1137kgに対しコカインは12kgと少ないが、現在は市場価格が急激に下がり覚醒剤から移行する常習者も急増している。外国人犯罪グループなどがコロンビアの組織と結託して直接取引を始めた可能性が高く、また暴力団の弱体化も流通拡大加速の要因となっている。


トキワ精神保健事務所

ピエール瀧容疑者のコカイン使用について、ジャーナリストの押川氏から話を聞いた。押川氏はトキワ精神保健事務所の創設者で、薬物中毒などにかかった患者・家族と病院とをつなげるサービスを展開している。2003年、押川氏は就職面接に来た女性の手に異常なひっかき傷を発見、薬物中毒による副作用を疑った。指摘すると女性は違法薬物の使用を告白、更生をサポートする中で瀧容疑者の存在を認識したという。女性は中学時代に電気グルーヴのファンになり、短大在学中にDJ活動開始。女性はDJ活動の中でクラブでの演出を際立たせるMDMAの摂取が日常化。小さいライブハウスで使われている事が多く、同時に売買も行われている。薬物を使用している場合、一目見て異常な状態である事が分かるとの事。

DJの女性は1999年、イベント後の打ち上げパーティー会場でドラッグをキメてる状態の瀧容疑者と同席したという。現場には大麻など複数の薬物があった。女性は大麻など様々な薬物に手を出していた。刺激に慣れより強い効果を求める傾向にあり、コカインも非常に効果が高い。MDMAは成分が不明瞭で病院に搬送されても何の中毒か分からないという。2017年のコカインの押収量は12キロだが、コカインだけを売っている売人はいなかった。需要が少ない為取り扱いも少なく、おまけとしてあげる売人もいたという。

ピエール瀧容疑者の音楽と薬物が切り離せないものになっていたのなら、周囲も気づいたのではないかと疑問が湧く。押川氏の所に女性がやってきた時には、目の焦点が合わないといった薬物依存症患者の身体的特徴が出ていたのに対し、瀧容疑者は20年以上周囲に悟られる事無く続けていた。こうした人を「親和性がある」と麻薬取締部では表現し、また依存も強いという。コカインを使用した場合は食欲が失せるが、大麻は逆に食欲が湧き眠る事も出来る。瀧容疑者の様子から、コカインだけを使っていたとは考えにくい。押川氏は女性の証言を元に現場を取材、クラブでは薬物が蔓延しており、異様な雰囲気となっていた。薬物によって五感が鋭敏になりより刺激を受ける事が出来るという。

押川氏は女性の証言や証拠写真などを警察に情報提供したが、警察からは現行犯逮捕が出来なければ難しいと言われていた。あまりにも対象人数が多いと調査にも人手が必要となる。世界ではホイットニー・ヒューストンがコカイン使用と心臓疾患の影響で亡くなっている。薬が切れると出てくる幻覚症状が怖くて薬物に再び手を出してしまう事もある。スポーツ選手の使用者の中には薬物使用で引退後復帰した選手もいたが、使用期間が長いほど止めるのも大変だという。日本で押収された薬物は覚醒剤が約1137kgに対しコカインは12kgと少ないが、現在は市場価格が急激に下がり覚醒剤から移行する常習者も急増している。外国人犯罪グループなどがコロンビアの組織と結託して直接取引を始めた可能性が高く、また暴力団の弱体化も流通拡大加速の要因となっている。


薬物依存症

ピエール瀧容疑者は薬物を辞めていた時期もあった。元麻薬取締部の男性によるとコカインは電話番号と金があったら止められず、やめようとしても薬物摂取時の高揚感がよみがえるフラッシュバックが起きてしまうという。使用動機はストレス解消のためだというが、元麻薬取締部の男性は取調官に対する言い逃れ、館山ダルク代表男性はストレスがあったから手を出したのではなく20代で知ってしまったから手を出したと指摘している。薬物依存症になってしまうと自分の意志が弱いとは認められずストレスと言う人が多い、ヤケ酒に近い感じで再び手を出してしまう人も居るという。

20代と50代の違い。館山ダルク代表によると施設では50歳になって薬物を初めてやるという人は1人もいない、体力が衰えるので20代のように薬物が効かなくなり摂取量が増えて幻覚・幻聴などの副作用で周りにバレやすくなるという。雑草を毎日抜く行動療法をしないと再発しちゃって当たり前の病気とした。八代さんは薬物治療に専念することについて、自分が陥ってる病気を認めて周りにも知られることになりますから大きな賭けになりますけど、自分の体を滅ぼしていきますからと治療を促した。恵さんは薬物依存者が逃げるのでなく駆け込める場所があればという旨を話した。


フラッシュバック

ピエール瀧容疑者は薬物を辞めていた時期もあった。元麻薬取締部の男性によるとコカインは電話番号と金があったら止められず、やめようとしても薬物摂取時の高揚感がよみがえるフラッシュバックが起きてしまうという。使用動機はストレス解消のためだというが、元麻薬取締部の男性は取調官に対する言い逃れ、館山ダルク代表男性はストレスがあったから手を出したのではなく20代で知ってしまったから手を出したと指摘している。薬物依存症になってしまうと自分の意志が弱いとは認められずストレスと言う人が多い、ヤケ酒に近い感じで再び手を出してしまう人も居るという。


肉離れ

東国原さんは肉離れで負傷してしまい、現在走れない状態になってしまったと明かしていた。


YouTube

アメリカでは裏口入学問題が明らかになっていて、ハフマン容疑者は適正試験の点数上乗せのために約170万円を支払っていた。さらに、ロックリン容疑者はボート競技と無縁の娘をボート競技推薦枠で入学させるために5500万円を支払っていた。一方ロックリン容疑者の次女は勉強はどうでもいいとYouTubeでコメントしていて、信用がなくなっているのだという。坂上さんはバカ息子などは親も作ってしまっていると話していた。


スタンフォード大学

アメリカでは子どもを名門大学に裏口入学させたことで50人が逮捕されていて、エール大学・スタンフォード大学など世界でも有名で発生したこと・仲介業者は多くの人がいるのではないかと推測されることも話題の要因となっていると杉山さんは話していた。さらに、受験生の親には「フルハウス」のロックリン容疑者、「デスパレートな妻たち」のハフマン容疑者もいた。「デスパレートな妻たち」は2400万人の平均視聴者を集めるなど一世風靡していて、ハフマン容疑者はエミー賞も受賞している。このことから裏口入学事件で動いた総額は約28億円に上ると見られ、7億円以上を裏口入学にかけた人もいるという。


イェール大学

アメリカでは子どもを名門大学に裏口入学させたことで50人が逮捕されていて、エール大学・スタンフォード大学など世界でも有名で発生したこと・仲介業者は多くの人がいるのではないかと推測されることも話題の要因となっていると杉山さんは話していた。さらに、受験生の親には「フルハウス」のロックリン容疑者、「デスパレートな妻たち」のハフマン容疑者もいた。「デスパレートな妻たち」は2400万人の平均視聴者を集めるなど一世風靡していて、ハフマン容疑者はエミー賞も受賞している。このことから裏口入学事件で動いた総額は約28億円に上ると見られ、7億円以上を裏口入学にかけた人もいるという。


PIXTA

アメリカで人気セレブ女優らが裏口入学に関与したという。アメリカ司法当局は今月12日に名門大学に裏口入学させた仲介人や大学関係者ら50人を訴追した。中にはロリ・ロックリンやフェリシティ・ハフマンなどの名前も。仲介者は教育関連のコンサルティング会社経営の男。男は受験者の親から金を受け取り、大学の入試関係者などに賄賂を渡す形で斡旋していて、エール大学やスタンフォード大学などの名前もあった。