ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するその他の情報 2088件中 11〜20件目

スタンフォード大学

アメリカで人気セレブ女優らが裏口入学に関与したという。アメリカ司法当局は今月12日に名門大学に裏口入学させた仲介人や大学関係者ら50人を訴追した。中にはロリ・ロックリンやフェリシティ・ハフマンなどの名前も。仲介者は教育関連のコンサルティング会社経営の男。男は受験者の親から金を受け取り、大学の入試関係者などに賄賂を渡す形で斡旋していて、エール大学やスタンフォード大学などの名前もあった。


エール大学

アメリカで人気セレブ女優らが裏口入学に関与したという。アメリカ司法当局は今月12日に名門大学に裏口入学させた仲介人や大学関係者ら50人を訴追した。中にはロリ・ロックリンやフェリシティ・ハフマンなどの名前も。仲介者は教育関連のコンサルティング会社経営の男。男は受験者の親から金を受け取り、大学の入試関係者などに賄賂を渡す形で斡旋していて、エール大学やスタンフォード大学などの名前もあった。


大林組

指導中にセクハラを受けたと大林組の女性社員が週刊文春へ訴えた。動いたのは大林組の人事部でその際の部長と課長によるAさんへの事情聴取音声を週刊文春デジタルが公開。人事部はAさんに対しセクハラをされた男性に対する感情についてなど踏み込んだ質問を投げかけ、男性部長は「もう正直言って男女関係ですよね」などと話していた。詰問は180分に渡り行われたが最後まで謝罪の言葉は得られなかったという。

東国原は大林組のハラスメント相談窓口は機能していないといい、「氷山の一角と思う、検証し対応しなければならない」などと意見した。竹下は「学生が自衛するのは難しい、企業が社員に対しハラスメントを行っている可能性を考え研修することが大切」などとコメントした。


週刊文春

指導中にセクハラを受けたと大林組の女性社員が週刊文春へ訴えた。動いたのは大林組の人事部でその際の部長と課長によるAさんへの事情聴取音声を週刊文春デジタルが公開。人事部はAさんに対しセクハラをされた男性に対する感情についてなど踏み込んだ質問を投げかけ、男性部長は「もう正直言って男女関係ですよね」などと話していた。詰問は180分に渡り行われたが最後まで謝罪の言葉は得られなかったという。

東国原は大林組のハラスメント相談窓口は機能していないといい、「氷山の一角と思う、検証し対応しなければならない」などと意見した。竹下は「学生が自衛するのは難しい、企業が社員に対しハラスメントを行っている可能性を考え研修することが大切」などとコメントした。


LION

指導中にセクハラを受けたと大林組の女性社員が週刊文春へ訴えた。動いたのは大林組の人事部でその際の部長と課長によるAさんへの事情聴取音声を週刊文春デジタルが公開。人事部はAさんに対しセクハラをされた男性に対する感情についてなど踏み込んだ質問を投げかけ、男性部長は「もう正直言って男女関係ですよね」などと話していた。詰問は180分に渡り行われたが最後まで謝罪の言葉は得られなかったという。


仙台三越

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。


BUSINESS INSIDER JAPAN

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。


週刊文春

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。

また、この行為の後も女性は男性と関係を続けていて、これについて女性は誘いを断ると内定が取り消される不安があり、指定校推薦で内定をもらっていたために、後輩にも迷惑がかかると思っていたためだと話していた。また、この問題では男性は不倫をしたことにもなるが、妻の目線では妻帯者でありながら関係を持っているので不倫で女性が訴えられてしまうことは訴えることは民事的には可能だと横粂さんは話していた。女性はその後勤務地の違いから男性と会うことはなかったが、会社の人が男性のことを女性に話したことから自ら連絡をしてしまうと、さらに男性は口止めを要求してきたという。これを受けて女性は週刊文春に告発しているが、立場が上なのでもみ消される可能性や、自分は正当ではない方法で入社したと自分を責め続けていることが理由となっていた。


大林組

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。

また、この行為の後も女性は男性と関係を続けていて、これについて女性は誘いを断ると内定が取り消される不安があり、指定校推薦で内定をもらっていたために、後輩にも迷惑がかかると思っていたためだと話していた。また、この問題では男性は不倫をしたことにもなるが、妻の目線では妻帯者でありながら関係を持っているので不倫で女性が訴えられてしまうことは訴えることは民事的には可能だと横粂さんは話していた。女性はその後勤務地の違いから男性と会うことはなかったが、会社の人が男性のことを女性に話したことから自ら連絡をしてしまうと、さらに男性は口止めを要求してきたという。これを受けて女性は週刊文春に告発しているが、立場が上なのでもみ消される可能性や、自分は正当ではない方法で入社したと自分を責め続けていることが理由となっていた。


週刊文春

大林組の人事部長からセクハラを受けたと女性社員が告発を行っている。就職情報サイトを通じて大林組にエントリーするとOBから連絡があったのだが、この男性に会うと酒を飲まされ、酩酊状態になるとこの男性は女性をホテルに連れ込んで関係を持たされたと主張している。また、現在は就活生を食い物にするセクハラ被害も起きているという。