ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するその他の情報 2092件中 21〜30件目

BUSINESS INSIDER JAPAN

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。


週刊文春

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。

また、この行為の後も女性は男性と関係を続けていて、これについて女性は誘いを断ると内定が取り消される不安があり、指定校推薦で内定をもらっていたために、後輩にも迷惑がかかると思っていたためだと話していた。また、この問題では男性は不倫をしたことにもなるが、妻の目線では妻帯者でありながら関係を持っているので不倫で女性が訴えられてしまうことは訴えることは民事的には可能だと横粂さんは話していた。女性はその後勤務地の違いから男性と会うことはなかったが、会社の人が男性のことを女性に話したことから自ら連絡をしてしまうと、さらに男性は口止めを要求してきたという。これを受けて女性は週刊文春に告発しているが、立場が上なのでもみ消される可能性や、自分は正当ではない方法で入社したと自分を責め続けていることが理由となっていた。


大林組

大林組社員の女性が幹部からのセクハラを訴えているが、この女性は就職情報サイトを通じてエントリーすると、リクルーターとして大学OBの男性を紹介されこの男性が加害者と見られている。竹下さんはこのリクルーターについてカフェでの面談が選考にもつながるなど、学生は権力を感じてしまうと話していた。男性と初めて会ったのは2017年の3月で寿司店やバーなどで会話をしたのだが、男性からはこの時点で「彼氏はいるの?」などと質問されたのだといい、竹下さんはまず親身に話をしてから、夜の街に連れ出すのは就活セクハラの典型的な形だと指摘していた。そして4月になると役員面接を控えお祝いしようと言われ女性もこれを受け入れていた。これは指定校推薦はリクルーターの印象が大事と言われていることから、嫌われないようにこれを受け入れたと女性は話していた。しかし、ここで男性は私服で来るように要求していて、本部の人事部に言ったなどと話していたという。また、女性はこの男性について奥さんがいたと話していたが、ハイボールを飲まされたことで男性に関係を持つように要求されると酩酊のまま受け入れてしまう。さらに、翌朝になると女性は口止めをされたのだという。この女性はその後無事就職したものの、横粂さんは心神喪失にさせているので準強制性交罪となる可能性はあると述べた。

また、この行為の後も女性は男性と関係を続けていて、これについて女性は誘いを断ると内定が取り消される不安があり、指定校推薦で内定をもらっていたために、後輩にも迷惑がかかると思っていたためだと話していた。また、この問題では男性は不倫をしたことにもなるが、妻の目線では妻帯者でありながら関係を持っているので不倫で女性が訴えられてしまうことは訴えることは民事的には可能だと横粂さんは話していた。女性はその後勤務地の違いから男性と会うことはなかったが、会社の人が男性のことを女性に話したことから自ら連絡をしてしまうと、さらに男性は口止めを要求してきたという。これを受けて女性は週刊文春に告発しているが、立場が上なのでもみ消される可能性や、自分は正当ではない方法で入社したと自分を責め続けていることが理由となっていた。


週刊文春

大林組の人事部長からセクハラを受けたと女性社員が告発を行っている。就職情報サイトを通じて大林組にエントリーするとOBから連絡があったのだが、この男性に会うと酒を飲まされ、酩酊状態になるとこの男性は女性をホテルに連れ込んで関係を持たされたと主張している。また、現在は就活生を食い物にするセクハラ被害も起きているという。


大林組

大林組の人事部長からセクハラを受けたと女性社員が告発を行っている。就職情報サイトを通じて大林組にエントリーするとOBから連絡があったのだが、この男性に会うと酒を飲まされ、酩酊状態になるとこの男性は女性をホテルに連れ込んで関係を持たされたと主張している。また、現在は就活生を食い物にするセクハラ被害も起きているという。


スポーツ報知

スポーツ報知では、あす再放送の「いだてん」ではピエール瀧容疑者の出演シーンをカットして放送することを発表したと報じた。また出演している映画「居眠り磐音」では、該当出演ヵ所の撮り直しが決まったという。「麻雀放浪記2020」は公開する方向で最終調整している。スタジオでは、人に罪があっても作品に罪はないことについてもっと検討すべきだと話した。


厚労省

石丸さんは、覚醒剤のように切れたときのダメージが弱いので自然と着陸しているような印象。ただ、重度の依存状態になってくると切れている状態が我慢できなくなると話した。厚労省によると、コカイン事犯検挙社者数は2017年で185人で2013年の3倍以上だという。


スポーツニッポン

スポーツニッポンによると、ピエール瀧容疑者が所属する電気グルーヴは今年紅白の”登竜門”とされる音楽番組「SONGS」に初出演した。しかし今では番組ホームページの放送リストから削除され、紅白の舞台に立つ夢も立ち消えたと伝えた。


カンガルー

オーストラリア・キャンベラではパラシュートから着陸する瞬間が撮影されていたが、着陸しようとした瞬間を男性は野生のカンガルーに攻撃されてしまった。