ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するその他の情報 2088件中 51〜60件目

心停止

南米原産のコカの木の葉を原産とするコカイン。使用経験のある館山ダルクの十枝晃太郎さんは使用すると非日常的な快感が得られ、気分が高揚し眠気や疲労感がなくなるなどの効果がある。高濱良次氏はコカインは覚醒剤に比べ短時間で高い効果が得られる一方で効果の持続が短く、使用回数が多くなり常習性が高くなるという。コカインの乱用を続けると幻覚などの精神障害が表れたり、虫が皮膚内を動き回っているような不快感が襲われるという。更に大量に使用した場合、呼吸麻痺や心停止により死亡する場合もある。十枝さんはやめることは簡単ではなく、やめたとしても後が苦しい。やってもやめても地獄の状態が続いてそこから抜け出すの難しいと話す。同じく違法薬物使用などで有罪判決を受けた清原和博さんも、薬物依存症に関するイベントで一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では難しいと話す。高濱氏は体内に残留する期間が短いため判断を間違うと出てこないケースが起こってくる。また覚醒剤より手を染める人が少ないため情報が漏れにくいとした。


呼吸麻痺

南米原産のコカの木の葉を原産とするコカイン。使用経験のある館山ダルクの十枝晃太郎さんは使用すると非日常的な快感が得られ、気分が高揚し眠気や疲労感がなくなるなどの効果がある。高濱良次氏はコカインは覚醒剤に比べ短時間で高い効果が得られる一方で効果の持続が短く、使用回数が多くなり常習性が高くなるという。コカインの乱用を続けると幻覚などの精神障害が表れたり、虫が皮膚内を動き回っているような不快感が襲われるという。更に大量に使用した場合、呼吸麻痺や心停止により死亡する場合もある。十枝さんはやめることは簡単ではなく、やめたとしても後が苦しい。やってもやめても地獄の状態が続いてそこから抜け出すの難しいと話す。同じく違法薬物使用などで有罪判決を受けた清原和博さんも、薬物依存症に関するイベントで一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では難しいと話す。高濱氏は体内に残留する期間が短いため判断を間違うと出てこないケースが起こってくる。また覚醒剤より手を染める人が少ないため情報が漏れにくいとした。


館山ダルク

南米原産のコカの木の葉を原産とするコカイン。使用経験のある館山ダルクの十枝晃太郎さんは使用すると非日常的な快感が得られ、気分が高揚し眠気や疲労感がなくなるなどの効果がある。高濱良次氏はコカインは覚醒剤に比べ短時間で高い効果が得られる一方で効果の持続が短く、使用回数が多くなり常習性が高くなるという。コカインの乱用を続けると幻覚などの精神障害が表れたり、虫が皮膚内を動き回っているような不快感が襲われるという。更に大量に使用した場合、呼吸麻痺や心停止により死亡する場合もある。十枝さんはやめることは簡単ではなく、やめたとしても後が苦しい。やってもやめても地獄の状態が続いてそこから抜け出すの難しいと話す。同じく違法薬物使用などで有罪判決を受けた清原和博さんも、薬物依存症に関するイベントで一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では難しいと話す。高濱氏は体内に残留する期間が短いため判断を間違うと出てこないケースが起こってくる。また覚醒剤より手を染める人が少ないため情報が漏れにくいとした。


麻薬取締部

コカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者は容疑を認めている。八代は「入手経路を話すのは相当な決意がないとできない、反社会勢力による報復の恐れもある」とした上で「決別するためには経路を話さなければならない」と語った。以前に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原氏は現在通院治療中で今月6日、厚生労働省が開いた「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」に出席。そこで薬物依存について「やめ続けるのは自分自身では難しい、自分を追い詰める苦しみの日々だった」などと語っている。高濱は「本人がやめる強い意思と家族が支えることで立ち直るパーセンテージは上がる」などとコメント。また「1回でも絶対にダメ」と使用で人生転落が始まると警告した。


厚生労働省

コカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者は容疑を認めている。八代は「入手経路を話すのは相当な決意がないとできない、反社会勢力による報復の恐れもある」とした上で「決別するためには経路を話さなければならない」と語った。以前に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原氏は現在通院治療中で今月6日、厚生労働省が開いた「依存症の理解を深めるための普及啓発イベント」に出席。そこで薬物依存について「やめ続けるのは自分自身では難しい、自分を追い詰める苦しみの日々だった」などと語っている。高濱は「本人がやめる強い意思と家族が支えることで立ち直るパーセンテージは上がる」などとコメント。また「1回でも絶対にダメ」と使用で人生転落が始まると警告した。


厚生労働省

清原和博氏(51)が3年ぶり公の場に登場。厚生労働省が主催した「誤解だらけの依存症 in 東京」に登壇し、清原さんは「薬物を使っているときは薬物を使うために嘘をつき自分をどんどん追い詰めていってしまい苦しみの日々だった」と語った。客席から清原にエールの言葉も送られた。


厚生労働省

今週水曜日、厚生労働省主催のイベント「誤解だらけの”依存症”in東京」に清原和博が登壇した。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予4年の有罪判決を受けた。今も2週間に一度病院に通い、治療を続けているという。清原さんは「自分の力で薬物をやめ続けることは難しい。専門の病院に行ってほしい」と語った。


薬物依存

6日、元プロ野球選手の清原和博さんが厚労省主催イベント「誤解だらけの”依存症”」に出席。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決が確定しており、約3年ぶりの公の場となった。治療中だという依存症の苦しみについて清原さんはイベントに出ることは躊躇しなかったのかと聞かれると「自分のように苦しんでいる人のためになればと思い、すぐ自分で出席を決めた」と述べている。依存症の治療を受けようと思ったのは、ひとつの大きなきっかけとして「逮捕されたこと」を挙げている。清原さんは約2週間に1回病院に通っており、治療を受けてよかったと語っている。清原さんは薬物で悩んでいる人たちに対しては「止め続けるのは非常に難しい。自分の身近な人にものを言えることが自分がいま変わったことだと思う」などと述べている。


厚生労働省

6日、元プロ野球選手の清原和博さんが厚労省主催イベント「誤解だらけの”依存症”」に出席。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決が確定しており、約3年ぶりの公の場となった。治療中だという依存症の苦しみについて清原さんはイベントに出ることは躊躇しなかったのかと聞かれると「自分のように苦しんでいる人のためになればと思い、すぐ自分で出席を決めた」と述べている。依存症の治療を受けようと思ったのは、ひとつの大きなきっかけとして「逮捕されたこと」を挙げている。清原さんは約2週間に1回病院に通っており、治療を受けてよかったと語っている。清原さんは薬物で悩んでいる人たちに対しては「止め続けるのは非常に難しい。自分の身近な人にものを言えることが自分がいま変わったことだと思う」などと述べている。


国立精神・神経医療研究センター

気になる人物トップ10要注目人物、清原和博氏。今週水曜日、都内で薬物などの依存症について理解を深めるイベントが開かれ、2016年に覚醒剤取締法違反で懲役2年6か月の刑が確定し現在も依存症の治療を受けている元プロ野球選手の清原和博氏がゲストとして登壇した。自身の体験を赤裸々に語り、約2週間に一回病院に通って薬物について勉強したりしているなどと述べた。また薬物で悩んでいる人たちに向けて「一時的に止められても止め続けるのは自分では難しいと思います、勇気を出して専門の病院に行って欲しい」などとコメントした。自分が辛いのだと言える環境があることが一番大きいという。