ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連するその他の情報 2088件中 61〜70件目

厚生労働省

気になる人物トップ10要注目人物、清原和博氏。今週水曜日、都内で薬物などの依存症について理解を深めるイベントが開かれ、2016年に覚醒剤取締法違反で懲役2年6か月の刑が確定し現在も依存症の治療を受けている元プロ野球選手の清原和博氏がゲストとして登壇した。自身の体験を赤裸々に語り、約2週間に一回病院に通って薬物について勉強したりしているなどと述べた。また薬物で悩んでいる人たちに向けて「一時的に止められても止め続けるのは自分では難しいと思います、勇気を出して専門の病院に行って欲しい」などとコメントした。自分が辛いのだと言える環境があることが一番大きいという。


気になる人物トップ10

気になる人物トップ10要注目人物、清原和博氏。今週水曜日、都内で薬物などの依存症について理解を深めるイベントが開かれ、2016年に覚醒剤取締法違反で懲役2年6か月の刑が確定し現在も依存症の治療を受けている元プロ野球選手の清原和博氏がゲストとして登壇した。自身の体験を赤裸々に語り、約2週間に一回病院に通って薬物について勉強したりしているなどと述べた。また薬物で悩んでいる人たちに向けて「一時的に止められても止め続けるのは自分では難しいと思います、勇気を出して専門の病院に行って欲しい」などとコメントした。自分が辛いのだと言える環境があることが一番大きいという。

気になる人物トップ10第6位は建築家の磯崎新氏。磯崎新氏は1931年に大分市に生まれ、東京大学工学部建築学科で丹下健三氏に師事し同門の黒川紀章氏らと競い合う中で注目される事になった。1963年に磯崎新アトリエを設立し、ポストモダン建築を牽引した。1983年設計のつくばセンタービルでは中世ヨーロッパ風の広場を作るなど斬新な建築物を作り続けてきた。こうした功績により今週火曜日建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞に選ばれた。選出理由について「有意義な建築を探求し続けている磯崎氏は様式の範囲に抗う質の高い建物を生み出してきた」としている。日本人でのプリツカー賞の受賞者は磯崎市で8人目で、師匠の丹下氏や同門の槇文彦氏も受賞している。磯崎氏は「受賞は光栄であり感謝します」などとコメントした。受賞式は5月にフランスで行われる予定となっている。

気になる人物トップ10第5位は金正恩委員長とトランプ大統領。今週火曜日、ベトナムでの米朝首脳会談を終えた金正恩委員長が平壌に到着した。非核化に向けて何の合意も得られず物別れに終わった首脳会談について労働新聞では「アメリカに責任があると一様に主張し残念に思ってため息を禁じ得ないでいる」と初めて伝えた。米朝首脳会談の時には非核化の意思を見せていた金正恩委員長だが、その裏で北朝鮮はミサイル施設の復旧作業を行っていた可能性があるという。38ノースが衛星画像からエンジン実験場の復旧などを確認し、これらが先月16日以降に行われたと分析し正常な稼働状況に戻ったとしている。そんな北朝鮮についてトランプ大統領は「もし再建していたりしたら金委員長に対して大いに失望する」と語り北朝鮮の動きを1年間は見守る姿勢を見せた。

気になる人物トップ10第4位は泉房穂前市長。おととい支持者を集めて出馬宣言を行ったが、会の冒頭登壇し謝罪の言葉を述べ涙を流しながら時期市長選への出馬を表明した。泉氏は先月明石駅南の道路の拡張工事を巡る職員への暴言問題で辞職しており、当初批判が相次いだが市民を思いやる発言もあった事も明らかになると地元では暴言の真意に理解を示す声が出始めた。泉氏は市長就任後関西の自治体で初となる第2子以降の保育料無料を実現化するなど人にやさしいまちづくりを進めたという。辞職後これまでは立候補について明言することはなかった。


薬物依存症

厚生労働省主催するの薬物などの依存症への啓発イベントに清原さんは出演しているが、厚労省はこの起用について社会的認知度が高く依存症についてより広く知ってもらえるためだとしている。清原さんはこれを受けて厚労省に治療が認められたと思うとうれしいと話し、苦しんでいる人のためになればと思って決めたのだという。出席は5分となっていたもののここでは治療について話していて、薬物について勉強したことで自分の状況を理解できたと話していた。この治療について高濱さんは医学的な治療について認識することで自身の状況を認識することとなり、恐ろしいことだと認識することができると話していた。また、清原さんはかつては薬物を使うためにウソをついてしまっていたが、今は辛いと言えるのが大きいと振り返っていた。東国原さんは厚労省も身辺調査はしているので更生は出来ているのではないかと話していて、高濱さんもウソをつくことで周りからの信頼を失うと孤独になり薬に助けを求めてしまうと見ていた。

また、清原さんは自身の著書では一度薬をやり始めると自分から薬に寄って逃げるという日々となり、家族との距離ができ、薬物疑惑の報道が出ると家がもぬけの殻となったと振り返り、薬物の欲求は突然襲ってくると綴っていた。高濱さんは一生戦うことになると話していて、回復状態にありながらも苦しいと述べ続ける形となっていた。清原さんはやめ続けるのは難しいと述べて、病院で治療してほしいと呼びかけている。一方清原さんと同席した医師の松本さんは自分のことを話すのは回復のために大事・やめ続けている事を見てもらうことは励みになると話していた。一方スタジオでは清原さんにはタトゥーを消してほしいということが話題に上がっていた。


厚生労働省

厚生労働省主催するの薬物などの依存症への啓発イベントに清原さんは出演しているが、厚労省はこの起用について社会的認知度が高く依存症についてより広く知ってもらえるためだとしている。清原さんはこれを受けて厚労省に治療が認められたと思うとうれしいと話し、苦しんでいる人のためになればと思って決めたのだという。出席は5分となっていたもののここでは治療について話していて、薬物について勉強したことで自分の状況を理解できたと話していた。この治療について高濱さんは医学的な治療について認識することで自身の状況を認識することとなり、恐ろしいことだと認識することができると話していた。また、清原さんはかつては薬物を使うためにウソをついてしまっていたが、今は辛いと言えるのが大きいと振り返っていた。東国原さんは厚労省も身辺調査はしているので更生は出来ているのではないかと話していて、高濱さんもウソをつくことで周りからの信頼を失うと孤独になり薬に助けを求めてしまうと見ていた。


薬物依存

厚生労働省のイベントにサプライズ登場し薬物依存の恐怖を語った。2016年に覚醒剤所持で逮捕され、保釈金500万で保釈入院。初公判は20席の傍聴席に対し3769人が希望した。執行猶予中にイベントに登場した。(サンケイスポーツ)

厚生労働省主催の「誤解だらけの”依存症”in東京」に清原和博が登場した。清原は「逮捕されて3年、コツコツ治療して厚労省の方に認めてもらったと思うとうれしい」などと話した。今も受けている専門病院での治療について薬物など勉強していくうちに”自分はこうだったんだ”と理解できたという。「いろんな人に支えられている。苦しみの日々だった。近くの人に苦しいと言える環境が一番大きい」と話した。薬物に悩む人について「自分自身ではやめ続けることは非常に難しい。専門の病院に行ってほしい」と話した。

このあと:薬物依存の恐怖を深掘りする


厚生労働省

厚生労働省のイベントにサプライズ登場し薬物依存の恐怖を語った。2016年に覚醒剤所持で逮捕され、保釈金500万で保釈入院。初公判は20席の傍聴席に対し3769人が希望した。執行猶予中にイベントに登場した。(サンケイスポーツ)

厚生労働省主催の「誤解だらけの”依存症”in東京」に清原和博が登場した。清原は「逮捕されて3年、コツコツ治療して厚労省の方に認めてもらったと思うとうれしい」などと話した。今も受けている専門病院での治療について薬物など勉強していくうちに”自分はこうだったんだ”と理解できたという。「いろんな人に支えられている。苦しみの日々だった。近くの人に苦しいと言える環境が一番大きい」と話した。薬物に悩む人について「自分自身ではやめ続けることは非常に難しい。専門の病院に行ってほしい」と話した。


国立精神・神経医療研究センター

元プロ野球選手の清原和博さんがきのう薬物依存症についての厚生労働省のイベントに登場し、治療を今も続けていると明かし怖さや苦しみについて語った。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた。清原さんは薬物は一時的に止められてもやめ続けることは難しい、薬物を使っているときはほぼ苦しみの日々だったと話した。


厚生労働省

元プロ野球選手の清原和博さんがきのう薬物依存症についての厚生労働省のイベントに登場し、治療を今も続けていると明かし怖さや苦しみについて語った。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた。清原さんは薬物は一時的に止められてもやめ続けることは難しい、薬物を使っているときはほぼ苦しみの日々だったと話した。


薬物依存

覚醒剤を使用した罪で有罪判決を受け現在執行猶予中の清原和博さんが「誤解だらけの“依存症“in東京」に登場。3年前の判決以来初めて公の場に姿を見せた。少しでも自分のように苦しんでいる人のためになればという思いで自分で決めたという。薬物依存から脱却するために治療をしている。2週間に1度病院に通いテキストや薬物について勉強し状況を理解した、薬物は一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では非常に難しい、勇気を出して専門の病院に行ってほしいと呼び掛けた。


厚生労働省

覚醒剤を使用した罪で有罪判決を受け現在執行猶予中の清原和博さんが「誤解だらけの“依存症“in東京」に登場。3年前の判決以来初めて公の場に姿を見せた。少しでも自分のように苦しんでいる人のためになればという思いで自分で決めたという。薬物依存から脱却するために治療をしている。2週間に1度病院に通いテキストや薬物について勉強し状況を理解した、薬物は一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では非常に難しい、勇気を出して専門の病院に行ってほしいと呼び掛けた。