ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「依存症」の検索結果

「依存症」に関連する情報 2436件中 61〜70件目

東京地裁

今日午後10時頃被告は裁判所に入っていった。被告は覚醒剤使用の罪で起訴された。今日は母親である三田佳子さんが主演を務める朗読劇「九十歳。何がめでたい」の公開稽古が報道陣に披露される日だった。2ヶ月前覚醒剤を巡って4度目の逮捕となった被告に三田さんは、親としてはもう力及ばずとコメントしていた。被告は1998年に1度目の逮捕をされた。三田さんは当時の会見で原因究明は私が人生をかけて子供と一緒にやっていきたいと語っていたがこの2年後に覚醒剤の使用で2度目の逮捕をされた。更に2007年にも覚醒剤で3度目の逮捕となり実刑判決が下された。この時に謝罪会見を開いた三田さんはどうすれば立ち直らせることができるのかなどと泣きながらコメントしていた。今年9月渋谷区の自宅で覚醒剤を使用した罪に問われている被告は今日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた上で「自分のおろかさと心の弱さに非常に情けない」と述べた。検察側は常習性を指摘し再犯の可能性が極めて大きいことから懲役2年6ヶ月を求刑した。被告は罪を償っていつか依存症をカバーできる人間になっていきたいと述べ謝罪をして裁判は即日結審された。判決は来月13日に言い渡される。


窃盗症

JNNはマラソン元日本代表・原裕美子被告に単独インタビューを行った。被告は去年11月、化粧品などを万引きした罪で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けわずか3カ月後にスーパーで菓子などを万引きしたとして逮捕・起訴された。高校卒業後、マラソン漬けの毎日を送っていた被告は監督からとにかく減量する事を求められ水すら飲む事を制限され十分に食べる事ができない衝動から摂食障害を患った。「成績を残さなければならない」という重圧から逃れるため万引きを繰り返すようになった。被告は医師から盗みや万引きを止められない窃盗症と指摘された事から現在は同じような依存症に悩む人たちを支援する施設に通っている。さらに事件後、窃盗症の事情も理解した上で雇った千葉県の会社で事務職として勤務している。今は万引きしなくなったという。


摂食障害

JNNはマラソン元日本代表・原裕美子被告に単独インタビューを行った。被告は去年11月、化粧品などを万引きした罪で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けわずか3カ月後にスーパーで菓子などを万引きしたとして逮捕・起訴された。高校卒業後、マラソン漬けの毎日を送っていた被告は監督からとにかく減量する事を求められ水すら飲む事を制限され十分に食べる事ができない衝動から摂食障害を患った。「成績を残さなければならない」という重圧から逃れるため万引きを繰り返すようになった。被告は医師から盗みや万引きを止められない窃盗症と指摘された事から現在は同じような依存症に悩む人たちを支援する施設に通っている。さらに事件後、窃盗症の事情も理解した上で雇った千葉県の会社で事務職として勤務している。今は万引きしなくなったという。


JNN

JNNはマラソン元日本代表・原裕美子被告に単独インタビューを行った。被告は去年11月、化粧品などを万引きした罪で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けわずか3カ月後にスーパーで菓子などを万引きしたとして逮捕・起訴された。高校卒業後、マラソン漬けの毎日を送っていた被告は監督からとにかく減量する事を求められ水すら飲む事を制限され十分に食べる事ができない衝動から摂食障害を患った。「成績を残さなければならない」という重圧から逃れるため万引きを繰り返すようになった。被告は医師から盗みや万引きを止められない窃盗症と指摘された事から現在は同じような依存症に悩む人たちを支援する施設に通っている。さらに事件後、窃盗症の事情も理解した上で雇った千葉県の会社で事務職として勤務している。今は万引きしなくなったという。


月間「創」

情状証人として「琉球GAIA」の男性が出てきた。琉球GAIAは依存症の回復施設。男性は「彼は家族と離れることがキーポイント」と話したとのこと。出演者は「お母さんは最初は育て方が悪かったと言っていたが、最近では本人の責任だと言っている。その通りだと思うし本人も気づいているはず」と話した。被告人は病気のため刑の一部執行猶予が適用になる可能性がある。この制度は一定期間を服役すれば出所でき、残りの期間は社会で更生を図るもの。対象は薬物事件で実刑になる人など。出演者は「刑務所内では薬物依存は治らないため、出所後に専門プログラムを受ける」などと述べた。被告を20年間取材している記者によると、薬物に再び手を出した原因を「去年妻と別居し子供と会えなくなったことがきっかけ」と話していた。留置所内から両親に手紙を書いて謝ったと言っていたという。


琉球GAIA

情状証人として「琉球GAIA」の男性が出てきた。琉球GAIAは依存症の回復施設。男性は「彼は家族と離れることがキーポイント」と話したとのこと。出演者は「お母さんは最初は育て方が悪かったと言っていたが、最近では本人の責任だと言っている。その通りだと思うし本人も気づいているはず」と話した。被告人は病気のため刑の一部執行猶予が適用になる可能性がある。この制度は一定期間を服役すれば出所でき、残りの期間は社会で更生を図るもの。対象は薬物事件で実刑になる人など。出演者は「刑務所内では薬物依存は治らないため、出所後に専門プログラムを受ける」などと述べた。被告を20年間取材している記者によると、薬物に再び手を出した原因を「去年妻と別居し子供と会えなくなったことがきっかけ」と話していた。留置所内から両親に手紙を書いて謝ったと言っていたという。


被告の男は国内の南の島にある依存症からの回復をサポートする施設に滞在。そこでレクリエーションしている様子がきのう報じられた。被告の男が寮で暮らす人や施設のスタッフと会話する動画を公開された。被告の男と20年間親交を持つ月刊「創」の編集長にインタビューをした。今回の逮捕後も勾留中に3度面会、保釈後も電話でやりとりをしたという。そして母・三田佳子さんとも手紙でやりとりをしたそう。ある心境の変化を感じとったという。三田さんは一度も面会に行かず、息子と距離を置く決断をしたという。息子を突き放し、女優として生きていく決意を語っていた。被告の男に対しての求刑は懲役2年6ヵ月、来月13日に判決予定。


創出版

被告の男は国内の南の島にある依存症からの回復をサポートする施設に滞在。そこでレクリエーションしている様子がきのう報じられた。被告の男が寮で暮らす人や施設のスタッフと会話する動画を公開された。被告の男と20年間親交を持つ月刊「創」の編集長にインタビューをした。今回の逮捕後も勾留中に3度面会、保釈後も電話でやりとりをしたという。そして母・三田佳子さんとも手紙でやりとりをしたそう。ある心境の変化を感じとったという。三田さんは一度も面会に行かず、息子と距離を置く決断をしたという。息子を突き放し、女優として生きていく決意を語っていた。被告の男に対しての求刑は懲役2年6ヵ月、来月13日に判決予定。


東京サイトのホームページ


東京都立中部総合精神保健福祉センター

東京都立中部総合精神保健福祉センターで薬物依存症についてきいた。薬物の種類には大きく分けて、覚醒剤やコカインといった興奮系の薬物、大麻・向精神薬・抗不安薬や睡眠導入剤などの抑制系の薬物がある。長期に使用すると、脳神経細胞が死滅してしまう。また、薬物を乱用し依存症になると自分で量をコントロールできなくなる。薬物依存症はきちんとした治療を受ければ立ち直り、健全な生活を送ることができる。