ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「倉持麟太郎」の検索結果

「倉持麟太郎」に関連する情報 72件中 1〜10件目

スポーツニッポン

去年9月、山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士に週4の密会報道が出た。2人は不倫を否定し、山尾議員は選挙に僅差で当選し倉持氏を政策顧問にした。倉持氏は騒動の約2ヶ月後に離婚した。妻は病気療養中で2歳の長男の親権は倉持氏の元にあるという。しかし今週、山尾議員が国会で犯罪被害者の子供の負担を減らす提言をした事に対し、ネットから批判の声が噴出した。また山尾議員は、元妻が複数のメディアのインタビューに応じたことが守秘義務の違反だとして、口外しないと確約しなければ子供との面会交流を見合わせるという文書を元妻へと出していた。


国会議事堂前

去年9月、山尾志桜里議員と倉持麟太郎弁護士に週4の密会報道が出た。2人は不倫を否定し、山尾議員は選挙に僅差で当選し倉持氏を政策顧問にした。倉持氏は騒動の約2ヶ月後に離婚した。妻は病気療養中で2歳の長男の親権は倉持氏の元にあるという。しかし今週、山尾議員が国会で犯罪被害者の子供の負担を減らす提言をした事に対し、ネットから批判の声が噴出した。また山尾議員は、元妻が複数のメディアのインタビューに応じたことが守秘義務の違反だとして、口外しないと確約しなければ子供との面会交流を見合わせるという文書を元妻へと出していた。


婦人公論

きょう衆院本会議に出席した立憲民主党 山尾衆院議員が倉持麟太郎弁護士とのW不倫疑惑を報道されて半年、倉持氏の元妻が週刊文春のインタビューに応じた。元妻の女性は2人が不倫していたと思っているといい、不倫疑惑が報道されるため家族3人で仲良く生活しておりまさかという感じだと語った。週刊文春に掲載された手記にはその辛い思いがつづられている。そして番組が独自に入手したLINEのやりとりから、倉持弁護士が山尾議員と密会する中で隠しながら元妻と接していた可能性が出てきた。当時 山尾議員と倉持弁護士が別れた直後に山尾議員に取材していた週刊文春の情報とつきあわせると、2人の密会と同時間帯に帰宅が遅れるなどがされていた事となる。倉持弁護士は山尾議員の政策顧問として活動しており、2人は以前に婦人公論の対談で「ライバルでありパートナー」などとして強い絆がある事を語っていた。山尾議員は政治家として「待機児童問題」に注力していた。しかしこうした山尾議員の姿勢に母親たちは違和感を覚えたという。倉持氏の自宅兼事務所へ取材へ行ったが、屋内に誰かいる様子はあったが話を聞くことはできなかった。はたして元妻の女性による山尾議員に対する慰謝料請求の動きは今後どんな展開を見せるのか。


週刊文春

きょう衆院本会議に出席した立憲民主党 山尾衆院議員が倉持麟太郎弁護士とのW不倫疑惑を報道されて半年、倉持氏の元妻が週刊文春のインタビューに応じた。元妻の女性は2人が不倫していたと思っているといい、不倫疑惑が報道されるため家族3人で仲良く生活しておりまさかという感じだと語った。週刊文春に掲載された手記にはその辛い思いがつづられている。そして番組が独自に入手したLINEのやりとりから、倉持弁護士が山尾議員と密会する中で隠しながら元妻と接していた可能性が出てきた。当時 山尾議員と倉持弁護士が別れた直後に山尾議員に取材していた週刊文春の情報とつきあわせると、2人の密会と同時間帯に帰宅が遅れるなどがされていた事となる。倉持弁護士は山尾議員の政策顧問として活動しており、2人は以前に婦人公論の対談で「ライバルでありパートナー」などとして強い絆がある事を語っていた。山尾議員は政治家として「待機児童問題」に注力していた。しかしこうした山尾議員の姿勢に母親たちは違和感を覚えたという。倉持氏の自宅兼事務所へ取材へ行ったが、屋内に誰かいる様子はあったが話を聞くことはできなかった。はたして元妻の女性による山尾議員に対する慰謝料請求の動きは今後どんな展開を見せるのか。

山尾議員不倫疑惑についてスタジオトーク。現在弁護士の元妻が山尾議員に慰謝料請求する流れになっているが今回の騒動は去年の9月7日週刊誌で密会があったのではないと報道されたが番組は8月31日から9月1日までの弁護士と元妻とのLINEのやりとりを取材で入手した。去年の8月31日、弁護士は打ち合わせなど仕事。山尾議員は赤坂で代表選決起集会後弁護士の自宅近くのレストランで食事をしたと報じられている。同じ時間帯に送ったLINEは元妻の居場所を確認したかったような内容。食事中にもLINEを送っていたがその後店を出て時間差で弁護士の自宅へ。約5時間2人で過ごすと報じられている。議員と2人で自宅にいるときも元妻に体を気遣うようなLINEを送っていた。LINEの内容は中の良い夫婦のやりとり。9月1日午前2時半に議員が弁護士の自宅を出てすぐ元妻に午前3時すぎまでLINEを送っていた。 コメンテーターはこのあと山尾議員は選挙に当選し弁護士も離婚が成立している。成立しているということは親権や慰謝料などの問題が解決したということ。LINEの中身まで検証しないといけない事態なんだろうか、何が問題なのかと話し、この後に出てくる親権を取り戻したいということに関係してくると話した。

山尾議員に対する慰謝料の請求というのはこういう形でありうるのか質問し、週刊文春に報じられている内容からすると十分有りえるとコメンテーターは話した。裁判のポイントになるのが元夫婦で離婚が成立し清算が終わっているが内容として不倫を認めてそれに対しての慰謝料を払うなら問題は解決済みなので新たに請求することは出来ないが不倫を認めていないのであれば新たに山尾議員に請求することができるとコメントした。元妻からすると一言でも謝罪がほしいというのが今回の慰謝料請求の根底にあると話したが謝罪をすれば済む話かというと法律的には謝罪を求める請求権ではないため形式的には慰謝料の請求になる。和解として謝罪をして終わる可能性もある。もう一つのポイントとして親権を取る戻せるかどうかについて。息子の親権は現在元弁護士にある。元妻は息子だけでも手許に戻してほしいとしている。一度親権を夫婦の間で決めた以上は家庭裁判所の手続きで変更すべきと認めない限り出来ない。認められるかどうかについてはパターンがあり、虐待や子供を育てられるようになったなど。元妻は当時は体調が良くなく育児に不安があったが今は回復して子供を育てたいということ。子供を育てられるようになったので親権を取り戻せる可能性はあると話した。


週刊文春

山尾志桜里衆院議員とのW不倫を報じられた弁護士の倉持麟太郎氏の妻が不倫騒動について激白した。妻は議員に対し慰謝料を請求する準備を進めているという。不倫報道を否定しながらも離党した山尾議員は去年10月の衆院選に無所属で出馬し当選した。しかしこの直後不倫疑惑の相手である倉持弁護士を自身の政策顧問に指名した。倉持氏と離婚した妻は心身ともに弱り、長男は倉持氏が引き取ることになり、元妻は子供との生活だけは返してほしいと話した。


週刊文春

週刊文春が報じた倉持麟太郎弁護士と山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑について、倉持麟太郎弁護士を追及する元妻のLINEでのやりとりが流出。夫婦の披露宴の写真が隠されていた、夫の食べないポテトチップスが家にあったなどと指摘したという。本人は迎えに来ただけ、玄関から家に入ってきていないなどと否定している。田村勇人氏が、元妻の要求は元夫が謝罪さえしてくれればよいということになっていると解説した。


記憶障害

小室哲哉さんの妻・KEIKOさんは2011年くも膜下出血を発症し、記憶障害などの後遺症もあるため現在も闘病中で、そのようすは小室哲哉さんのインスタグラムなどでも伝えられている。去年には中川俊直元衆院議員の重婚報道や弁護士・倉持麟太郎氏と山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑など、妻が闘病中の不倫について相次いで報道された。こうした不倫報道について、「夫婦でいる意味がない」など厳しい街の声が飛び交う一方で、療養期間が長かった事から介護経験者を中心に同情する意見もあった。小室さんの所属事務所は不倫報道について、「プライベートは本人に任せている、本人が否定している事を信用して対応する」などと述べている。小室さんはきょう記者会見を行う予定である。


くも膜下出血

小室哲哉さんの妻・KEIKOさんは2011年くも膜下出血を発症し、記憶障害などの後遺症もあるため現在も闘病中で、そのようすは小室哲哉さんのインスタグラムなどでも伝えられている。去年には中川俊直元衆院議員の重婚報道や弁護士・倉持麟太郎氏と山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑など、妻が闘病中の不倫について相次いで報道された。こうした不倫報道について、「夫婦でいる意味がない」など厳しい街の声が飛び交う一方で、療養期間が長かった事から介護経験者を中心に同情する意見もあった。小室さんの所属事務所は不倫報道について、「プライベートは本人に任せている、本人が否定している事を信用して対応する」などと述べている。小室さんはきょう記者会見を行う予定である。


週刊文春

週刊文春によって報じられた小室哲哉さん(59)と30代の看護師による不倫報道で、出会いのきっかけとなったという「にんにく注射」について、新橋日比谷通りクリニック 吉原秀樹院長に話を聞いた。にんにく注射とは にんにくエキスそのものを注射するのではなく、基本的にはビタミンB1であり、鼻の粘膜でにんにくの匂いを感じる事による呼称であるという。体のエネルギーを作るのにビタミンB1は重要な酵素で、ビタミンによって疲労物質を分解する働きなどがある。上路リポーターが実際に注射を行うと20秒足らずでにんにくの匂いを感じ、眠気が覚めてくるような、視界がスッキリする感覚すると感想を述べた。注射の所要時間は約2分だったが、小室哲哉さんは週刊文春で看護師の女性と多いときだと7時間2人きりでいたなどと話している。また吉原院長は「いまは訪問看護士という職もあり、必ずしも医者同席という事ではない」と話した。また「通常に訪問するのは医療機関内、または患者さまの自宅であり、それ以外の職場はあまりないと思う」、「体への負担を少なくするため“7時間”かけて点滴を行うことも可能性としてある」などとも話している。

小室哲哉さんの妻・KEIKOさんは2011年くも膜下出血を発症し、記憶障害などの後遺症もあるため現在も闘病中で、そのようすは小室哲哉さんのインスタグラムなどでも伝えられている。去年には中川俊直元衆院議員の重婚報道や弁護士・倉持麟太郎氏と山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑など、妻が闘病中の不倫について相次いで報道された。こうした不倫報道について、「夫婦でいる意味がない」など厳しい街の声が飛び交う一方で、療養期間が長かった事から介護経験者を中心に同情する意見もあった。小室さんの所属事務所は不倫報道について、「プライベートは本人に任せている、本人が否定している事を信用して対応する」などと述べている。小室さんはきょう記者会見を行う予定である。


婦人公論

婦人公論で山尾志桜里と倉持麟太郎の対談の記事がでた。記事のタイトルは「どんなに批判されても、私が倉持さんを選ぶ理由」。2016年不倫辞職した宮崎謙介について山尾志桜里は批判をしていた。W不倫疑惑が報道された際にはホテルについては、私1人で宿泊した、男女の関係はないなどと否定している。衆院選で当選し改めて不倫疑惑について聞かれたときは、必要な説明はやってきた、公私のラインは引かせてもらうなどとしている。当選したことについては一定の有権者の信託をいただいたなどと話している。倉持麟太郎を政策顧問に任命したことについて東国原英夫はなぜ潔白を証明しないのかなどとコメントしている。政策顧問の任命をわざわざ発表する人はいないという、疑惑はないという宣言でもあると見られている。倉持麟太郎を政策顧問に任命したことについては安倍政権の権力を肥大化する憲法改正を止めるためとしている。倉持麟太郎も二人のこれまでの仕事を止めることはできないなどとコメントしている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (72)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD (2)
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (6)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (64)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。