ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連するイベント情報 1400件中 1〜10件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

松嶋は東京オリンピックチケットの購入方法について観覧客に尋ねるも、リアクションは薄かった。子供がサッカーしているのでサッカーのチケットを申し込む考えを明かし、日本戦のチケットは競争率が高いとしてフランス代表の試合に注目。だが、よくよく調べると予選を観戦するなら飛行機代など交通費、宿泊費が馬鹿にならず、オフシーズンにフランスまで見に行った方が安上がりだといい、松嶋はオリンピックへの熱が冷めたという。それでも確実に観戦するならサッカー番組のリポーター枠があると考え、松嶋は「オリンピックまでにサッカー番組のレギュラーを獲るしかない」と野望を語った。

松嶋は東京オリンピックの開催中は交通規制が敷かれたり、混雑、駐車料金が高いなどデメリットを挙げ、チケットの申し込みなど詳しく説明して欲しいと要望した。また、鶴瓶と松嶋は印象深い選手について話すも、競泳でトークが滞った。観覧客が助け舟を出し、入江陵介であることが判明。松嶋にとってペットボトルを額に乗せながら背泳ぎするのが印象深いという。


「入江陵介」に関連するイベント情報

FINAチャンピオンズ・スイムシリーズ2019

賞金レース「FINAチャンピオンズ・スイムシリーズ2019」の男子100m背泳ぎに入江陵介が出場し、徐嘉余に次ぐ2位となった。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

松本薫さんらが東京・世田谷区の小学校で「東京2020 算数ドリル」を配った。ドリルには、入江陵介選手らが問題を出題しており、東京オリンピック・パラリンピックの全55競技にちなんだ問題で構成されている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

松本薫さんらが東京・世田谷区の小学校で「東京2020 算数ドリル」を配った。ドリルには、入江陵介選手らが問題を出題しており、東京オリンピック・パラリンピックの全55競技にちなんだ問題で構成されている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界選手権

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。男子400m個人メドレー決勝で瀬戸大也選手が優勝し、世界選手権代表に内定した。瀬戸選手は「世界選手権で世界王座にもう一度返り咲くのが今年の目標なので、自分を信じて戦いたいと思います」とコメントした。

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。女子400m個人メドレー決勝に大橋悠依選手が登場。池江璃花子不在の中、エースとして注目される大橋選手が優勝し、世界選手権お代表に内定した。日本記録には届かなかったが、個人メドレーの2種目で3連覇を果たした。

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。入江陵介選手が男子50m背泳ぎで優勝し、自身初の背泳ぎ3冠を達成した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。男子400m個人メドレー決勝で瀬戸大也選手が優勝し、世界選手権代表に内定した。瀬戸選手は「世界選手権で世界王座にもう一度返り咲くのが今年の目標なので、自分を信じて戦いたいと思います」とコメントした。

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。女子400m個人メドレー決勝に大橋悠依選手が登場。池江璃花子不在の中、エースとして注目される大橋選手が優勝し、世界選手権お代表に内定した。日本記録には届かなかったが、個人メドレーの2種目で3連覇を果たした。

東京辰巳国際水泳場で行われている競泳の日本選手権。入江陵介選手が男子50m背泳ぎで優勝し、自身初の背泳ぎ3冠を達成した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

金メダルで東京オリンピックが内定する世界選手権をかけた日本選手権。男子200m背泳ぎ決勝、入江陵介選手が優勝を果たし12度目の日本一に。7月の世界選手権への出場が内定した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

金メダルで東京オリンピックが内定する世界選手権をかけた日本選手権。男子200m背泳ぎ決勝、入江陵介選手が優勝を果たし12度目の日本一に。7月の世界選手権への出場が内定した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

渡辺一平選手が競泳の世界記録更新に挑んだ。東京オリンピックの金メダルへの切符をかけ、決勝。中盤から渡辺は徐々に加速。後続を突き放したが、ラストでペースダウン。世界記録更新はならなかったが、世界選手権内定代表を決めた。男子200メートル背泳ぎでは入江陵介が1位となった。男子50m自由形では、塩浦慎理が快挙。日本新記録を樹立。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

渡辺一平選手が競泳の世界記録更新に挑んだ。東京オリンピックの金メダルへの切符をかけ、決勝。中盤から渡辺は徐々に加速。後続を突き放したが、ラストでペースダウン。世界記録更新はならなかったが、世界選手権内定代表を決めた。男子200メートル背泳ぎでは入江陵介が1位となった。男子50m自由形では、塩浦慎理が快挙。日本新記録を樹立。