ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店 14件中 1〜10件目

「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

ミシャラク表参道

ミシャラク表参道はクリストフ・ミシャラクが海外1号店としてオープンしたもの。人気なのは瓶に入ったスイーツ「KOSMIK」。中身の組み合わせは3000通り。アプリでAIの質問に答えると自分に合った組み合わせをカスタマイズしてくれる。「タルトユズ シトロンヴェール」はゆずのムースとクリスピーの組み合わせにライムのジュレを合わせたもの。出演者が食べて感想を述べた。「ミシャラクモンクール」はゆずとパッションフルーツの酸味がチョコレートとの絶妙なバランスを醸し出す。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

韓国焼肉 食べ門

朝から肉をガッツリ食べる松本弥生。夕食はもっとすごく、この日は韓国焼肉店でアスリート友達と食事会。大量に肉を食べていた。親友・山口美咲さんによると、学生時代の松本は入江陵介選手の事が好きだったのだと暴露した。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

近畿大学を紹介。東大阪キャンパスの敷地面積は私立では西日本最大。学生数が3万4000人。また入学志願者数は4年連続日本一の14万6896人。主な卒業生としてつんくや赤井英和、入江陵介など。その名を全国に広めたのは近大マグロ。養殖は不可能だと言われていたクロマグロの完全養殖を32年かけ世界で初めて成功させた。2013年にはレストランがオープンした。パックンによると近畿大学は海外でも有名でグッズが売れるとのこと。最近では女子の入学が増えていて、理由が女子に優しい設備が揃っているとした。またつんくがプロデュースしている入学式を紹介、在校生のアイドルKINDAI GIRLSが踊り、つんくが校歌の伴奏を行うなどをする。

 (魚介料理・海鮮料理、海鮮丼)

「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

男子400mメドレーリレーに出場する、100m自由形日本記録保持者の中村克選手の家族を直撃取材。父・昇さんは「全部持っているものを出しきってもらいたい」と話した。家族全員でレースを見守る中、すでに父・昇さんの目には涙が。第1泳者は背泳ぎの入江陵介。5番手で平泳ぎの小関也朱篤に繋いだ。小関が3番手まで引き上げ、バタフライの藤井拓郎が4番手へ。アンカーの中村克は追い上げるも、4大会連続のメダルには届かなかった。インタビューで涙を流す中村選手を見た昇さんは「今までこんな悔し涙なんてなかった」と話した。

 (焼きとん、焼鳥、もつ鍋)

「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

拉麺帝王が出す勝浦式担々麺「帝王担々麺」を紹介。自家製チャーシューで旨味をとった醤油ダシのスープに豚ひき肉と玉ねぎを入れてラー油をかけている。辛さはラー油の量で調節している。村上信五一行は1人ずつルーレットを回して、食べる辛さのレベル決める激辛ルーレットに挑戦。村上信五は7辛、横山裕は6辛、水卜麻美は1辛、入江陵介は10辛の帝王担々麺を食べる事になった。

 (ラーメン、つけ麺、餃子)

「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

J-WAVE BAR

きのう高橋優が六本木ヒルズでラジオの公開収録を行った。収録には、大の仲良しという競泳・入江陵介がサプライズ登場。今週末に開催される世界水泳選手権に向けて、高橋はエールを送り、入江は意気込みを語った。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

パステル

パステルのベスト10を当てるまで帰れま10に、瀬戸大也と入江陵介が挑戦。2人はカップデザートから「カスタートプリン」をチョイス。また、東京五輪決定の瞬間を現地で見ていた入江は、アナウンサー・キャスター・リポーターの「お・も・て・な・し」もリハーサルで知っていたと話した。

入江陵介と瀬戸大也が選んだ「カスタードプリン」の結果は第2位となった。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

パステル

パステルのベスト10を当てるまで帰れま10に、瀬戸大也と入江陵介が挑戦。2人はカップデザートから「カスタートプリン」をチョイス。また、東京五輪決定の瞬間を現地で見ていた入江は、アナウンサー・キャスター・リポーターの「お・も・て・な・し」もリハーサルで知っていたと話した。

入江陵介と瀬戸大也が選んだ「カスタードプリン」の結果は第2位となった。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

パステル

今回はフィギュアスケート選手応援SP。スタジオには入江陵介や浅田舞など、豪華メンバーが集まった。戦いの舞台はお土産スイーツで大人気の「パステル」。こちらの店舗の人気メニューベスト10を全て当てるまで帰ることが出来ない。


「入江陵介」に関連するレストラン・飲食店

2020年の夏期五輪が東京に決まったということでこれまでの流れをまとめた。アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われていた五輪開催地の投票で午前4時ごろから投票が行われ東京が選出されたことが伝えられた。1回目の投票では過半数には届かなかったが1位となりそして2回目の投票では60票を獲得し選出された。

東京選出が伝えられると会場にいた日本代表団だけではなく各地で開催を願い駒沢オリンピック公園や東商ホールなどでイベントをしていた人達も歓喜に包まれた。そして会場となる東京・江東区にあるカフェハウスでも人々が喜びを表していた。

朝日新聞本社では号外を作成。そして都庁でも横断幕が掲げられた。こうした中、プレゼンをしに現地を訪れていた安倍総理は記者たちにドキドキしましたが本当にうれしかったなどと話していた。又、招致委員会のその他(スポーツ関係者)も喜びを表しサポートをしてくれた人に感謝を述べていた。

オリンピックを所轄する文部科学省も喜びに包まれていた。そして現場で活動してきた猪瀬都知事はみんなが元気になる希望をつくることができたなどとコメント。そして同じく活動してきた政治家はインタビューで涙ぐむ場面も見られ、千田健太、入江陵介、田中理恵、小原日登美など現場で活躍していた選手達もうれしかったなどとコメントしていた。

東京・渋谷にあるスポーツバー・M-SPOでは東京開催を記念してカクテルなどが振る舞われた。又、渋谷の街にいた人達も開催が決まったことで歓喜に包まれていた。そして池袋の街では懸垂幕などが掲げられお祝いムードとなった。

一方、トルコも立候補していたが落選となったということで六本木にあるトルコ料理の店を訪ねると日本人とトルコの人達が盛り上がっており、トルコの男性は落選したときは落ち込んでいたがその後は振る舞い酒で盛り上がっていた。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)