ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連する情報 1985件中 11〜20件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

金メダルで東京オリンピックが内定する世界選手権をかけた日本選手権。男子200m背泳ぎ決勝、入江陵介選手が優勝を果たし12度目の日本一に。7月の世界選手権への出場が内定した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

渡辺一平選手が競泳の世界記録更新に挑んだ。東京オリンピックの金メダルへの切符をかけ、決勝。中盤から渡辺は徐々に加速。後続を突き放したが、ラストでペースダウン。世界記録更新はならなかったが、世界選手権内定代表を決めた。男子200メートル背泳ぎでは入江陵介が1位となった。男子50m自由形では、塩浦慎理が快挙。日本新記録を樹立。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

渡辺一平選手が競泳の世界記録更新に挑んだ。東京オリンピックの金メダルへの切符をかけ、決勝。中盤から渡辺は徐々に加速。後続を突き放したが、ラストでペースダウン。世界記録更新はならなかったが、世界選手権内定代表を決めた。男子200メートル背泳ぎでは入江陵介が1位となった。男子50m自由形では、塩浦慎理が快挙。日本新記録を樹立。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界水泳

日本選手権男子200m平泳ぎ決勝に渡辺一平が出場。レースは序盤からハイペース、世界記録にこそ0秒35届かなかったが、世界水泳の切符を手にした。また男子200m背泳ぎでは入江陵介が12度目の優勝を果たし、こちらも世界水泳への切符を手にした。

世界水泳7月開幕のテロップ


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権水泳競技大会

日本選手権男子200m平泳ぎ決勝に渡辺一平が出場。レースは序盤からハイペース、世界記録にこそ0秒35届かなかったが、世界水泳の切符を手にした。また男子200m背泳ぎでは入江陵介が12度目の優勝を果たし、こちらも世界水泳への切符を手にした。


トヨタ自動車

日本選手権男子200m平泳ぎ決勝に渡辺一平が出場。レースは序盤からハイペース、世界記録にこそ0秒35届かなかったが、世界水泳の切符を手にした。また男子200m背泳ぎでは入江陵介が12度目の優勝を果たし、こちらも世界水泳への切符を手にした。


東京辰巳国際水泳場

日本選手権男子200m平泳ぎ決勝に渡辺一平が出場。レースは序盤からハイペース、世界記録にこそ0秒35届かなかったが、世界水泳の切符を手にした。また男子200m背泳ぎでは入江陵介が12度目の優勝を果たし、こちらも世界水泳への切符を手にした。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

世界選手権代表選考会を兼ねた競泳・日本選手権では世界記録保持者の渡辺一平が登場。男子200m平泳ぎ決勝では150mのターンも世界新記録ペースで通過し、ラスト50mは記録更新を期待する客席のボルテージも最高潮に。渡辺は自らの世界記録には0秒03届かなかったものの優勝し、世界新記録代表に内定。男子200m背泳ぎ決勝にはロンドンオリンピック銀メダリストの入江陵介が2年連続12回目の優勝を果たし、世界新記録代表に内定。女子200m平泳ぎ決勝では渡部香生子が4年ぶりの優勝を果たしたが、派遣標準記録には1秒及ばず。きょうの400m個人メドレー決勝には瀬戸大也も出場し、3冠達成が注目されている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

ロンドンオリンピック

世界選手権代表選考会を兼ねた競泳・日本選手権では世界記録保持者の渡辺一平が登場。男子200m平泳ぎ決勝では150mのターンも世界新記録ペースで通過し、ラスト50mは記録更新を期待する客席のボルテージも最高潮に。渡辺は自らの世界記録には0秒03届かなかったものの優勝し、世界新記録代表に内定。男子200m背泳ぎ決勝にはロンドンオリンピック銀メダリストの入江陵介が2年連続12回目の優勝を果たし、世界新記録代表に内定。女子200m平泳ぎ決勝では渡部香生子が4年ぶりの優勝を果たしたが、派遣標準記録には1秒及ばず。きょうの400m個人メドレー決勝には瀬戸大也も出場し、3冠達成が注目されている。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界選手権

世界選手権代表選考会を兼ねた競泳・日本選手権では世界記録保持者の渡辺一平が登場。男子200m平泳ぎ決勝では150mのターンも世界新記録ペースで通過し、ラスト50mは記録更新を期待する客席のボルテージも最高潮に。渡辺は自らの世界記録には0秒03届かなかったものの優勝し、世界新記録代表に内定。男子200m背泳ぎ決勝にはロンドンオリンピック銀メダリストの入江陵介が2年連続12回目の優勝を果たし、世界新記録代表に内定。女子200m平泳ぎ決勝では渡部香生子が4年ぶりの優勝を果たしたが、派遣標準記録には1秒及ばず。きょうの400m個人メドレー決勝には瀬戸大也も出場し、3冠達成が注目されている。