ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連する情報 1985件中 21〜30件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

競泳・日本選手権

世界選手権代表選考会を兼ねた競泳・日本選手権では世界記録保持者の渡辺一平が登場。男子200m平泳ぎ決勝では150mのターンも世界新記録ペースで通過し、ラスト50mは記録更新を期待する客席のボルテージも最高潮に。渡辺は自らの世界記録には0秒03届かなかったものの優勝し、世界新記録代表に内定。男子200m背泳ぎ決勝にはロンドンオリンピック銀メダリストの入江陵介が2年連続12回目の優勝を果たし、世界新記録代表に内定。女子200m平泳ぎ決勝では渡部香生子が4年ぶりの優勝を果たしたが、派遣標準記録には1秒及ばず。きょうの400m個人メドレー決勝には瀬戸大也も出場し、3冠達成が注目されている。


東京辰巳国際水泳場

競泳日本選手権の6日目、50メートル自由形準決勝に出場した塩浦慎理は、積極的にレースをすすめ、日本記録を叩きだした。また200メートル背泳ぎ決勝では入江陵介が、世界記録覇権記録ラインを上回り、大会連覇達成し代表内定となった。200メートル平泳ぎは世界記録保持者渡辺一平が自身の世界記録に迫る泳ぎをみせるが記録更新とはならず、初優勝で内定となった。


「入江陵介」に関連するイベント情報

第95回 日本選手権水泳競技大会

競泳日本選手権の6日目、50メートル自由形準決勝に出場した塩浦慎理は、積極的にレースをすすめ、日本記録を叩きだした。また200メートル背泳ぎ決勝では入江陵介が、世界記録覇権記録ラインを上回り、大会連覇達成し代表内定となった。200メートル平泳ぎは世界記録保持者渡辺一平が自身の世界記録に迫る泳ぎをみせるが記録更新とはならず、初優勝で内定となった。


「入江陵介」に関連するイベント情報

競泳世界選手権

競泳日本選手権の6日目、50メートル自由形準決勝に出場した塩浦慎理は、積極的にレースをすすめ、日本記録を叩きだした。また200メートル背泳ぎ決勝では入江陵介が、世界記録覇権記録ラインを上回り、大会連覇達成し代表内定となった。200メートル平泳ぎは世界記録保持者渡辺一平が自身の世界記録に迫る泳ぎをみせるが記録更新とはならず、初優勝で内定となった。


「入江陵介」に関連するイベント情報

アジア大会

世界選手権代表選考会が行われ、東京辰巳国際水泳場で行われた。男子50m自由形では塩浦慎理が21秒67で優勝。日本記録を更新。男子200mでは背泳ぎ決勝で入江陵介が1位。2位の砂間敬太と共に代表内定。平泳ぎでは小関也朱篤と渡辺一平が対戦。アジア大会では小関が0秒01で勝利。今回は渡辺一平が2分7秒2で優勝。2位の小日向一輝と共に代表が内定。また渡辺一平の肩関節が柔らかいことを紹介。これにより水を捉える量が多く、肘を折り畳まみ抵抗が少ないと解説。女子渡部香生子は復活を目指す。しかし大会初日では発熱のハプニング。4年ぶりの優勝を果たすが、派遣標準記録には追いつかず内定とはならなかった。期待選手として松田は瀬戸大也と語った。


「入江陵介」に関連するイベント情報

競泳 日本選手権

世界選手権代表選考会が行われ、東京辰巳国際水泳場で行われた。男子50m自由形では塩浦慎理が21秒67で優勝。日本記録を更新。男子200mでは背泳ぎ決勝で入江陵介が1位。2位の砂間敬太と共に代表内定。平泳ぎでは小関也朱篤と渡辺一平が対戦。アジア大会では小関が0秒01で勝利。今回は渡辺一平が2分7秒2で優勝。2位の小日向一輝と共に代表が内定。また渡辺一平の肩関節が柔らかいことを紹介。これにより水を捉える量が多く、肘を折り畳まみ抵抗が少ないと解説。女子渡部香生子は復活を目指す。しかし大会初日では発熱のハプニング。4年ぶりの優勝を果たすが、派遣標準記録には追いつかず内定とはならなかった。期待選手として松田は瀬戸大也と語った。


東京辰巳国際水泳場 

世界選手権代表選考会が行われ、東京辰巳国際水泳場で行われた。男子50m自由形では塩浦慎理が21秒67で優勝。日本記録を更新。男子200mでは背泳ぎ決勝で入江陵介が1位。2位の砂間敬太と共に代表内定。平泳ぎでは小関也朱篤と渡辺一平が対戦。アジア大会では小関が0秒01で勝利。今回は渡辺一平が2分7秒2で優勝。2位の小日向一輝と共に代表が内定。また渡辺一平の肩関節が柔らかいことを紹介。これにより水を捉える量が多く、肘を折り畳まみ抵抗が少ないと解説。女子渡部香生子は復活を目指す。しかし大会初日では発熱のハプニング。4年ぶりの優勝を果たすが、派遣標準記録には追いつかず内定とはならなかった。期待選手として松田は瀬戸大也と語った。


「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

入江陵介は日本選手権男子200m背泳ぎで12度目の優勝を果たし、世界選手権代表の内定を決めた。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界選手権

競泳日本選手権男子200m平泳ぎ決勝に出場した渡辺一平は、世界記録には届かなかったものの、優勝を果たし世界選手権内定を決めた。

入江陵介は日本選手権男子200m背泳ぎで12度目の優勝を果たし、世界選手権代表の内定を決めた。


「入江陵介」に関連するイベント情報

競泳日本選手権

競泳日本選手権は派遣標準記録を突破し、2位以内になると、世界選手権に出場でき、金メダルを獲得すると東京五輪の代表内定となる。200mバタフライに瀬戸大也が登場し、1位で世界選手権代表に内定した。

岩崎恭子は競泳日本選手権に出場した瀬戸大也の泳ぎについて、世界選手権までには前半をもっと飛ばせるようにするだろうと話した。東京五輪出場条件は日本選手権で派遣標準記録を突破し2位以内になること、世界選手権で金メダルを獲得すると東京五輪代表内定となる。現時点で派遣標準記録を突破したのは16種目中3種目。入江陵介は100m背泳ぎ、小関也朱篤は100m平泳ぎ、酒井夏海は100m背泳ぎで派遣標準記録に届かなかった。派遣標準記録を突破した注目選手、大本里佳と松元克央を紹介した。岩崎恭子は日本選手権の注目として200m平泳ぎの渡辺一平を紹介。今回は世界記録を狙っていて、カギは100〜150mだと話した。今回欠場してしまった萩野公介については、休むのも大事で、来年の日本選手権で出場権を獲得して欲しいと話した。