ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「入江陵介」の検索結果

「入江陵介」に関連する情報 1985件中 41〜50件目

「入江陵介」に関連するイベント情報

日本選手権

東京辰巳国際水泳場で行われている日本選手権。男子100m背泳ぎの決勝に出場した入江陵介選手が、貫禄の泳ぎで6連覇・8度目の優勝を手にした。この結果に対し入江選手は「このレベルで優勝していては日本競泳界は駄目だと思いますし、若手の台頭とベテランの意地がぶつかり合わなければ盛り上がってこないと思う」とコメント。そして「最大の目標は東京オリンピックなので、そこに合わせていきたい」と意気込みを語った。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京五輪

競泳日本選手権男子200m決勝に出場した、2018日本選手権で勝利している松本克央が代表内定を決めた。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は優勝したが派遣標準記録を突破できず代表入りを逃した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界選手権

競泳日本選手権男子200m決勝に出場した、2018日本選手権で勝利している松本克央が代表内定を決めた。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は優勝したが派遣標準記録を突破できず代表入りを逃した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

競泳日本選手権

競泳日本選手権男子200m決勝に出場した、2018日本選手権で勝利している松本克央が代表内定を決めた。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は優勝したが派遣標準記録を突破できず代表入りを逃した。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京五輪

競泳日本選手権。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は1位。6連覇達成。


「入江陵介」に関連するイベント情報

世界水泳

競泳日本選手権。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は1位。6連覇達成。

競泳日本選手権。男子200m自由形決勝に出場した松元克央は1位となり世界水泳内定。


東京辰巳国際水泳場

競泳日本選手権。中山雅史が寺川綾のサポートを受けつつ初めての競泳取材にのぞんだ。注目の選手は入江陵介。

競泳日本選手権。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は1位。6連覇達成。

競泳日本選手権。男子200m自由形決勝に出場した松元克央は1位となり世界水泳内定。


「入江陵介」に関連するイベント情報

第95回日本選手権水泳競技大会

競泳日本選手権。中山雅史が寺川綾のサポートを受けつつ初めての競泳取材にのぞんだ。注目の選手は入江陵介。

競泳日本選手権。男子100m背泳ぎ決勝に出場した入江陵介は1位。6連覇達成。

競泳日本選手権。男子200m自由形決勝に出場した松元克央は1位となり世界水泳内定。


「入江陵介」に関連するイベント情報

東京オリンピック

航空会社の入社式に登場した浅田真央さん。新元号が発表されると「ついに令和の時代なんですかね。また新たな時代が始まったのかなという感じがすごくしますね。私も新たな気持でまた頑張っていけたらいいなと思いました」と話した。海の向こうからはメジャーリーガーの田中将大選手が自身のツイッターで「僕は昭和最後の世代で生まれ、平成の年数と共に年を重ねてきました。新元号が『令和』と発表されましたね。」と呟いた。サッカー日本代表の長友佑都選手は新たな時代でのさらなる活躍へ思いを込めていた。大相撲で新大関の貴景勝は「新しい時代を代表できる力士になりたい」とコメントした。競泳界の入江陵介選手は「(令和)2年にあたる時に東京オリンピックなのでそういった大きな花を咲かせられるように日本選手団一丸となってやっていきたい」と話した。

柔道の阿部一二三選手は世界選手権2連覇を達成。共に世界一になったのが妹の阿部詩選手。その詩選手が憧れる選手は兄。兄の一二三選手にとって妹の存在とは?一二三選手は「自分のことを刺激してくれる存在。自分も負けてられない」と話した。妹から技を教わることもあるという。2年前の国際大会では、史上初の兄妹そろって優勝した。東京オリンピックの目標は「圧倒的な力で東京オリンピック金メダル」と目標を掲げた。


長友佑都 ツイッター

航空会社の入社式に登場した浅田真央さん。新元号が発表されると「ついに令和の時代なんですかね。また新たな時代が始まったのかなという感じがすごくしますね。私も新たな気持でまた頑張っていけたらいいなと思いました」と話した。海の向こうからはメジャーリーガーの田中将大選手が自身のツイッターで「僕は昭和最後の世代で生まれ、平成の年数と共に年を重ねてきました。新元号が『令和』と発表されましたね。」と呟いた。サッカー日本代表の長友佑都選手は新たな時代でのさらなる活躍へ思いを込めていた。大相撲で新大関の貴景勝は「新しい時代を代表できる力士になりたい」とコメントした。競泳界の入江陵介選手は「(令和)2年にあたる時に東京オリンピックなのでそういった大きな花を咲かせられるように日本選手団一丸となってやっていきたい」と話した。