ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「全日本総合選手権」の検索結果

「全日本総合選手権」に関連する情報 1048件中 1〜10件目

「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

バドミントン全日本総合選手権

有田ナインが60秒早抜け100万円クイズに挑戦した。結果、100万円を獲得することはできなかった。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

東京五輪でメダルの期待がかかる桃田賢斗選手がジャパンオープン連覇に意欲を見せた。今年も優勝できるように1回戦から強い気持ちをもって自分らしくブレーしたいと語っており、オリンピックと同じ会場で風の感覚や雰囲気を確かめながら試合したいと述べている。また勝つための験担ぎとしてトイレのスリッパをちゃんと揃えるのを続けていきたいという。一年間懸けて行なわれる代表選考だが、ジャパンオープンはポイントが高く出場の鍵となるという。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権大会

東京五輪の前哨戦「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2019バドミントン選手権大会」に出場する桃田賢斗は「自分の試合に取り組む姿勢をしっかり示していきたい」などと意気込みを述べた。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

東京五輪

バドミントン・ジャパンオープンの記者発表会に、桃田賢斗選手らが出席した。桃田選手は去年の全日本総合選手権で優勝し、日本人男子初の世界ランキング1位となった。今年もすでに国際大会2大会で優勝を果たし、去年9月からランキング1位をキープしている。今月末から東京五輪出場をかけた1年間のポイントレースがスタートする。今年のジャパンオープンは、来年の東京五輪と同じ時期・同じ会場で行われるため、前哨戦での優勝を狙う。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

バドミントン・ジャパンオープンの記者発表会に、桃田賢斗選手らが出席した。桃田選手は去年の全日本総合選手権で優勝し、日本人男子初の世界ランキング1位となった。今年もすでに国際大会2大会で優勝を果たし、去年9月からランキング1位をキープしている。今月末から東京五輪出場をかけた1年間のポイントレースがスタートする。今年のジャパンオープンは、来年の東京五輪と同じ時期・同じ会場で行われるため、前哨戦での優勝を狙う。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

ジャパンオープン

バドミントン・ジャパンオープンの記者発表会に、桃田賢斗選手らが出席した。桃田選手は去年の全日本総合選手権で優勝し、日本人男子初の世界ランキング1位となった。今年もすでに国際大会2大会で優勝を果たし、去年9月からランキング1位をキープしている。今月末から東京五輪出場をかけた1年間のポイントレースがスタートする。今年のジャパンオープンは、来年の東京五輪と同じ時期・同じ会場で行われるため、前哨戦での優勝を狙う。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

プロ転向会見を行った奥原希望選手。リオ五輪では女子シングルスで日本勢初のメダルを獲得し、翌年の世界選手権でも男女を通じ、日本シングルス勢初の世界女王に輝いた。しかし、代表と実業団の活動による過密日程の影響で度重なるケガに悩まされてきた。1年半後の東京オリンピックを見据え、バドミントン界では異例となる実業団に所属しないプロ選手として新たな一歩を踏み出す。奥原選手は「選択肢を広げられるような形になったらうれしい」と話した。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

プロ転向会見を行った奥原希望選手。リオ五輪では女子シングルスで日本勢初のメダルを獲得し、翌年の世界選手権でも男女を通じ、日本シングルス勢初の世界女王に輝いた。しかし、代表と実業団の活動による過密日程の影響で度重なるケガに悩まされてきた。1年半後の東京オリンピックを見据え、バドミントン界では異例となる実業団に所属しないプロ選手として新たな一歩を踏み出す。奥原選手は「選択肢を広げられるような形になったらうれしい」と話した。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

リオオリンピック、バドミントン女子シングルスの銅メダリスト奥原希望選手がプロ転向を表明した。奥原選手はリオオリンピックのシングルで日本勢初のメダルを獲得した。そして翌年の世界選手権でも男女を通じ日本シングルス勢初の金メダルにかがやいた。しかし代表と実業団の活動による過密日程の影響で度重なる怪我に悩まされてきた。1年半後の東京オリンピックを見据え、日本バドミントン界では異例となる実業団に所属しないプロ選手としてあらたな一歩を踏み出す。


「全日本総合選手権」に関連するイベント情報

全日本総合選手権

バドミントン・ワールドツアーファイナルズのメダリストたちが帰国した。遠藤大由・渡辺勇大の「エンワタ」ペアは得意のレシーブで準優勝。2人は日本ユニシス所属で、ペア結成からは2年。去年12月には全日本総合選手権で優勝している。渡辺は11歳年上の相棒・遠藤の背中をよく見ていると話した。ダブルスのペアは通常年齢の近い相手と組む場合が多いが、遠藤と組んでいたパートナーが引退を表明し、同じチームの渡辺とペアを結成することになった。渡辺が好きなように動き・配球を行い、遠藤が寄り添うようにカバーしているのがこのペアの強みだと小椋久美子は語った。