ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「全米大学選手権」の検索結果

「全米大学選手権」に関連する情報 520件中 1〜10件目

「全米大学選手権」に関連するイベント情報

日本選手権

サニブラウンは今季はフロリダ大学でも400mリレーに出場。6月の全米大学選手権では2走として日本記録に迫る37秒97で優勝。日本陸連の土江コーチは2走は大学で経験している。1走は室内の日本タイ記録をマークするスタート能力がある。後半の勝負強さで4走もあると3走以外での起用を示唆していた。不安要素は日本の精密なバトンパスへの対応力。先月の日本選手権ではスタートでやや出遅れながら、中盤以降の圧倒的スピードで自身2度目の短距離2冠を達成。助走があり、最も直線的に走る最終走者が現状では最適とみられる(スポーツニッポン)。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

全米大学選手権

サニブラウンは今季はフロリダ大学でも400mリレーに出場。6月の全米大学選手権では2走として日本記録に迫る37秒97で優勝。日本陸連の土江コーチは2走は大学で経験している。1走は室内の日本タイ記録をマークするスタート能力がある。後半の勝負強さで4走もあると3走以外での起用を示唆していた。不安要素は日本の精密なバトンパスへの対応力。先月の日本選手権ではスタートでやや出遅れながら、中盤以降の圧倒的スピードで自身2度目の短距離2冠を達成。助走があり、最も直線的に走る最終走者が現状では最適とみられる(スポーツニッポン)。


フロリダ大学

サニブラウンは今季はフロリダ大学でも400mリレーに出場。6月の全米大学選手権では2走として日本記録に迫る37秒97で優勝。日本陸連の土江コーチは2走は大学で経験している。1走は室内の日本タイ記録をマークするスタート能力がある。後半の勝負強さで4走もあると3走以外での起用を示唆していた。不安要素は日本の精密なバトンパスへの対応力。先月の日本選手権ではスタートでやや出遅れながら、中盤以降の圧倒的スピードで自身2度目の短距離2冠を達成。助走があり、最も直線的に走る最終走者が現状では最適とみられる(スポーツニッポン)。


スポーツニッポン

大関2場所目がカド番だった力士は現行制度で9人目となる貴景勝だが、連続で成績を悪くして陥落した力士としては武双山に続いて2人目。その武双山は秋場所で10勝を挙げて復帰している(スポーツニッポン)。

貴景勝はファンに対して「つかんだ大関の座を一旦手放すことになる。申し訳ない。もっと謙虚に、支えてくれる人のために頑張っていきたい」「優勝した去年の九州からいい思いをしてきた。ここで悪い経験をするのは自分にとって大事。精神的に強いか弱いか分かれる。もう一回作り直して地道にやりたい」「今まで以上に強くならないと秋場所で10番は勝てない。部屋には様々なタイプがいる。恵まれた環境に感謝しながら、大相撲に入る前の自分や幕下以下の黒まわしのころを思い出しながらやっていきたい」などと述べていた(スポーツニッポン)。

日本陸連が夏の欧州遠征メンバーを発表。サニブラウンはリレーのみにエントリー。出場するダイヤモンドリーグは世界最高峰の陸上ワールドツアー。世界各地で年間12戦行い、上位選手がファイナルに進出。各競技で総合優勝するとダイヤモンドトロフィーと賞金約540万円が授与。サニブラウンは第10戦ロンドン大会に出場。サニブラウンは17年世界選手権ロンドン大会で100、200mの個人2種目に出場したものの、脚の痛みが発生しリレーは控え、東京五輪を約1年後に控えようやく侍デビューを果たす(スポーツニッポン)。

サニブラウンは今季はフロリダ大学でも400mリレーに出場。6月の全米大学選手権では2走として日本記録に迫る37秒97で優勝。日本陸連の土江コーチは2走は大学で経験している。1走は室内の日本タイ記録をマークするスタート能力がある。後半の勝負強さで4走もあると3走以外での起用を示唆していた。不安要素は日本の精密なバトンパスへの対応力。先月の日本選手権ではスタートでやや出遅れながら、中盤以降の圧倒的スピードで自身2度目の短距離2冠を達成。助走があり、最も直線的に走る最終走者が現状では最適とみられる(スポーツニッポン)。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

世界陸上

サニブラウン選手が2度めの2冠を達成している。全米大学選手権で日本記録の9秒97を樹立したばかりだったが、ここも勝利する形となった。スタートは出遅れる形となったが終わってみれば圧勝する形となっていて、会場の静けさも特徴的だったという。サニブラウン選手はこの記録について9秒台まで0秒03だったのでもう少しちゃんとスタートをやればという感じだと回答していて、100mは60点・雨の中優勝した200mも70点と自己採点していた。インタビューでは腕を顔の前まであげ、体の後ろへ持っていくことを意識したと言い、自分の持つ筋肉を使えるフォームに矯正していたと明かしていて、振りを大きくすることで前に進む力を生み出せたのだという。また、スタートについては不満そうにしていて、スタートしてからの10mはまだ模索中となっている。世界陸上についてはメダルも見えてくるかも知れませんと述べ、目標についてもウサイン・ボルト氏の記録だと回答した。また、世界陸上は9月27日となり残る枠は2つとなる。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

全米大学選手権

サニブラウン選手が2度めの2冠を達成している。全米大学選手権で日本記録の9秒97を樹立したばかりだったが、ここも勝利する形となった。スタートは出遅れる形となったが終わってみれば圧勝する形となっていて、会場の静けさも特徴的だったという。サニブラウン選手はこの記録について9秒台まで0秒03だったのでもう少しちゃんとスタートをやればという感じだと回答していて、100mは60点・雨の中優勝した200mも70点と自己採点していた。インタビューでは腕を顔の前まであげ、体の後ろへ持っていくことを意識したと言い、自分の持つ筋肉を使えるフォームに矯正していたと明かしていて、振りを大きくすることで前に進む力を生み出せたのだという。また、スタートについては不満そうにしていて、スタートしてからの10mはまだ模索中となっている。世界陸上についてはメダルも見えてくるかも知れませんと述べ、目標についてもウサイン・ボルト氏の記録だと回答した。また、世界陸上は9月27日となり残る枠は2つとなる。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

日本陸上選手権

サニブラウン選手が2度めの2冠を達成している。全米大学選手権で日本記録の9秒97を樹立したばかりだったが、ここも勝利する形となった。スタートは出遅れる形となったが終わってみれば圧勝する形となっていて、会場の静けさも特徴的だったという。サニブラウン選手はこの記録について9秒台まで0秒03だったのでもう少しちゃんとスタートをやればという感じだと回答していて、100mは60点・雨の中優勝した200mも70点と自己採点していた。インタビューでは腕を顔の前まであげ、体の後ろへ持っていくことを意識したと言い、自分の持つ筋肉を使えるフォームに矯正していたと明かしていて、振りを大きくすることで前に進む力を生み出せたのだという。また、スタートについては不満そうにしていて、スタートしてからの10mはまだ模索中となっている。世界陸上についてはメダルも見えてくるかも知れませんと述べ、目標についてもウサイン・ボルト氏の記録だと回答した。また、世界陸上は9月27日となり残る枠は2つとなる。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

陸上日本選手権

サニブラウン選手は今月行われた全米大学選手権の200m決勝で日本歴代2位となる20秒08を記録したが、このレースは日本記録を出した100m決勝からわずか45分後のレースでコンディションが万全ではなかった。きょうは1レースのみなので好記録に期待がかかる。昨日の予選では20秒84だった。日本選手権の200mで5回の優勝を誇る高平慎士さんがサニブラウンの走りを解説。日本記録を目指せる状態は整っている。スピードアップした時にコーナーで振られないようにするかが大事、コーナーから直線に移り変わる時に加速してきたスピードを殺さずに回りきれるかが大事になってくると語った。

男子200mでサニブラウン選手の最大のライバルになりそうなのが、去年のアジア大会200mで金メダルを獲得した小池祐貴選手。小池選手は太ももの太さがスゴイ。去年番組の取材で佐藤アナが計測した際には61cmもあった。小池選手は20秒62で予選を1位通過している。高平さんはサニブラウン選手に対抗する1番手でひっくり返せる展開まで持ち込めると非常に面白い勝負になると語った。

陸上日本選手権は男子200m決勝が行われ、サニブラウン選手が20秒35で優勝した。2位は小池祐貴選手、3位は桐生祥秀選手だった。男子短距離で2度目の2冠は40年ぶりの快挙。

サニブラウン選手の走りについて高平慎士さんが解説。雨で向かい風1.3メートルのコンディションだったので5〜6割だったのではないか。コーナーが膨らんでしまったのが良い加速につながらなかった要因で、直すところがあるのは逆に伸びしろと語った。大会はサニブラウン選手の故郷・福岡県で行われており、4年ぶりに祖母と会ったという。サニブラウン選手は100mと200mの2種目で世界選手権への出場が内定した。

陸上日本選手権の男子110ハードル決勝は日本記録保持者の高山峻野選手と大学生の泉谷駿介選手が大接戦。0秒002差の勝負を制した高山選手が13秒354で優勝した。2人のタイム13秒35は日本記録タイ。

出演者らがオープニングの挨拶。サニブラウン選手の2冠についてトークした。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

全米大学選手権

サニブラウン選手は今月行われた全米大学選手権の200m決勝で日本歴代2位となる20秒08を記録したが、このレースは日本記録を出した100m決勝からわずか45分後のレースでコンディションが万全ではなかった。きょうは1レースのみなので好記録に期待がかかる。昨日の予選では20秒84だった。日本選手権の200mで5回の優勝を誇る高平慎士さんがサニブラウンの走りを解説。日本記録を目指せる状態は整っている。スピードアップした時にコーナーで振られないようにするかが大事、コーナーから直線に移り変わる時に加速してきたスピードを殺さずに回りきれるかが大事になってくると語った。


「全米大学選手権」に関連するイベント情報

全米大学選手権

八村塁はNBAドラフト1巡目9番目で獲得となった。八村塁のスーパープレーを紹介。バスケットを始めた富山県奥田中学校を紹介。明成高校に入学するとウインターカップ3連覇を達成。ゴンザガ大学では全米大学選手権でベスト8。日本代表ではFIBAワールドカップ2019、2020年東京五輪に出場が決まった。またワシントン・ウィザーズでは背番号が8に決まったと発表。ペリカンズ戦の出場が濃厚となっている。


検索結果の絞り込み