ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「八戸駅」の検索結果

「八戸駅」に関連する情報 624件中 1〜10件目

弘前城

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。


八戸駅

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。


ジェイアールバス東北

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。

太川陽介たちはジェイアールバス東北を利用し、十和田湖(休屋)で下車した。


八戸駅

十和田湖から流れる渓流の名前を答える。


八戸駅

午前5時30分。東京駅構内では駅弁屋祭の開店とともにお客さんが集まった。1日に約1万5000個の弁当が売れていくという。青森の名物海鮮弁当「こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当」とあるようにイクラがこぼれ落ちている。彩りが鮮やかで海鮮駅は特に女性に人気だという。また新潟県新発田駅の「えび千両ちらし」も人気でまさに駅の千両箱となっている。岩手県一ノ関駅からは「平泉うにごはん」。神奈川県小田原駅からは「うなぎ、金目鯛と銀鮭のあいのせ御膳」。駅弁は年々豪華になっていく傾向にあり「米沢牛牛づくし弁当」や「うなぎ蒲焼弁当」があり最高値の2400円。


八戸駅

東京から新幹線を乗り継ぎ、たどり着いたのは本州最北の駅、下北駅。さらに車で走ること45分でようやくたどり着いたのは青森・むつ市にある薬研温泉郷。10月下旬には紅葉シーズンを迎える。そんな自然豊かなこの場所に驚きの技を持つ名物女将がいるという。カモシカ女将と呼ばれているその山を知り尽くした女将とはどんな女性なのか。女将が経営する旅館 薬研荘を訪ねてみる。宿の自慢は源泉かけ流しのお風呂。女将の原早苗子さんは10年前にご主人に先立たれて以来、宿の一室で愛犬とともに暮らしている。午前11時、ウィンドブレーカーを身にまとい、車を運転して山へ向かった。走ること10分で車を止め、道がない鬱蒼を生い茂った藪を歩いていく。生い茂った藪をかき分けて進むと急斜面に差し掛かる。カモシカ女将はスタッフのはるか先を歩いていた。この軽やかな身のこなしが名前の所以。そんなカモシカ女将が山に入る目的は、ムキタケなどのきのこ。約3時間後にキノコ採りは終了。


弘前城

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。


八戸駅

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。


ジェイアールバス東北

今回の旅は太川陽介と蛭子能収が八戸駅を出発し、弘前城を目指す。まず、太川陽介たちは八戸駅からジェイアールバス東北の路線バスに乗り、奥入瀬渓流を横切り、雲井の滝で下車。雲井の滝を見学した。

太川陽介たちはジェイアールバス東北を利用し、十和田湖(休屋)で下車した。


「八戸駅」に関連するイベント情報

八戸三社大祭

JR八戸駅から恐山に向かう。十和田市行きのルートを選んだが、発車まで時間がない。八戸三社大祭のみこしを見つけ、写真を撮っていると、バスの時間ぎりぎりとなった。1分前にはバス停に着いたが、定刻になってもバスが来ない。4分遅れでバスが到着した。十和田市中央でバスを降りる。野辺地方面に向かうバスに乗り継ぎをしようとするも、バスが来るのは2時間後。