ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「前嶋和弘」の検索結果

「前嶋和弘」に関連する情報 169件中 1〜10件目

上智大学

トランプ大統領の過激発言の狙いは移民に仕事を奪われていると感じる支持層へのアピールと野党・民主党への過激な政党だというレッテル貼りで大統領選を有利に進めること。前嶋和弘教授によればあえて敵を作り自分をヒーローとしてショーアップする手法だと述べた。国内には反トランプとトランプ支持層が両方あり、差別発言には批判的でも移民も問題だと考えている人もいるため支持率が落ちない。藤井アナはトランプ大統領が言っていることが本当にグレートなのかしっかりアメリカ国民に考えてほしいなどとコメントした。


ツイッター

上智大学教授の前嶋和弘さんが紹介された。15日にトランプ氏は「我々の国を嫌い、ここにいることが幸せでないなら、不平ばかり言うなら出ていけばいいじゃないか」と発言した。記者にツイートは人種差別的だと思われてもいいかということに対して、トランプ氏は「黙れ」と何度も連呼した。今月14日トランプ氏はツイッターで「政府が完全に破滅し、最悪で汚職にまみれ、世界で最も無能な国から来た彼女たちは自分たちの国に帰って完全に破壊された犯罪だらけの国を立て直せばいい」とツイートした。「国に帰れ」という発言は米国社会では歴史的に黒人や新参移民に対して使われてきた差別的発言だという。今月15日、非白人女性議員が反論し「トランプ大統領の発言は人種差別的な攻撃だ」と述べた。トランプ氏のツイッターには「世界で「最も無能な国から来た」という発言に関しては、民主党女性議員は、プエルトリコ系のオカシオコルテス議員ら4人はアメリカ市民でうち3人は、アメリカ生まれだという。「世界で最も無能な国から来た」というのが破綻しているという。

15日にホワイトハウスで行われた、アメリカの製品の広報イベント「メイド・イン・アメリカ」に出席したトランプ大統領は「すばらしい音楽だね、ありがとう」と発言し歓声拍手で迎えられ、上機嫌でスピーチを始めた。記者から人種差別の話題が出ると、「我々の国を嫌い、ここにいることが幸せでないなら、出て行けばいいじゃないか、不平ばかり言うなら今すぐ出て行けばいい」など声を荒げて発言した。4人の女性議員も反論の記者会見を行った。オマル議員は「トランプ大統領が我々の憲法をばかにするのをもう許すのはやめましょう。大統領を弾劾すべきときが来たのです」と発言した。タリーブ議員は「最近の大統領によるツイートは、人種差別的行為だ、この国の腐敗と戦うためにここへきた」と会見に乗り込んだことに対して発言した。民主党は4人の革新的な議員と距離を置こうとしたが、今は彼らを受け入れざるを得なくなったなどとトランプ氏はツイートした。ペロシ下院議員は「トランプ大統領の言う“アメリカを再び偉大に”は最初からアメリカを白人の国にする計画だった」とトランプ大統領を批判した。米議会下院で非難決議は可決された。


ホワイトハウス

上智大学教授の前嶋和弘さんが紹介された。15日にトランプ氏は「我々の国を嫌い、ここにいることが幸せでないなら、不平ばかり言うなら出ていけばいいじゃないか」と発言した。記者にツイートは人種差別的だと思われてもいいかということに対して、トランプ氏は「黙れ」と何度も連呼した。今月14日トランプ氏はツイッターで「政府が完全に破滅し、最悪で汚職にまみれ、世界で最も無能な国から来た彼女たちは自分たちの国に帰って完全に破壊された犯罪だらけの国を立て直せばいい」とツイートした。「国に帰れ」という発言は米国社会では歴史的に黒人や新参移民に対して使われてきた差別的発言だという。今月15日、非白人女性議員が反論し「トランプ大統領の発言は人種差別的な攻撃だ」と述べた。トランプ氏のツイッターには「世界で「最も無能な国から来た」という発言に関しては、民主党女性議員は、プエルトリコ系のオカシオコルテス議員ら4人はアメリカ市民でうち3人は、アメリカ生まれだという。「世界で最も無能な国から来た」というのが破綻しているという。

15日にホワイトハウスで行われた、アメリカの製品の広報イベント「メイド・イン・アメリカ」に出席したトランプ大統領は「すばらしい音楽だね、ありがとう」と発言し歓声拍手で迎えられ、上機嫌でスピーチを始めた。記者から人種差別の話題が出ると、「我々の国を嫌い、ここにいることが幸せでないなら、出て行けばいいじゃないか、不平ばかり言うなら今すぐ出て行けばいい」など声を荒げて発言した。4人の女性議員も反論の記者会見を行った。オマル議員は「トランプ大統領が我々の憲法をばかにするのをもう許すのはやめましょう。大統領を弾劾すべきときが来たのです」と発言した。タリーブ議員は「最近の大統領によるツイートは、人種差別的行為だ、この国の腐敗と戦うためにここへきた」と会見に乗り込んだことに対して発言した。民主党は4人の革新的な議員と距離を置こうとしたが、今は彼らを受け入れざるを得なくなったなどとトランプ氏はツイートした。ペロシ下院議員は「トランプ大統領の言う“アメリカを再び偉大に”は最初からアメリカを白人の国にする計画だった」とトランプ大統領を批判した。米議会下院で非難決議は可決された。


駒沢大学

「深層NEWS」で前嶋和弘教授らがネット情報の時代にどうやって有効な選挙情報を入手すべきかを議論した。逢坂巌准教授は市町村単位の身近なところから投票で政治を変える感覚を身につけながら有効な情報を集めていくことが必要と述べた。


「前嶋和弘」に関連する映画・DVD

逢坂巌准教授

「深層NEWS」で前嶋和弘教授らがネット情報の時代にどうやって有効な選挙情報を入手すべきかを議論した。逢坂巌准教授は市町村単位の身近なところから投票で政治を変える感覚を身につけながら有効な情報を集めていくことが必要と述べた。


上智大学

「深層NEWS」で前嶋和弘教授らがネット情報の時代にどうやって有効な選挙情報を入手すべきかを議論した。逢坂巌准教授は市町村単位の身近なところから投票で政治を変える感覚を身につけながら有効な情報を集めていくことが必要と述べた。


BS日テレ

「深層NEWS」で前嶋和弘教授らがネット情報の時代にどうやって有効な選挙情報を入手すべきかを議論した。逢坂巌准教授は市町村単位の身近なところから投票で政治を変える感覚を身につけながら有効な情報を集めていくことが必要と述べた。


マリーンワン

昨日、エアフォースワンを一目見ようと多くの人が集まった。エアフォースワンから降りた米・トランプ大統領は令和初の国賓。千葉・茂原市では安倍首相とトランプ大統領にプロゴルファー・青木功を交え、ラウンドを行った。気温は33.5℃だった。その頃、昭恵夫人とメラニア夫人は、お台場のデジタルアートミュージアムを見学した。両首脳が訪れる東京・六本木の炉端焼き店は中が見えないよう白いテントが建てられた。昨日、アメリカ駐日大使公邸では日本の主要な経営者にトランプ大統領がアメリカへの投資を呼びかけた。28日には海上自衛隊護衛艦「かが」を視察する予定。護衛艦「かが」の全長は約250mで最大5機のヘリコプターが同時に離着艦できる。そこにトランプ大統領は専用ヘリ「マリーンワン」で降り立つという。前統合幕僚長の河野克俊氏は、日米同盟の強固さをアピールすることで抑止効果も発揮できるし、大統領に見てもらうことで日本の防衛努力を認識してもらうという意味ではメリットがあるという。米・ステルス戦闘機「F35B」が離着艦出来るように「かが」を改修するという。日本政府は147機の戦闘機を購入する方針。日本がアメリカから防衛装備品を購入する金額は年々増え、今年度は7013億円にものぼっている。この額は対日貿易赤字とほぼ同じ額。上智大学の前嶋和弘教授は、トランプ政権としてはアメリカばかり日本の車を買うのは不均衡、日本は対応するために防衛装備品を買うなどと述べた。防衛装備を買うことで、車の輸出台数制限の緩和、アメリカ側の貿易交渉での強硬姿勢を避ける狙いがあるという。


エアフォースワン

昨日、エアフォースワンを一目見ようと多くの人が集まった。エアフォースワンから降りた米・トランプ大統領は令和初の国賓。千葉・茂原市では安倍首相とトランプ大統領にプロゴルファー・青木功を交え、ラウンドを行った。気温は33.5℃だった。その頃、昭恵夫人とメラニア夫人は、お台場のデジタルアートミュージアムを見学した。両首脳が訪れる東京・六本木の炉端焼き店は中が見えないよう白いテントが建てられた。昨日、アメリカ駐日大使公邸では日本の主要な経営者にトランプ大統領がアメリカへの投資を呼びかけた。28日には海上自衛隊護衛艦「かが」を視察する予定。護衛艦「かが」の全長は約250mで最大5機のヘリコプターが同時に離着艦できる。そこにトランプ大統領は専用ヘリ「マリーンワン」で降り立つという。前統合幕僚長の河野克俊氏は、日米同盟の強固さをアピールすることで抑止効果も発揮できるし、大統領に見てもらうことで日本の防衛努力を認識してもらうという意味ではメリットがあるという。米・ステルス戦闘機「F35B」が離着艦出来るように「かが」を改修するという。日本政府は147機の戦闘機を購入する方針。日本がアメリカから防衛装備品を購入する金額は年々増え、今年度は7013億円にものぼっている。この額は対日貿易赤字とほぼ同じ額。上智大学の前嶋和弘教授は、トランプ政権としてはアメリカばかり日本の車を買うのは不均衡、日本は対応するために防衛装備品を買うなどと述べた。防衛装備を買うことで、車の輸出台数制限の緩和、アメリカ側の貿易交渉での強硬姿勢を避ける狙いがあるという。


岩国基地

昨日、エアフォースワンを一目見ようと多くの人が集まった。エアフォースワンから降りた米・トランプ大統領は令和初の国賓。千葉・茂原市では安倍首相とトランプ大統領にプロゴルファー・青木功を交え、ラウンドを行った。気温は33.5℃だった。その頃、昭恵夫人とメラニア夫人は、お台場のデジタルアートミュージアムを見学した。両首脳が訪れる東京・六本木の炉端焼き店は中が見えないよう白いテントが建てられた。昨日、アメリカ駐日大使公邸では日本の主要な経営者にトランプ大統領がアメリカへの投資を呼びかけた。28日には海上自衛隊護衛艦「かが」を視察する予定。護衛艦「かが」の全長は約250mで最大5機のヘリコプターが同時に離着艦できる。そこにトランプ大統領は専用ヘリ「マリーンワン」で降り立つという。前統合幕僚長の河野克俊氏は、日米同盟の強固さをアピールすることで抑止効果も発揮できるし、大統領に見てもらうことで日本の防衛努力を認識してもらうという意味ではメリットがあるという。米・ステルス戦闘機「F35B」が離着艦出来るように「かが」を改修するという。日本政府は147機の戦闘機を購入する方針。日本がアメリカから防衛装備品を購入する金額は年々増え、今年度は7013億円にものぼっている。この額は対日貿易赤字とほぼ同じ額。上智大学の前嶋和弘教授は、トランプ政権としてはアメリカばかり日本の車を買うのは不均衡、日本は対応するために防衛装備品を買うなどと述べた。防衛装備を買うことで、車の輸出台数制限の緩和、アメリカ側の貿易交渉での強硬姿勢を避ける狙いがあるという。