ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「加藤友朗」の検索結果

「加藤友朗」に関連する情報 51件中 21〜30件目

左前頭部裂傷

この診断書の怪我のことを加藤友朗が話した。骨折などもあるがこれだけではわからないとしていて、力士ということで素手でもかなりの威力が予想されるとしていたが頭蓋底骨折はさすがにかなりの力が加わった可能性があるとしていた。又、髄液漏れの疑いだが脳の下に頭蓋底というものがありこれが折れたりしているの髄液が漏れる可能性があることを話した。そしてこの症状は鼻水と勘違いすることもあるといい、こうしたことから事件後に気付かなかった可能性もあるという。このため貴ノ岩は怪我に気づかず数日過ごした可能性もあるが診断書の怪我なら本来安静にする必要があるといい、こうした例を示すため一般の怪我のレントゲン写真などでも説明していた。

こうしたことをスタジオトーク。日馬富士にせよ現場にいた白鵬にせよ意見の食い違いがみられることからこうした点を指摘。ポイントとして凶器としてビール瓶を使ったという証言だが白鵬は「ビール瓶では殴っていない」と断言していることなどをあげた。ここまで断言するからにはかなり決断が必要としていて、被害者の貴ノ岩達がビール瓶を使ったとしていることから一連の流れなども解説した。日馬富士だがきっかけは貴ノ岩達が日馬富士達を批判するような言動があり、そして反抗的な態度にキレ暴行したことなどを説明したがその後貴ノ岩がこうした態度を謝罪したことで日馬富士としては貴ノ岩とは話しがついていると思っていたことなどを指摘していた。

こうした中でポイントになるのが貴ノ岩の師匠になる貴乃花親方だと指摘。貴ノ岩としても話しがついたということで当初は怪我も階段から落ちたなどとしていたといい、にもかかわらず貴乃花親方が被害届と出したのかについても話した。小倉智昭は日本人のメジャーリーガーが現地で苦労している例を出しモンゴル力士も日本で苦労していることをあげていて、本来ならこの騒動も自分達だけで処理し外には出したくなかった事情を説明していた。そして貴乃花親方は開催中の巡業部部長の立場のため対応する必要がある事情はあるが報告などをしていないという謎もあるとしていた。


脳震とう

この診断書の怪我のことを加藤友朗が話した。骨折などもあるがこれだけではわからないとしていて、力士ということで素手でもかなりの威力が予想されるとしていたが頭蓋底骨折はさすがにかなりの力が加わった可能性があるとしていた。又、髄液漏れの疑いだが脳の下に頭蓋底というものがありこれが折れたりしているの髄液が漏れる可能性があることを話した。そしてこの症状は鼻水と勘違いすることもあるといい、こうしたことから事件後に気付かなかった可能性もあるという。このため貴ノ岩は怪我に気づかず数日過ごした可能性もあるが診断書の怪我なら本来安静にする必要があるといい、こうした例を示すため一般の怪我のレントゲン写真などでも説明していた。

こうしたことをスタジオトーク。日馬富士にせよ現場にいた白鵬にせよ意見の食い違いがみられることからこうした点を指摘。ポイントとして凶器としてビール瓶を使ったという証言だが白鵬は「ビール瓶では殴っていない」と断言していることなどをあげた。ここまで断言するからにはかなり決断が必要としていて、被害者の貴ノ岩達がビール瓶を使ったとしていることから一連の流れなども解説した。日馬富士だがきっかけは貴ノ岩達が日馬富士達を批判するような言動があり、そして反抗的な態度にキレ暴行したことなどを説明したがその後貴ノ岩がこうした態度を謝罪したことで日馬富士としては貴ノ岩とは話しがついていると思っていたことなどを指摘していた。

こうした中でポイントになるのが貴ノ岩の師匠になる貴乃花親方だと指摘。貴ノ岩としても話しがついたということで当初は怪我も階段から落ちたなどとしていたといい、にもかかわらず貴乃花親方が被害届と出したのかについても話した。小倉智昭は日本人のメジャーリーガーが現地で苦労している例を出しモンゴル力士も日本で苦労していることをあげていて、本来ならこの騒動も自分達だけで処理し外には出したくなかった事情を説明していた。そして貴乃花親方は開催中の巡業部部長の立場のため対応する必要がある事情はあるが報告などをしていないという謎もあるとしていた。


スポーツ報知

白鵬の証言は現場にいた人間の初めての証言として、これからの調べの中でも重要なポイントになってくると、田中良幸。サンケイスポーツでは「ビール瓶で殴っていない」「警察でも同じこと言う」「貴乃花親方の証言否定」などの記事内容を紹介した。モンゴル出身の力士と日本人力士との確執が少なからずある、貴乃花親方と白鵬の関係は良くはなく、あえて場所中に証言をした意味は大きいと、横野レイコ。いろんな事実が出てきて食い違っていて、もちろん暴行がすごく残念と、加藤友朗。今相撲人気が高まっている時のこの事件は、暴行は認めているがビール瓶は否定していることは場所中に証言をしている白鵬はかなり勇気のいることだったのではと、中瀬ゆかり。スポーツ報知では15日帰京時に北村弁護士に日馬富士が会って弁護依頼か、の記事を紹介。北村弁護士は2011年に八百長事件で日本相撲協会を解雇されたモンゴル出身の元重量・星風の代理人を務めた。昨日の同じ時間帯に空港を利用したが、朝青龍の取材の時のことを思い出したと、横野レイコ。


サンケイスポーツ

白鵬の証言は現場にいた人間の初めての証言として、これからの調べの中でも重要なポイントになってくると、田中良幸。サンケイスポーツでは「ビール瓶で殴っていない」「警察でも同じこと言う」「貴乃花親方の証言否定」などの記事内容を紹介した。モンゴル出身の力士と日本人力士との確執が少なからずある、貴乃花親方と白鵬の関係は良くはなく、あえて場所中に証言をした意味は大きいと、横野レイコ。いろんな事実が出てきて食い違っていて、もちろん暴行がすごく残念と、加藤友朗。今相撲人気が高まっている時のこの事件は、暴行は認めているがビール瓶は否定していることは場所中に証言をしている白鵬はかなり勇気のいることだったのではと、中瀬ゆかり。スポーツ報知では15日帰京時に北村弁護士に日馬富士が会って弁護依頼か、の記事を紹介。北村弁護士は2011年に八百長事件で日本相撲協会を解雇されたモンゴル出身の元重量・星風の代理人を務めた。昨日の同じ時間帯に空港を利用したが、朝青龍の取材の時のことを思い出したと、横野レイコ。


ホンビノス貝

危険な潮干狩りについてトークを展開した。加藤友朗が「なんで頑張って無理をするのかと思ったが」など話し、小倉智昭が「我々ずっと追跡取材を行って今回ついに中国のおばあちゃん助けることが出来てよかった」など話した。


「加藤友朗」に関連するイベント情報

王将戦

カンニング疑惑が浮上した三浦弘行九段について。加藤友朗は、控室で誰かに相談ようなことも出来たはずだがしないのが当然で、自分よりできる人がいない世界だったのにコンピューターができるようになると話が変わってくるなどとコメント。また、中瀬ゆかりは、どのくらいの証拠があって処分に至ったのかがわからないと今後も疑惑が残ったままになるので決めつけるのも気の毒などと述べた。笠井信輔は、これから新規則で部屋から出てはいけないなどとなると大変などと話した。


コロンビア大学

当時7歳のヘザー・マクナマラちゃん。腹部にできた腫瘍が体の栄養を奪い取って巨大化し、内蔵が機能しないという病気を患っていた。腫瘍の場所は内蔵の血管に絡みつくように出現したため、多くの医師から手術は不可能だと宣告されたという。しかしこの病気に、コロンビア大学で外科教授として活躍する加藤友朗先生が挑んだ。

コロンビア大学で、加藤先生は1000件以上の移植手術を成功させたドクターとして名を馳せていた。そこに現れたのがヘザーちゃん。当時のヘザーちゃんの状態について、加藤先生は「腫瘍をとるには動脈を切らなければいけないが、そうすると血流が途絶え臓器が壊死する」と話した。名医と呼ばれた他の医師たちも、「手術は不可能」と答えていたという。加藤先生は考え抜いた末、ある術式にたどり着いたが、前代未聞の手術であったため周りの医師たちから反対の声もあった。加藤先生は周りの医師を説得し、手術を行なった。


コロンビア大学

7年前、ヘザー・マクナマラちゃん(当時7歳)にテレビ出演した。ヘザーちゃんは悪性腫瘍により手術が不可能とされていたが、日本人医師の加藤友朗先生が手術を担当した。先生は全ての臓器を体外へ取り出し、腫瘍を切除して再び体内へ戻すという誰も思いつかなかった奇想天外な手術法を提案し成功させた。そんな加藤先生が行う奇跡の手術に密着する。


Facebook

スタジオ解説。九重親方について、1年前に膵臓がんだとわかっていたが、弟子たちは戻ってくると信じていただけにショックが大きいことや、全紙で九重親方の死を伝えたと紹介。また、通算1045勝(歴代2位)、53勝(歴代3位)、優勝31回(歴代3位)、1989年角界初となる国民栄誉賞を受賞している。加藤友朗は、「膵臓がんはなかなか発見出来ず、大きな手術になるため、疑いぐらいで取るとはなかなか出来ない。両方を含め、すごく難しいがん。僕の中のヒーローの1人」などとコメント。 (映像:還暦土俵入り/Facebook/北の湖・貴花田戦)


膵臓がん

九重親方は北海道・福島町の出身。同郷だった当時の親方にスカウトされ、九重部屋に入門。きっかけとなったのは、「入門するなら、飛行機に乗っけてあげる」の一言で、両親の反対を押し切り、大相撲の道を選んだ。1970年、15歳で初土俵。度重なるケガに直面するも、厳しい稽古で肉体を改造した。5年後には新入幕。81年の初場所では早くも優勝決定戦に進出。相手は横綱の北の湖。ここで勝利し、初優勝を飾った。瞬間最高視聴率は65.3%に達し、伝説の一戦になった。この年に横綱に昇進し、翌年に結婚。3000人が招かれる盛大なものだった。88年には53連勝を達成。1990年に1000勝を達成し、マイクを握れば美声を披露した。 肩の脱臼などケガが続き、気力で土俵に立ち続けたが、当時18歳の貴花田に完敗し、現役引退を表明した。引退後は九重部屋を継承し、千代大海らを育てた。去年5月には赤いまわしで還暦の土俵入りを披露した。しかしこのとき、膵臓がんが進行していた。数々の大型力士を倒し、記録にも記憶にも残る小さな大横綱は、61歳の生涯を閉じた。

スタジオ解説。九重親方について、1年前に膵臓がんだとわかっていたが、弟子たちは戻ってくると信じていただけにショックが大きいことや、全紙で九重親方の死を伝えたと紹介。また、通算1045勝(歴代2位)、53勝(歴代3位)、優勝31回(歴代3位)、1989年角界初となる国民栄誉賞を受賞している。加藤友朗は、「膵臓がんはなかなか発見出来ず、大きな手術になるため、疑いぐらいで取るとはなかなか出来ない。両方を含め、すごく難しいがん。僕の中のヒーローの1人」などとコメント。 (映像:還暦土俵入り/Facebook/北の湖・貴花田戦)


検索結果の絞り込み