ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「加藤友朗」の検索結果

「加藤友朗」に関連する情報 51件中 41〜50件目

食べログ

小倉は客としては店選びの参考としてはいいが、店側からしたら大きな問題と指摘。食べログは現在一般からでもページを作ることが出来、今回訴えを起こした店は元々自分たちでページを作成していた。会員規約には食べログ側が編集・変更・削除することに同意し、理由の遺憾を問わず店舗会員掲載情報の削除義務を負うものではないとされている。その他は今回の提訴について、登録時に確認する会員規約に「削除義務を追わない」と書いてあるので店舗情報の削除請求は難しいのではないかと解説。客側の利用者は飲食店選びの信頼出来る情報源として口コミグルメサイトを利用している。

深澤真紀はその店についてどんな口コミがあるかだけではなく、その口コミを書いた人が他の店でどのように口コミをしているかまで確認するのがよいという。加藤友朗は海外では医者の評価の口コミサイトもあり、コメントを書き込む欄もあると紹介した。深澤真紀はネットショッピングには感想が書き込まれることがあり、これが信頼性にもなるという。笠井は利用者としては悪いものだけを消すというのは情報の信頼性にかけてしまうとかたる。あくまで店の広告サイトではなくグルメサイトとして認識したほうがいい。


食べログ

小倉は客としては店選びの参考としてはいいが、店側からしたら大きな問題と指摘。食べログは現在一般からでもページを作ることが出来、今回訴えを起こした店は元々自分たちでページを作成していた。会員規約には食べログ側が編集・変更・削除することに同意し、理由の遺憾を問わず店舗会員掲載情報の削除義務を負うものではないとされている。その他は今回の提訴について、登録時に確認する会員規約に「削除義務を追わない」と書いてあるので店舗情報の削除請求は難しいのではないかと解説。客側の利用者は飲食店選びの信頼出来る情報源として口コミグルメサイトを利用している。

深澤真紀はその店についてどんな口コミがあるかだけではなく、その口コミを書いた人が他の店でどのように口コミをしているかまで確認するのがよいという。加藤友朗は海外では医者の評価の口コミサイトもあり、コメントを書き込む欄もあると紹介した。深澤真紀はネットショッピングには感想が書き込まれることがあり、これが信頼性にもなるという。笠井は利用者としては悪いものだけを消すというのは情報の信頼性にかけてしまうとかたる。あくまで店の広告サイトではなくグルメサイトとして認識したほうがいい。


フジテレビジョン

フジテレビ前から天達気象予報士が現在の気温を紹介し、上着が要らないほどの容器だと伝えた。今日最も気温が上がる地点を紹介した。NASAの学者は今年の1月に今年の世界平均気温が2010年の過去最高記録を上回る可能性が高いと発言しており、多くの患者を出した熱中症に注意が必要。

天達気象予報士が今年の夏の平均気温を予報。

スタジオで深澤真紀が未だにストーブと毛布をだしているままで、心の準備はできていないと話した。コメンテーターとして初出演の加藤友朗は現在NYに住んでおり、NYも熱くてさわやかな時期がなくなってしまいそうとコメントした。


コロンビア大学

富山県の病院に入院中の6歳未満の男の子が法的脳死と判定され臓器提供が行われる事となった。6歳未満の子どもの臓器提供は、一昨年の改正臓器移植法が施行されて以来初となる。

子供の脳死判定については専門家の間でも意見が別れる。アメリカのコロンビア大学で子供の臓器移植手術を多く手がける加藤友朗医師は、「日本で移植が受けられる可能性が小さな子のドナーが現れればある。小さな子の心臓移植を待っている方にはありがたい話。脳死の段階でも治療を続けている人はたくさんいる…」と話した。

これまでに移植手術を受けた子供の親達は、今回の脳死判定について「本当にご両親の決意を表する。胸が熱くなった。これを機会に今後ますます移植への理解と関心が高まってくれる事を望みます」と話した。


富山大学附属病院

富山県の病院に入院中の6歳未満の男の子が法的脳死と判定され臓器提供が行われる事となった。6歳未満の子どもの臓器提供は、一昨年の改正臓器移植法が施行されて以来初となる。

子供の脳死判定については専門家の間でも意見が別れる。アメリカのコロンビア大学で子供の臓器移植手術を多く手がける加藤友朗医師は、「日本で移植が受けられる可能性が小さな子のドナーが現れればある。小さな子の心臓移植を待っている方にはありがたい話。脳死の段階でも治療を続けている人はたくさんいる…」と話した。

これまでに移植手術を受けた子供の親達は、今回の脳死判定について「本当にご両親の決意を表する。胸が熱くなった。これを機会に今後ますます移植への理解と関心が高まってくれる事を望みます」と話した。


日本臓器移植ネットワーク

富山県の病院に入院中の6歳未満の男の子が法的脳死と判定され臓器提供が行われる事となった。6歳未満の子どもの臓器提供は、一昨年の改正臓器移植法が施行されて以来初となる。

子供の脳死判定については専門家の間でも意見が別れる。アメリカのコロンビア大学で子供の臓器移植手術を多く手がける加藤友朗医師は、「日本で移植が受けられる可能性が小さな子のドナーが現れればある。小さな子の心臓移植を待っている方にはありがたい話。脳死の段階でも治療を続けている人はたくさんいる…」と話した。

これまでに移植手術を受けた子供の親達は、今回の脳死判定について「本当にご両親の決意を表する。胸が熱くなった。これを機会に今後ますます移植への理解と関心が高まってくれる事を望みます」と話した。


東北大学病院

葛西式手術を生み出した名医:医療関係者の生涯をVTRで紹介。息子と、医療関係者がその人柄や功績について語った。


東北大学病院

仁尾正記が、葛西森夫について語った。


コロンビア大学病院に勤める、臓器移植の名医・医療関係者の経歴を紹介。6つの臓器を同時に移植する難手術に挑み、人類初の成功を遂げた。

医療関係者は名医の理想像について語り、「名医を挙げるとすれば医療関係者」と答えた。


「加藤友朗」に関連する本・コミック・雑誌

密着取材を受けていた小児移植外科医が書いた本。
VTRのナレーション中にこの本が映されていた。

「移植病棟24時 赤ちゃんを救え!」

Amazon.co.jp


検索結果の絞り込み