ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「化女沼レジャーランド」の検索結果

「化女沼レジャーランド」に関連する情報 77件中 1〜10件目

軍艦島

ポケットビスケッツとしてミリオンヒットを記録した千秋の別顔は廃墟LOVE。これまでに50軒超の廃墟を巡った。魅力は栄枯盛衰、心霊スポットではないと話し廃墟ベスト3を紹介。3位は化女沼レジャーランド。2位は松尾鉱山。1位は軍艦島。そして千秋が廃墟の女王と呼ばれる場所を訪ねる。


化女沼レジャーランド

ポケットビスケッツとしてミリオンヒットを記録した千秋の別顔は廃墟LOVE。これまでに50軒超の廃墟を巡った。魅力は栄枯盛衰、心霊スポットではないと話し廃墟ベスト3を紹介。3位は化女沼レジャーランド。2位は松尾鉱山。1位は軍艦島。そして千秋が廃墟の女王と呼ばれる場所を訪ねる。


化女沼レジャーランド

宮城・化女沼にある「化女沼レジャーランド」は17年前に閉鎖された廃墟遊園地。草むらの中に異様な雰囲気を漂わせる観覧車などの遊具が残されていた。メリーゴーランドの持ち手には木が巻き付いているものもあった。またコーヒーカップは茶色く錆びており、塗装はほとんどめくれていたが今もハンドルで動いた。奥の観覧車は色あせており、座席にもコケが生えている。

「化女沼レジャーランド」はかつて子どもたちの遊び場として栄えていた。1979年に開園し、最盛期には年間30万人が訪れる、東北を代表するレジャー施設だった。開園時には色鮮やかだった建物も現在は像などもなくなり寂しい雰囲気になっている。バブル崩壊の煽りを受けて来園者が減り、2001年に休園となった。所有者の男性によると取り壊していない理由は「記念に残す」ためだという。園内の売店も当時のままで、中には当時のお土産と見られるおまんじゅうの食品サンプルが落ちていた。

「化女沼レジャーランド」の取材中に人に遭遇した。この人はロケハンに訪れており、この廃墟遊園地は様々な撮影に使われていると話した。さらに去年には廃墟見学ツアーも行われ、全国から120人が訪れた。ツアーの主催者によるとこの廃墟は聖地とも呼ばれる貴重な場所だという。そのままの状態で残したことで遊園地に新たな価値が生まれている。またレジャーランドの敷地内に温泉が出ていることが分かり、今でも湧き出ている。所有者の男性はここを名勝地にするのが夢だと話す。


化女沼レジャーランド

神戸市灘区にある旧 摩耶観光ホテルとその周辺は廃墟マニアに大人気で「マヤ遺跡」と呼ばれている。標高698mの摩耶山の山腹に位置するこの廃墟は1929年に開業。モダンな外観から”軍艦ホテル”と呼ばれ人気を博した。しかし、90年代前半に経営難のため閉鎖。山中のホテルを解体するには莫大な費用がかかるため放置されていた。しかし、”軍艦島”や”化女沼レジャーランド”などの廃墟に注目が集まるようになり、愛好家が急増。こうした人達にとって「マヤ遺跡」は憧れの廃墟となった。しかし、ホテルの所有者は「ぜひ止めていただきたいというのが我々の気持ち」と語った。


軍艦島

神戸市灘区にある旧 摩耶観光ホテルとその周辺は廃墟マニアに大人気で「マヤ遺跡」と呼ばれている。標高698mの摩耶山の山腹に位置するこの廃墟は1929年に開業。モダンな外観から”軍艦ホテル”と呼ばれ人気を博した。しかし、90年代前半に経営難のため閉鎖。山中のホテルを解体するには莫大な費用がかかるため放置されていた。しかし、”軍艦島”や”化女沼レジャーランド”などの廃墟に注目が集まるようになり、愛好家が急増。こうした人達にとって「マヤ遺跡」は憧れの廃墟となった。しかし、ホテルの所有者は「ぜひ止めていただきたいというのが我々の気持ち」と語った。


旧 摩耶観光ホテル

神戸市灘区にある旧 摩耶観光ホテルとその周辺は廃墟マニアに大人気で「マヤ遺跡」と呼ばれている。標高698mの摩耶山の山腹に位置するこの廃墟は1929年に開業。モダンな外観から”軍艦ホテル”と呼ばれ人気を博した。しかし、90年代前半に経営難のため閉鎖。山中のホテルを解体するには莫大な費用がかかるため放置されていた。しかし、”軍艦島”や”化女沼レジャーランド”などの廃墟に注目が集まるようになり、愛好家が急増。こうした人達にとって「マヤ遺跡」は憧れの廃墟となった。しかし、ホテルの所有者は「ぜひ止めていただきたいというのが我々の気持ち」と語った。


マヤ遺跡

神戸市灘区にある旧 摩耶観光ホテルとその周辺は廃墟マニアに大人気で「マヤ遺跡」と呼ばれている。標高698mの摩耶山の山腹に位置するこの廃墟は1929年に開業。モダンな外観から”軍艦ホテル”と呼ばれ人気を博した。しかし、90年代前半に経営難のため閉鎖。山中のホテルを解体するには莫大な費用がかかるため放置されていた。しかし、”軍艦島”や”化女沼レジャーランド”などの廃墟に注目が集まるようになり、愛好家が急増。こうした人達にとって「マヤ遺跡」は憧れの廃墟となった。しかし、ホテルの所有者は「ぜひ止めていただきたいというのが我々の気持ち」と語った。


化女沼レジャーランド

続いては、宮城県大崎市の化女沼レジャーランドを調査する。化女沼レジャーランドは、1979年にオープンし、最盛期には年間20万人が来園したが、2000年に閉鎖されて、現在は廃墟となっている。この化女沼レジャーランドの前にある沼では、夜な夜な、非業の死を遂げた美女の霊が目撃されているという。その美女とは、鎌倉時代の照夜姫。照夜姫は、旅人と恋に落ちたが、その男に騙されて、捨てられて、この沼で自殺したという。それ以来、この沼に照夜姫の霊が出るという。この番組では、以前もここを調査した事があったが、今年2月、スタッフが昼間に化女沼レジャーランドを訪れた。すると多くの人がいて、写真を撮っていた。彼らは、廃墟見学ツアーで訪れた廃墟マニアだった。化女沼レジャーランドは、廃墟マニアに人気のスポットとなっているという。しかし現在は、立ち入り禁止となっている。


化女沼レジャーランド

かつては年間30万人を動員し2001年に閉園した宮城・大崎市の化女沼レジャーランドは近年”廃墟遊園地”として注目を浴びていた。脱サラし廃墟遊園地を立て直す事業に意欲的な赤羽翔鶴さんは、購入に必要な残り1億円の募金をネット上で募ることを計画し企業なども誘致したい考えだ。温泉も発見されており行政側も期待を寄せている。


化女沼レジャーランド

クラウドファンディングで1億2000万円を募る理由は化女沼レジャーランドの遊園地跡地で廃墟テーマパークにしたいと話す赤羽さん。いつかはアニメも呼びたいという。現状の支援金は70万だという。支援者には入園券がもらえる。