ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「北京五輪」の検索結果

「北京五輪」に関連する情報 15987件中 1〜10件目

「北京五輪」に関連するイベント情報

FINAダイビンググランプリ

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。


「北京五輪」に関連するイベント情報

リオ五輪

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。


「北京五輪」に関連するイベント情報

北京五輪

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。


「北京五輪」に関連するイベント情報

アトランタ五輪

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。


「北京五輪」に関連するイベント情報

五輪

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。

福田正博は「寺内は東京で6度目。情熱を失わなかったのはすごい。」などとコメント。寺内、坂井はソロの内定も目指す。


「北京五輪」に関連するイベント情報

世界水泳

世界水泳男子3mシンクロ飛板飛込で、寺内、坂井ペアが五輪内定。寺内は6度目の五輪挑戦。寺内の五輪初出場はアトランタ五輪。2001年の世界水泳では日本人史上初のメダル獲得。北京五輪は11位。翌年に引退。サラリーマンとなった。五輪への思いが再燃し、30歳で現役復帰。リオ五輪で5度目の出場。3mシンクロ飛板飛込で坂井とペアを組み、初出場で初優勝。坂井は12歳年下だが、寺内くんと呼び、年齢差を感じさせない。同調性を高めるためコミュニケーションをとってきた。今回の世界水泳、6本の合計点で8位以内で内定。4本目で8位に。5本目に高難度の技で高得点。6本目で同調性の得点で世界トップに。7位で五輪内定第1号となった。

福田正博は「寺内は東京で6度目。情熱を失わなかったのはすごい。」などとコメント。寺内、坂井はソロの内定も目指す。


「北京五輪」に関連するイベント情報

北京五輪

北島康介が全く勝てなかったイケメン天才スイマーを紹介。競泳界のレジェンドとして2016年に引退した北島。引退会見では、中学時代に初めてライバルに勝てた試合が一番印象に残っていると語っていた。北島はその天才と小学生時代から何度も対戦し、中学途中まで0勝7敗だった。小学5年のとき、北島を全く寄せ付けず、余裕で全国制覇。さらにファンクラブがあるほどのイケメンだった。名前は関慎介。


「北京五輪」に関連するイベント情報

北京五輪

今回の主人公は男子フェンシングフルーレ界のミラ☆モン 飯村一輝くん。パリの星と呼ばれ将来を期待されている。飯村くんは太田雄貴さんを超えて銀メダルじゃなくて金メダルと話した。父親は太田雄貴選手の師匠だったという。


「北京五輪」に関連するイベント情報

北京五輪

蓮田陸協ジュニアクラブを末續慎吾さんが本気指導。選抜メンバー4人と補欠2人が決定した。目標の1分を切るためのカギがバトンパス。末續慎吾さんは大きな声でバトンを渡す事、手のひらにバトンを押し込むことをアドバイスした。作戦会議では子どもたちに走る順番について意見を聞いた。ともは君が直線を走りたいとの意見を尊重し、1走から2走に順番を変更した。しかしバトンパスでミスが連発し、タイムは縮まらなかったが、可能性のある走順だとした。


「北京五輪」に関連するイベント情報

北京五輪

伊調選手は2004年にアテネ五輪を獲得するが、この際には吉田沙保里選手と階級が被っている事から栄監督の判断で63キロ級に階級を上げる形となっている。また、川井選手もリオ五輪では63キロ級で金メダルを獲得しているが、2013・14年と59・58キロ級で伊調選手に破れ続けたことで階級を変更していたのだった。東京五輪に向けて栄監督のパワハラを受けた伊調選手は前人未到の5連覇をかけて57キロを、川井選手は妹・友香子選手が減量しなくて良いようにと57キロを選択している。そして、62キロ級となった友香子選手は去年の全日本選手権で優勝し、一足先に世界選手権日本代表となり、伊調選手は選抜選手権・プレーオフで勝利したことで日本代表となった。宮下さんは伊調選手はトラブルで練習が出来ない中でここまで復活するのは実力だとたたえていた。