ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千原ジュニア」の検索結果

「千原ジュニア」に関連する情報 5852件中 1〜10件目

吉本興業

芸能界の闇営業についてスタジオで話題となった。千原ジュニアは吉本は減ると思う、今いくやつはそこいかなくても売れんとちゃうかなどと話した。佐藤弁護士は契約書を作ること、闇営業の危険性をタレントに伝えることが大事などと話した。


田村淳 ツイッター

発覚報道後、宮迫博之さんらは金銭お受け取りを否定していたが、最終的には認めた。そこで宮迫さんらのツイッターなどを紹介し、発言の流れを確認した。千原ジュニアは「入江の解雇は当然。一方で、一人の芸人が死んだわけで、先輩である2人が矢面に立って、記者会見を開くべきだった」と語るなど、出演者がコメントした。


ツイッター

事の発端は今月7日のFRIDAYで、カラテカの入江慎也さんの仲介で、詐欺グループ主催の忘年会に芸人たちが参加していたと報じた。会社を通さない所謂闇営業で、主催者は警視庁に摘発された国内最大規模の詐欺グループだった。吉本興業は、入江さんとの契約を解消した。問題の発覚後、宮迫博之さんらは「ギャラをもらっていない」「反社会的勢力と知らなかった」などとツイッターで説明していたが、一転、吉本興業は金銭の受け渡しを認め、謹慎処分を下した。

レギュラーを多く抱える宮迫博之さんらだが、謹慎処分を受け、各社は出演番組の差し替えの対応に追われている。くまだまさしさんは神奈川県の取組みを伝える動画「かなかなかぞく」に出演しているが、神奈川県は動画の配信を停止し、今後の出演を見合わせると発表するなど、各方面に余波が広がっている。そんな中、MBSの「ミント!」に出演したたむらけんじさんは「うそついたらあかんねん」と涙ながらに語った。また田村亮の相方・田村淳はツイッターを更新し、相方を厳しく叱責した。

発覚報道後、宮迫博之さんらは金銭お受け取りを否定していたが、最終的には認めた。そこで宮迫さんらのツイッターなどを紹介し、発言の流れを確認した。千原ジュニアは「入江の解雇は当然。一方で、一人の芸人が死んだわけで、先輩である2人が矢面に立って、記者会見を開くべきだった」と語るなど、出演者がコメントした。


FRIDAY

事の発端は今月7日のFRIDAYで、カラテカの入江慎也さんの仲介で、詐欺グループ主催の忘年会に芸人たちが参加していたと報じた。会社を通さない所謂闇営業で、主催者は警視庁に摘発された国内最大規模の詐欺グループだった。吉本興業は、入江さんとの契約を解消した。問題の発覚後、宮迫博之さんらは「ギャラをもらっていない」「反社会的勢力と知らなかった」などとツイッターで説明していたが、一転、吉本興業は金銭の受け渡しを認め、謹慎処分を下した。

今月7日、FRIDAYが詐欺グループの忘年会での闇営業を報道。吉本興業は仲介役のカラテカの入江慎也さんとの契約を解消。宮迫博之さんらは金銭の受け取りなどを否定していたが、一転して謹慎処分となった。弁護士は謹慎処分について「正直重いかなと思った。そもそも闇営業自体が違法ではないし、反社会勢力と知らなかったと言っているし、芸能活動ができないのは収入を絶たれることなので、重すぎると感じる」などとコメント。一方、入江慎也との契約解消については、報道ベースでは反社会的勢力と知っていた可能性があり、処分は妥当だという。日刊スポーツは来春まで復帰は厳しいとみている。

発覚報道後、宮迫博之さんらは金銭お受け取りを否定していたが、最終的には認めた。そこで宮迫さんらのツイッターなどを紹介し、発言の流れを確認した。千原ジュニアは「入江の解雇は当然。一方で、一人の芸人が死んだわけで、先輩である2人が矢面に立って、記者会見を開くべきだった」と語るなど、出演者がコメントした。


ワタナベエンターテインメント

今月7日に発覚した人気お笑い芸人の闇営業問題で、きのう雨上がり決死隊の宮迫博之さんら芸人13人に対し、所属事務所の吉本興業らが謹慎処分を発表。否定していた反社会勢力からの金銭の受け取りを認める形となった。

事の発端は今月7日のFRIDAYで、カラテカの入江慎也さんの仲介で、詐欺グループ主催の忘年会に芸人たちが参加していたと報じた。会社を通さない所謂闇営業で、主催者は警視庁に摘発された国内最大規模の詐欺グループだった。吉本興業は、入江さんとの契約を解消した。問題の発覚後、宮迫博之さんらは「ギャラをもらっていない」「反社会的勢力と知らなかった」などとツイッターで説明していたが、一転、吉本興業は金銭の受け渡しを認め、謹慎処分を下した。

レギュラーを多く抱える宮迫博之さんらだが、謹慎処分を受け、各社は出演番組の差し替えの対応に追われている。くまだまさしさんは神奈川県の取組みを伝える動画「かなかなかぞく」に出演しているが、神奈川県は動画の配信を停止し、今後の出演を見合わせると発表するなど、各方面に余波が広がっている。そんな中、MBSの「ミント!」に出演したたむらけんじさんは「うそついたらあかんねん」と涙ながらに語った。また田村亮の相方・田村淳はツイッターを更新し、相方を厳しく叱責した。

ロンドンブーツの田村淳は、田村亮を厳しく叱責したが、千原ジュニアは「大分ショックでしょうね。」とコメント。また闇営業について千原ジュニアは「被害者がいる話しだから笑いにできない。みんなが行ってた事を知らなかった」などとコメント。

きのう吉本興業らは、吉本興業の雨上がり決死隊の宮迫博之さんら13人に対し、謹慎処分を下した。ザブングルのワタナベエンターテインメントは「吉本興業の先輩芸人から誘われた」としている。千原ジュニアは「ワタナベはクリーンなイメージなので、先に吉本が動いてよかった」などとコメント。

今月7日、FRIDAYが詐欺グループの忘年会での闇営業を報道。吉本興業は仲介役のカラテカの入江慎也さんとの契約を解消。宮迫博之さんらは金銭の受け取りなどを否定していたが、一転して謹慎処分となった。弁護士は謹慎処分について「正直重いかなと思った。そもそも闇営業自体が違法ではないし、反社会勢力と知らなかったと言っているし、芸能活動ができないのは収入を絶たれることなので、重すぎると感じる」などとコメント。一方、入江慎也との契約解消については、報道ベースでは反社会的勢力と知っていた可能性があり、処分は妥当だという。日刊スポーツは来春まで復帰は厳しいとみている。

発覚報道後、宮迫博之さんらは金銭お受け取りを否定していたが、最終的には認めた。そこで宮迫さんらのツイッターなどを紹介し、発言の流れを確認した。千原ジュニアは「入江の解雇は当然。一方で、一人の芸人が死んだわけで、先輩である2人が矢面に立って、記者会見を開くべきだった」と語るなど、出演者がコメントした。

吉本興業の担当者は「5年前なのでみんな記憶が曖昧だった。ヒアリングを重ねる上で、金銭受け取りがあったと判断した。本人たちも意識的にウソをついたわけではない」などと語っている。弁護士は「一番な問題は犯罪収益と知っていて受け取ると大問題になるが、法律の時効は3年。法律的にはクリアで、警察が動くことは考えられない」などとコメント。

宮迫博之さん、田村淳さんらはレギュラーを多く抱えており、各TV局は対応に追われている。吉本興業の担当者は謹慎中はSNSで発信することも停止している。他にも仕事の調整は1000本以上、損失は数億円にも及ぶと言われている。弁護士は「吉本側が違約金を負わないといけない」「闇営業は怖いこと。タレント側が自覚しないといけない」とコメント。


吉本興業

今月7日に発覚した人気お笑い芸人の闇営業問題で、きのう雨上がり決死隊の宮迫博之さんら芸人13人に対し、所属事務所の吉本興業らが謹慎処分を発表。否定していた反社会勢力からの金銭の受け取りを認める形となった。

事の発端は今月7日のFRIDAYで、カラテカの入江慎也さんの仲介で、詐欺グループ主催の忘年会に芸人たちが参加していたと報じた。会社を通さない所謂闇営業で、主催者は警視庁に摘発された国内最大規模の詐欺グループだった。吉本興業は、入江さんとの契約を解消した。問題の発覚後、宮迫博之さんらは「ギャラをもらっていない」「反社会的勢力と知らなかった」などとツイッターで説明していたが、一転、吉本興業は金銭の受け渡しを認め、謹慎処分を下した。

レギュラーを多く抱える宮迫博之さんらだが、謹慎処分を受け、各社は出演番組の差し替えの対応に追われている。くまだまさしさんは神奈川県の取組みを伝える動画「かなかなかぞく」に出演しているが、神奈川県は動画の配信を停止し、今後の出演を見合わせると発表するなど、各方面に余波が広がっている。そんな中、MBSの「ミント!」に出演したたむらけんじさんは「うそついたらあかんねん」と涙ながらに語った。また田村亮の相方・田村淳はツイッターを更新し、相方を厳しく叱責した。

ロンドンブーツの田村淳は、田村亮を厳しく叱責したが、千原ジュニアは「大分ショックでしょうね。」とコメント。また闇営業について千原ジュニアは「被害者がいる話しだから笑いにできない。みんなが行ってた事を知らなかった」などとコメント。

きのう吉本興業らは、吉本興業の雨上がり決死隊の宮迫博之さんら13人に対し、謹慎処分を下した。ザブングルのワタナベエンターテインメントは「吉本興業の先輩芸人から誘われた」としている。千原ジュニアは「ワタナベはクリーンなイメージなので、先に吉本が動いてよかった」などとコメント。

今月7日、FRIDAYが詐欺グループの忘年会での闇営業を報道。吉本興業は仲介役のカラテカの入江慎也さんとの契約を解消。宮迫博之さんらは金銭の受け取りなどを否定していたが、一転して謹慎処分となった。弁護士は謹慎処分について「正直重いかなと思った。そもそも闇営業自体が違法ではないし、反社会勢力と知らなかったと言っているし、芸能活動ができないのは収入を絶たれることなので、重すぎると感じる」などとコメント。一方、入江慎也との契約解消については、報道ベースでは反社会的勢力と知っていた可能性があり、処分は妥当だという。日刊スポーツは来春まで復帰は厳しいとみている。

発覚報道後、宮迫博之さんらは金銭お受け取りを否定していたが、最終的には認めた。そこで宮迫さんらのツイッターなどを紹介し、発言の流れを確認した。千原ジュニアは「入江の解雇は当然。一方で、一人の芸人が死んだわけで、先輩である2人が矢面に立って、記者会見を開くべきだった」と語るなど、出演者がコメントした。

吉本興業の担当者は「5年前なのでみんな記憶が曖昧だった。ヒアリングを重ねる上で、金銭受け取りがあったと判断した。本人たちも意識的にウソをついたわけではない」などと語っている。弁護士は「一番な問題は犯罪収益と知っていて受け取ると大問題になるが、法律の時効は3年。法律的にはクリアで、警察が動くことは考えられない」などとコメント。

宮迫博之さん、田村淳さんらはレギュラーを多く抱えており、各TV局は対応に追われている。吉本興業の担当者は謹慎中はSNSで発信することも停止している。他にも仕事の調整は1000本以上、損失は数億円にも及ぶと言われている。弁護士は「吉本側が違約金を負わないといけない」「闇営業は怖いこと。タレント側が自覚しないといけない」とコメント。

今年4月に事務所を通さず仕事を受け、闇営業を理由に吉本興業との契約を解消した楽しんごさん。楽しんごさんは、もともと僕所属するときに契約書を交わしていないなどと話していた。


スポーツニッポン

芸人13人の「闇営業」と謹慎処分について、今日付けのスポーツ紙はいずれも1面トップで報じた。千原ジュニアは、本人たちは大きな問題になると思わなかったはず、相手が反社会的勢力であることから事務所の判断は妥当と思うと答えた。


スポーツ報知

芸人13人の「闇営業」と謹慎処分について、今日付けのスポーツ紙はいずれも1面トップで報じた。千原ジュニアは、本人たちは大きな問題になると思わなかったはず、相手が反社会的勢力であることから事務所の判断は妥当と思うと答えた。


ワタナベエンターテインメント

芸人13人の「闇営業」と謹慎処分について、今日付けのスポーツ紙はいずれも1面トップで報じた。千原ジュニアは、本人たちは大きな問題になると思わなかったはず、相手が反社会的勢力であることから事務所の判断は妥当と思うと答えた。


吉本興業

芸人13人の「闇営業」と謹慎処分について、今日付けのスポーツ紙はいずれも1面トップで報じた。千原ジュニアは、本人たちは大きな問題になると思わなかったはず、相手が反社会的勢力であることから事務所の判断は妥当と思うと答えた。