ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「千秋」の検索結果

「千秋」に関連する情報 13202件中 1〜10件目

ドライアイス

大阪で好きなアイスクリームを聞くと、北極があがった。北極アイスを売っているお店は戎橋商店街にある。北極アイスには全11種類の味がある。製造元のアークティックの久保田社長によると、年間100万本も売れる。社長いわく、高級和菓子というアイスは、5人の作り手で1日4000本も手作りしている。北極アイスは棒が斜めに刺さっているが、アイスを固める人工物を使っていないので真っ直ぐだと落ちてしまう。そのため、棒が斜めになっている。北極アイスは手土産しやすいように、数に合わせて専用の箱を用意するなどしている。棒を斜めにするとドライアイスも入れやすく、東京へのお土産として買う人も多い。

加藤浩次らが「北極アイス」を試食。千秋は「嫌な口に残るものがない」とコメント。アイスの原価率は2割だが、北極アイスは4〜5割。棒には奈良県産のヒノキを使用している。


「千秋」に関連するグルメ情報

北極アイス ミルク

大阪で好きなアイスクリームを聞くと、北極があがった。北極アイスを売っているお店は戎橋商店街にある。北極アイスには全11種類の味がある。製造元のアークティックの久保田社長によると、年間100万本も売れる。社長いわく、高級和菓子というアイスは、5人の作り手で1日4000本も手作りしている。北極アイスは棒が斜めに刺さっているが、アイスを固める人工物を使っていないので真っ直ぐだと落ちてしまう。そのため、棒が斜めになっている。北極アイスは手土産しやすいように、数に合わせて専用の箱を用意するなどしている。棒を斜めにするとドライアイスも入れやすく、東京へのお土産として買う人も多い。

加藤浩次らが「北極アイス」を試食。千秋は「嫌な口に残るものがない」とコメント。アイスの原価率は2割だが、北極アイスは4〜5割。棒には奈良県産のヒノキを使用している。


アークティック

大阪で好きなアイスクリームを聞くと、北極があがった。北極アイスを売っているお店は戎橋商店街にある。北極アイスには全11種類の味がある。製造元のアークティックの久保田社長によると、年間100万本も売れる。社長いわく、高級和菓子というアイスは、5人の作り手で1日4000本も手作りしている。北極アイスは棒が斜めに刺さっているが、アイスを固める人工物を使っていないので真っ直ぐだと落ちてしまう。そのため、棒が斜めになっている。北極アイスは手土産しやすいように、数に合わせて専用の箱を用意するなどしている。棒を斜めにするとドライアイスも入れやすく、東京へのお土産として買う人も多い。

加藤浩次らが「北極アイス」を試食。千秋は「嫌な口に残るものがない」とコメント。アイスの原価率は2割だが、北極アイスは4〜5割。棒には奈良県産のヒノキを使用している。


「千秋」に関連するグルメ情報

北極アイス

大阪で好きなアイスクリームを聞くと、北極があがった。北極アイスを売っているお店は戎橋商店街にある。北極アイスには全11種類の味がある。製造元のアークティックの久保田社長によると、年間100万本も売れる。社長いわく、高級和菓子というアイスは、5人の作り手で1日4000本も手作りしている。北極アイスは棒が斜めに刺さっているが、アイスを固める人工物を使っていないので真っ直ぐだと落ちてしまう。そのため、棒が斜めになっている。北極アイスは手土産しやすいように、数に合わせて専用の箱を用意するなどしている。棒を斜めにするとドライアイスも入れやすく、東京へのお土産として買う人も多い。

加藤浩次らが「北極アイス」を試食。千秋は「嫌な口に残るものがない」とコメント。アイスの原価率は2割だが、北極アイスは4〜5割。棒には奈良県産のヒノキを使用している。


「千秋」に関連するグルメ情報

てんかけラーメン

玉林園のグリーンソフトを加藤浩次らが試食。千秋は「お茶がすごい」、加藤浩次は「子どもも食べられる抹茶だわ」とコメント。玉林園はラーメン店をやっていて、「てんかけラーメン」とグリーンソフトをセットにして販売している。


玉林園

和歌山県民に好きなアイスを聞くと、グリーンソフトの名前があがった。メッサオークワ高松店のアイス売り場を除くと、グリーンソフトの専用コーナーが。グリーンソフトは抹茶ソフトクリームで、年間販売数は約200万個。製造している玉林園はお茶の専門店だった。夏に茶葉が売れない事から、5代目の林巳三彦社長が生み出した。全国でおなじみの抹茶アイスを世界で初めて作ったのが玉林園だという。一番のウリはお茶が本格的なことで、石臼で抹茶を作っている。

52年前、五代目社長がこどもの日にグリーンソフトがもらえる引換券を、和歌山市中の100以上の幼稚園や保育園で配布。それは今も継続されていて、グリーンソフトが和歌山中に広がった

玉林園のグリーンソフトを加藤浩次らが試食。千秋は「お茶がすごい」、加藤浩次は「子どもも食べられる抹茶だわ」とコメント。玉林園はラーメン店をやっていて、「てんかけラーメン」とグリーンソフトをセットにして販売している。


「千秋」に関連するグルメ情報

グリーンソフト

和歌山県民に好きなアイスを聞くと、グリーンソフトの名前があがった。メッサオークワ高松店のアイス売り場を除くと、グリーンソフトの専用コーナーが。グリーンソフトは抹茶ソフトクリームで、年間販売数は約200万個。製造している玉林園はお茶の専門店だった。夏に茶葉が売れない事から、5代目の林巳三彦社長が生み出した。全国でおなじみの抹茶アイスを世界で初めて作ったのが玉林園だという。一番のウリはお茶が本格的なことで、石臼で抹茶を作っている。

52年前、五代目社長がこどもの日にグリーンソフトがもらえる引換券を、和歌山市中の100以上の幼稚園や保育園で配布。それは今も継続されていて、グリーンソフトが和歌山中に広がった

玉林園のグリーンソフトを加藤浩次らが試食。千秋は「お茶がすごい」、加藤浩次は「子どもも食べられる抹茶だわ」とコメント。玉林園はラーメン店をやっていて、「てんかけラーメン」とグリーンソフトをセットにして販売している。


「千秋」に関連するグルメ情報

しょうゆソフトクリーム

今日は地元の儲かりアイス。一番好きなアイスとして千秋はパルムをあげた。千葉県のご当地アイスにはしょうゆソフトクリームがある。アイスは溶けてしまい流通が難しいので、地元限定の儲かりアイスができる。


「千秋」に関連するグルメ情報

パルム

今日は地元の儲かりアイス。一番好きなアイスとして千秋はパルムをあげた。千葉県のご当地アイスにはしょうゆソフトクリームがある。アイスは溶けてしまい流通が難しいので、地元限定の儲かりアイスができる。


「千秋」に関連するグルメ情報

アイスクリーム

今日は地元の儲かりアイス。一番好きなアイスとして千秋はパルムをあげた。千葉県のご当地アイスにはしょうゆソフトクリームがある。アイスは溶けてしまい流通が難しいので、地元限定の儲かりアイスができる。

大阪で好きなアイスクリームを聞くと、北極があがった。北極アイスを売っているお店は戎橋商店街にある。北極アイスには全11種類の味がある。製造元のアークティックの久保田社長によると、年間100万本も売れる。社長いわく、高級和菓子というアイスは、5人の作り手で1日4000本も手作りしている。北極アイスは棒が斜めに刺さっているが、アイスを固める人工物を使っていないので真っ直ぐだと落ちてしまう。そのため、棒が斜めになっている。北極アイスは手土産しやすいように、数に合わせて専用の箱を用意するなどしている。棒を斜めにするとドライアイスも入れやすく、東京へのお土産として買う人も多い。

加藤浩次らが「北極アイス」を試食。千秋は「嫌な口に残るものがない」とコメント。アイスの原価率は2割だが、北極アイスは4〜5割。棒には奈良県産のヒノキを使用している。

福岡県民に好きなアイスを聞くと、ムースがあがった。アルゾ甘木店で確認するとパッケージに「とけない不思議なアイス」と書かれていた。ムースは押し出して食べるワンハンドスタイル。濃いミルク味でプリン状。年間販売数は約600万個。そこで福岡/朝倉市にあるセリア・ロイル本社工場を訪問。