ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南極物語」の検索結果

「南極物語」に関連する情報 468件中 1〜10件目

「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

昭和34年1月、南極に取り残されたタロとジロの奇跡の生還が報じられた。2匹は犬ぞり用の犬として南極観測隊に同行した樺太犬の兄弟。悪天候により已む無く取り残されたが、1年間過酷な南極を生き抜き隊員と奇跡の再会を果たした。このニュースの裏側で隊員達を支えていたのが生後2ヵ月の希少なオスの三毛猫。船乗りの間では航海の守り神になるという言い伝えがあり、この猫も航海間近の隊員達へ贈られたものだった。名前は隊長の永田武と同じ“たけし”と名付けられた。基地では前足をだした気をつけのポーズなどで隊員達を喜ばせていたという。南極に着いたばかりの頃は室内にいることが多かったたけしも次第に寒さに慣れ、外を歩く様子などが現在も映像に残されている。そして昭和32年10月30日、たけしは高圧線に触れて感電してしまう。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

山下智久の4年ぶりのオリジナルアルバム「UNLEASHED」が明日発売する。色々なものから解き放たれて、自由な気持ちで聴いてほしいとの思いが込められている。収録曲の「Right moves」は、社会のしがらみから解放された山下智久流無礼講ソング。MVでは普段あまり着ないスーツ姿で登場。今年夏の映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は興行収入92億円を超え、邦画実写映画ランキング歴代5位にランクイン。ちなみに、トップ5は全てフジテレビ系の映画。


カナリア

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


三毛猫

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

昭和34年「結婚祝いの贈り物」ランキングにまつわる問題が出題された。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

週刊誌の時代を変えたという。表紙に美智子さまが登場すると売れたという。1959年の今週のニュースには、南極のイヌは生きていたというものもある。南極にとりのこされた1年後に生存が確認されたという。越冬隊の隊長は、小堺さんの仲人さんだとのこと。南極観測隊には、犬以外の動物がいたという。

樺太犬は、雪上車が動かなくなったときにソリを引く役目だった。15頭の樺太犬が南極に取り残されたという。一年後、タロとジロは生きていた。実際にタロとジロに接していた吉田栄夫さんと作間敏夫さんが、語る。犬以外の動物とは、オスの三毛猫のタケシだという。オスだったという。三毛猫にオスはほとんどいない。船の守り神だったという。作間さんが三毛猫のタケシを一番可愛がっていたという。捨て猫だったタケシの名は、隊長の永田武さんの名前からとったという。永田隊長から怒られたとき、おいっタケシと猫を呼んだという。南極観測隊のアイドルだった。日本へ帰国し、作間さんの家で飼われた。しかし、すぐに姿を消してしまったという。


カナリア

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


三毛猫

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。


「南極物語」に関連する映画・DVD

南極物語

アンゴラ村長が、映画では描かれなかったもう1つの南極物語として、南極に行った三毛猫についてトーク。南極に行った三毛猫は、日本に帰国したが、行方不明となった。