ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「南粤美食」の検索結果

「南粤美食」に関連する情報 29件中 1〜10件目

「南粤美食」に関連するグルメ情報

腸詰め干し肉貝柱 釜飯

18位は「南粤美食」。名物は、醤油ダレに漬け込んだ豚バラを一週間ほど天日で干し、旨味を凝縮させた干し豚肉。おすすめは「腸詰め干し肉貝柱 釜飯」。干し肉から溶け出した醤油ダレがご飯によく絡む。


「南粤美食」に関連するレストラン・飲食店

18位は「南粤美食」。名物は、醤油ダレに漬け込んだ豚バラを一週間ほど天日で干し、旨味を凝縮させた干し豚肉。おすすめは「腸詰め干し肉貝柱 釜飯」。干し肉から溶け出した醤油ダレがご飯によく絡む。


通の横浜中華街 BEST20

通の横浜中華街 BEST20、20位は「祝舞遊行」。そもそも春節は旧暦のお正月で、中国では大切な祝日とされている。祝舞遊行は2月16日に横浜中華街で行われるパレードで、中華道発展会の理事長が皇帝役を歴任。今年務めるのは江戸清 中華街本店の高橋伸昌氏。パレードを善隣門前で見学するなら、「SARIO 聘珍茶寮」がおすすめ。3階の窓際の席から交差点が一望できる。

19位は「ちまき屋」。小林成明さんは台湾にいる母との思い出である「ちまき」を残したいと、店を開いた。醤油に漬けたもち米で角煮などを包んだ具だくさんの「ちまき」は茹でるという台湾南部の伝統的な調理法で作られる。

18位は「南粤美食」。名物は、醤油ダレに漬け込んだ豚バラを一週間ほど天日で干し、旨味を凝縮させた干し豚肉。おすすめは「腸詰め干し肉貝柱 釜飯」。干し肉から溶け出した醤油ダレがご飯によく絡む。

17位は「長崎屋」。50年の歴史を持つちゃんぽんの名店で、江戸清 の高橋徳子さんもファンの1人。故 松田優作氏も惚れ込んだという一品が「長崎チャンポン」。

16位は「東林」。3代続く北京料理店で、俳優の寺尾聰が足を運ぶ度に注文するのが「あわびそば」。なお、今、旬の通メニューが胡麻団子で、中には一般的なゴマあんではなくピーナッツあんが潜んでいる。もっちり香ばしい生地と甘く小気味良い食感のピーナッツが好相性。

15位は「山下町公園」。日本に来た中国人が初めて土地を借りたとされる場所。春節ではイベントのメイン会場となり、明日と明後日、そして来週の日曜日に娯楽表演が特設ステージで行われる。

14位は「おさ亭」。横浜中華街では珍しい和食店で、謝甜記 貮号店の水谷有毅氏は素材を活かし尽くした鍋をイチオシ。それが「鴨鉄」で、旨味満載の鴨エキスでロース肉などをしゃぶしゃぶしていただく。


「南粤美食」に関連するグルメ情報

あわび釜飯

大通りから1本外れた通りは人通りもまばら。そんな通りに2年前にオープンした広東料理「南粤美食 」がある。香港出身のシェフが作る本格広東料理、休日には行列ができる。中でもお客のほとんどが注文するのは「香港海老雲呑麺」。海老で出汁をとった透き通ったスープに大きな雲呑が4つも入って980円。こだわりの雲呑はもちろん手作り。麺にも特徴があり、とにかく長い。香港の麺は細くて長いという。長寿の意味があり、一口ですすると良いとされている。そんなお店で春節だけ1週間限定メニュー「あわび釜飯」。髪菜と呼ばれる香港では貴重な海藻。発財と同じ発音のため、これを食べれば新しい年に金運アップだという。


「南粤美食」に関連するグルメ情報

香港海老雲呑麺

大通りから1本外れた通りは人通りもまばら。そんな通りに2年前にオープンした広東料理「南粤美食 」がある。香港出身のシェフが作る本格広東料理、休日には行列ができる。中でもお客のほとんどが注文するのは「香港海老雲呑麺」。海老で出汁をとった透き通ったスープに大きな雲呑が4つも入って980円。こだわりの雲呑はもちろん手作り。麺にも特徴があり、とにかく長い。香港の麺は細くて長いという。長寿の意味があり、一口ですすると良いとされている。そんなお店で春節だけ1週間限定メニュー「あわび釜飯」。髪菜と呼ばれる香港では貴重な海藻。発財と同じ発音のため、これを食べれば新しい年に金運アップだという。


「南粤美食」に関連するレストラン・飲食店

大通りから1本外れた通りは人通りもまばら。そんな通りに2年前にオープンした広東料理「南粤美食 」がある。香港出身のシェフが作る本格広東料理、休日には行列ができる。中でもお客のほとんどが注文するのは「香港海老雲呑麺」。海老で出汁をとった透き通ったスープに大きな雲呑が4つも入って980円。こだわりの雲呑はもちろん手作り。麺にも特徴があり、とにかく長い。香港の麺は細くて長いという。長寿の意味があり、一口ですすると良いとされている。そんなお店で春節だけ1週間限定メニュー「あわび釜飯」。髪菜と呼ばれる香港では貴重な海藻。発財と同じ発音のため、これを食べれば新しい年に金運アップだという。

  • 最寄り駅(エリア):元町・中華街/日本大通り/石川町(神奈川) 情報タイプ:イートイン 住所:神奈川県横浜市中区山下町165-2 「南粤美食」の場所を食べログで見る
    地図を表示
  • Nスタ 2019年2月6日(水)15:49〜19:00 TBS

横浜中華街

春節を迎えた横浜中華街。メイン大通りの店ばかり行きがちの観光客。この街を知り尽くす呉政則さんに聞いてみた。路地裏にもうまいものがあふれている。中華街の路地裏・おめでたい春節料理。

大通りから1本外れた通りは人通りもまばら。そんな通りに2年前にオープンした広東料理「南粤美食 」がある。香港出身のシェフが作る本格広東料理、休日には行列ができる。中でもお客のほとんどが注文するのは「香港海老雲呑麺」。海老で出汁をとった透き通ったスープに大きな雲呑が4つも入って980円。こだわりの雲呑はもちろん手作り。麺にも特徴があり、とにかく長い。香港の麺は細くて長いという。長寿の意味があり、一口ですすると良いとされている。そんなお店で春節だけ1週間限定メニュー「あわび釜飯」。髪菜と呼ばれる香港では貴重な海藻。発財と同じ発音のため、これを食べれば新しい年に金運アップだという。

大通りの角を曲がった場所にある「山東」は東北地方の家庭料理が味わえる店。中華街でも指折りの水餃子の有名店。山東名物の「水餃子」、10個で756円。水餃子の形が昔のお金に似ていたため金運アップのめでたい料理とされている。山東のこだわりはゆで方。沸騰したお湯に水餃子を入れ、水を少し加える。これを3回繰り返すことでもっちりとした食感が生まれる。さらに自慢は特製のタレ。数種類のスパイスとココナッツ、秘伝のタレは門外不出。

大通りから路地に入り、そこから歩いてさらに角を曲がった場所にあるのが上海料理「三和楼 」。「春節限定コース」は上海特有のあっさりとした中華料理が堪能できる。中国でも正月にお餅は欠かせないもの。コースのデザートは黒ごまが入った白玉団子。

大通りを曲がったさらに細い路地に行列を発見。6年前にオープンしたテイクアウト専門の「ちまき屋」。場所が分かりづらいにもかかわらず連日大行列ができるお店。1個500円のちまき。できたてを頂いてみるともっちもちのいい食感だという。ちまきにいれる具材はゆでたピーナツ、しいたけ、干しエビ、豚の角煮の4種類。絶妙な力加減で蒸すんだあと、ゆでるのが台湾の南部の作り方。


「南粤美食」に関連するレストラン・飲食店

広東料理の店「南粤美食」の冬一番のおすすめ料理は「腸詰め干し肉貝柱釜飯」。炊きたての御飯の上に腸詰めなど高級食材が乗っている。生米をスープで20分かけ炊き上げており、注文時には20分かかると説明される。使われている豚の干し肉は自家製で、天日で干して水分を抜き肉の旨味を凝縮させている。店長は広東省出身、以前は中華街の有名店で働いていたが、もっと本格的な広東料理の味を楽しんでもらいたいと2年前に独立した。


横浜中華街

広東料理の店「南粤美食」の冬一番のおすすめ料理は「腸詰め干し肉貝柱釜飯」。炊きたての御飯の上に腸詰めなど高級食材が乗っている。生米をスープで20分かけ炊き上げており、注文時には20分かかると説明される。使われている豚の干し肉は自家製で、天日で干して水分を抜き肉の旨味を凝縮させている。店長は広東省出身、以前は中華街の有名店で働いていたが、もっと本格的な広東料理の味を楽しんでもらいたいと2年前に独立した。

路地が多い理由は元々外国人居留区だったこと。開港と同時に欧米の人が沢山入り通訳として一緒に中国人の方が沢山やってきたという。その後居留区が無くなり中国人が住み始めたが当時5軒ほどしかなかった。田のあぜ道が後に路地になった。


「南粤美食」に関連するグルメ情報

腸詰め干し肉貝柱釜飯

広東料理の店「南粤美食」の冬一番のおすすめ料理は「腸詰め干し肉貝柱釜飯」。炊きたての御飯の上に腸詰めなど高級食材が乗っている。生米をスープで20分かけ炊き上げており、注文時には20分かかると説明される。使われている豚の干し肉は自家製で、天日で干して水分を抜き肉の旨味を凝縮させている。店長は広東省出身、以前は中華街の有名店で働いていたが、もっと本格的な広東料理の味を楽しんでもらいたいと2年前に独立した。


検索結果の絞り込み