ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「卵子提供・代理母出産情報提供センター」の検索結果

「卵子提供・代理母出産情報提供センター」に関連するその他の情報 3件中 1〜3件目

卵子提供・代理母出産情報提供センター

今週火曜自身のブログで第一子誕生を報告した有村昆さんと丸岡いずみさん。2人は2012年に結婚しすぐに妊活を開始したが丸岡さんは2度の流産を経験した。残った選択の一つが代理母出産だったという。国内では原則行われていないため事前に凍結保存した受精卵を外国人の第三者に妊娠・出産してもらうことを決断した丸岡さん。日本では晩婚化が進み代理母出産を望む女性が年々増加しているという。代理母出産には壁もあり一つ目は日本人の知識不足。婦人公論ではアメリカでの代理母出産を希望した丸岡さんの苦労が書かれている。日本のエージェントは代理母出産の現状についてアメリカは条件に合う人が見つからないという。これまで外国人に対して代理母出産を認めていたインド・タイなどが2015年に相次いで禁止にし、現在はアメリカとロシアの2カ国のみだという。2つ目の壁はアメリカでの高額な費用。そんな中アメリカより相場の安いロシアで条件に合う人が見つかり丸岡さんはロシアでの代理母出産を経て第一子と面会した。丸岡さんはこのことは将来子どもに私達から伝えようと思っているなどとコメントした。不妊治療は夫と妻の意見が一致していないと難しいという。丸岡さんは出産してくれた母にも感謝できるような人に育ってほしいなどと思いを語っているという。


卵子提供・代理母出産情報提供センター

有村昆・丸岡いずみ夫婦の代理母出産による第1子誕生について、スタジオでは本当におめでたい事だが、それまでの苦労が大きく早く日本でも法整備が進んで欲しいなどと話した。現在 日本での代理母出産は法律で禁じられてはいないが原則認められていない。おこなう際にには仲介業者を介し代理母を探す。その企業のひとつ“卵子提供・代理母出産情報提供センター”では年間で問い合わせは100件以上あるが、年間出産数は6、7件である。背景には年々 代理母出産を規制する国が増えてている事や、外国との仲介に手間や時間がかかる事があるという。さらに代理母出産を決断しても様々な不安に直面する。中でも出産費・養育費や、子どもへの告知へなどの問題である。代理母出産に必要な費用は米で2000〜4000万円、露で1600万〜2000万円。丸岡いずみさんは婦人公論で「息子が成人するのは67歳の時、夫と馬車馬のごとく働く」と話している。同じく代理母出産を経験し2013年に子どもが誕生している向井亜紀は自身のブログで、有岡・丸岡夫妻の件をきっかけに子ども達のやりとりを記している。丸岡は代理出産について、子どもが分別がつく年齢になったら伝えようと思っているという。法律的には子どもへ事実を伝えなくてもよいという。必要性について徳原聖雨弁護士の解説によると、現在の日本では代理母出産は出生届が受理されず特別養子縁組になる。戸籍に養子は明記されないため実子して育てる事も可能だという。


婦人公論

23日、フリーアナウンサー・丸岡いずみが公式ブログで、代理母出産により映画評論家・有村昆との第1子が誕生したことを発表した。第1子誕生にいたるまでの思いなどを婦人公論の取材にこたえ、丸岡が答えている。2012年に結婚した二人は結婚後すぐ自然妊娠するが10週後に流産してしまった。そのあと不妊治療をはじめ、体外で受精した受精卵を母親の子宮内に戻す体外受精を選び再び妊娠。しかし2度目の10週迎えるころに再び流産してしまった。「自分が情けなく思えて」とショックを受けた丸岡だったが、体質的に子宮の膜が厚くなりにくい事が判明し、副作用の強い薬の投与しながら仕事を続けた。心身ともに疲弊する丸岡に有村が養子をとる事を提案するが、丸岡は「自分たちのDNAを引き継いだ子どもがどうしても欲しかった」と語っている。そして、妻以外の女性に受精卵を移植し、妊娠・出産を代わりに行ってもらう「代理母出産」を選択する。現在の日本ではまだ法整備の進んでいない方法であるが、「まだ方法が残っているのに諦めたら後悔する」との思いから代理母を探し、2016年にロシア在住の代理母が決定、2017年に受精卵移植が行われた。そして5年の不妊治療の末 今月3日に3400gの男の子が誕生した。丸岡・有村はそれぞれの公式ブログで喜びと決意を語っている。

有村昆・丸岡いずみ夫婦の代理母出産による第1子誕生について、スタジオでは本当におめでたい事だが、それまでの苦労が大きく早く日本でも法整備が進んで欲しいなどと話した。現在 日本での代理母出産は法律で禁じられてはいないが原則認められていない。おこなう際にには仲介業者を介し代理母を探す。その企業のひとつ“卵子提供・代理母出産情報提供センター”では年間で問い合わせは100件以上あるが、年間出産数は6、7件である。背景には年々 代理母出産を規制する国が増えてている事や、外国との仲介に手間や時間がかかる事があるという。さらに代理母出産を決断しても様々な不安に直面する。中でも出産費・養育費や、子どもへの告知へなどの問題である。代理母出産に必要な費用は米で2000〜4000万円、露で1600万〜2000万円。丸岡いずみさんは婦人公論で「息子が成人するのは67歳の時、夫と馬車馬のごとく働く」と話している。同じく代理母出産を経験し2013年に子どもが誕生している向井亜紀は自身のブログで、有岡・丸岡夫妻の件をきっかけに子ども達のやりとりを記している。丸岡は代理出産について、子どもが分別がつく年齢になったら伝えようと思っているという。法律的には子どもへ事実を伝えなくてもよいという。必要性について徳原聖雨弁護士の解説によると、現在の日本では代理母出産は出生届が受理されず特別養子縁組になる。戸籍に養子は明記されないため実子して育てる事も可能だという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (3)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (3)

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。