ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「原井宏明」の検索結果

「原井宏明」に関連する情報 2件中 1〜2件目

強迫性障害

異様なほどの潔癖症である、強迫性障害の男性患者を取材。男性は他人の触った物を一切触ろうとせず、他人が自分の部屋に入ることを警戒していた。強迫性障害と、潔癖症との違いについて、原井宏明医師が解説した。強迫性障害患者は年々増加していて、日本人の50人に1人は徴候がある。

異様なほどの潔癖症である、強迫性障害の男性患者を取材したVTRを見た坂上忍が、気持ちは良く分かると語った。

異様なほどの潔癖症である強迫性障害の男性患者が、強迫性障害となったきっかけについて、再現ドラマで紹介。男性は高校生の頃に担任教師が嫌いになり、教師の触ったものを触れなくなったのが、強迫性障害のきっかけだった。

強迫性障害の男性患者は、高校卒業後に就職したが、会社の上司がつばを飛ばしてしゃべることがストレスとなり、強迫性障害の症状が悪化し、退職することになった。

強迫性障害の男性患者は、会社を退職後に実家にひきこもり状態となり、自分の触った物まで触れなくなるほど症状が悪化した。男性は病院で診察を受け、強迫性障害であることが判明した。

舘野歩医師が、出産したことがきっかけで強迫性障害となるケースを語った。

このあと、強迫性障害の想像を絶する過酷な治療法。


なごやメンタルクリニック

強迫性障害の治療を行っている名古屋中村区の「なごやメンタルクリニック」での、患者に少しずつ負荷を与え克服できるようにする行動療法の模様を伝えた。原井宏明院長は「自分がやりたくないことをあえてする。嫌なことやトラウマから逃げると病気をもっとひどくさせる」と述べた。現在、強迫性障害の治療法としては行動療法と薬物療法があるが、一番重要なのは早期発見だという。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (2)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (2)