ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連する情報 2627件中 1〜10件目

吐き気

2009年にオーストラリアのクイーンズランド州が世界一素晴らしい移住を企画した。グレート・バリア・リーフの魅力を発信する為にハミルトン島の移住者を募集した。島の魅力をブログで紹介したりする仕事があるが、その報酬は半年で約1000万円だ。募集1人に対して世界から34000人以上の応募が集まった。当選したイギリス人のサウスオールさんは「毒クラゲに刺され、頭痛や吐き気に悩まされた事もあった。」等と話している。


頭痛

2009年にオーストラリアのクイーンズランド州が世界一素晴らしい移住を企画した。グレート・バリア・リーフの魅力を発信する為にハミルトン島の移住者を募集した。島の魅力をブログで紹介したりする仕事があるが、その報酬は半年で約1000万円だ。募集1人に対して世界から34000人以上の応募が集まった。当選したイギリス人のサウスオールさんは「毒クラゲに刺され、頭痛や吐き気に悩まされた事もあった。」等と話している。


クラゲ

2009年にオーストラリアのクイーンズランド州が世界一素晴らしい移住を企画した。グレート・バリア・リーフの魅力を発信する為にハミルトン島の移住者を募集した。島の魅力をブログで紹介したりする仕事があるが、その報酬は半年で約1000万円だ。募集1人に対して世界から34000人以上の応募が集まった。当選したイギリス人のサウスオールさんは「毒クラゲに刺され、頭痛や吐き気に悩まされた事もあった。」等と話している。


吐き気

今井翼が片岡愛之助と共演の舞台で復帰する。片岡愛之助は今井翼と「気楽に考えて楽しみながら作っていきましょう」などと話しているという。今井翼は2014年にメニエール病を発症、一旦は回復したが、2018年に再発し、芸能活動を休止、タッキー&翼を解散し、ジャニーズ事務所を退所した。今井翼はインスタグラムに「これまでの沢山の支え、待って下さった方々皆様に感謝しております」などとコメントした。舞台は来年2月。


吐き気

今井翼が来年2月に片岡愛之助との舞台で復帰する。片岡愛之助と今井翼は、「気楽に考えて楽しみながら作っていきましょう」などと話しているという。今井翼は去年9月にジャニーズ事務所を退所し、メニエール病の治療に専念していた。


花粉症

都内に暮らすひとみさんは20歳の頃、ひどい花粉症を発症。その翌年から、腹痛や吐き気が頻繁に起きるようになった。また、倦怠感と微熱が2年間、毎日続いたという。そんなある日、友人から「同じような症状の人が食べ物アレルギーだったと本に書いてあった」という話を聞き、アレルギー検査を受けてみると、米やソバ、大豆など、多くの食べ物に陽性反応が出た。


アレルギー

都内に暮らすひとみさんは20歳の頃、ひどい花粉症を発症。その翌年から、腹痛や吐き気が頻繁に起きるようになった。また、倦怠感と微熱が2年間、毎日続いたという。そんなある日、友人から「同じような症状の人が食べ物アレルギーだったと本に書いてあった」という話を聞き、アレルギー検査を受けてみると、米やソバ、大豆など、多くの食べ物に陽性反応が出た。


「吐き気」に関連するイベント情報

18年グランプリファイナル

2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田信成さんの監督辞任から2ヶ月経過した昨日、関西大学のコーチからモラルハラスメントを受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしたと明らかにした。織田信成さんが1100万円の損害賠償を求めた濱田コーチは、宮原選手や紀平選手を育て上げた名コーチとして知られている。織田さんは、モラルハラスメントは監督内定時から始まったと主張しており、濱田コーチの練習方法が取り決めに違反していることを指摘すると激高されて1ヶ月無視されたという。その後も陰口やうわさを流されるようになったとのこと。モラハラ行為は更にエスカレートし、めまいや吐き気なども起きたという。一方関西大学は、コメント差し控えるとした。


「吐き気」に関連するイベント情報

オリンピック

2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田信成さんの監督辞任から2ヶ月経過した昨日、関西大学のコーチからモラルハラスメントを受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしたと明らかにした。織田信成さんが1100万円の損害賠償を求めた濱田コーチは、宮原選手や紀平選手を育て上げた名コーチとして知られている。織田さんは、モラルハラスメントは監督内定時から始まったと主張しており、濱田コーチの練習方法が取り決めに違反していることを指摘すると激高されて1ヶ月無視されたという。その後も陰口やうわさを流されるようになったとのこと。モラハラ行為は更にエスカレートし、めまいや吐き気なども起きたという。一方関西大学は、コメント差し控えるとした。


関西大学

2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田信成さんの監督辞任から2ヶ月経過した昨日、関西大学のコーチからモラルハラスメントを受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしたと明らかにした。織田信成さんが1100万円の損害賠償を求めた濱田コーチは、宮原選手や紀平選手を育て上げた名コーチとして知られている。織田さんは、モラルハラスメントは監督内定時から始まったと主張しており、濱田コーチの練習方法が取り決めに違反していることを指摘すると激高されて1ヶ月無視されたという。その後も陰口やうわさを流されるようになったとのこと。モラハラ行為は更にエスカレートし、めまいや吐き気なども起きたという。一方関西大学は、コメント差し控えるとした。

朝日新聞の取材に対して昨日夜、濱田コーチは訴状が届いていないので詳細は分からないと話した。織田信成氏はアイススケート部の監督を辞任し、濱田コーチをモラハラで1100万円の損害賠償を求めた。2年前に織田さんがルール違反について指摘した後に、無視や陰口などのハラスメント行為が始まったという。今年1月に織田さんは練習時間の変更を試みたところ、濱田コーチは同調したものの、ハラスメント行為が再発した。今年2月から4月に体調不良で8日間入院し、現在もリンクに行くと少し動悸を感じるという。さらに、織田さんはアイススケート部の部則変更を試みると、濱田コーチは激怒し、モラハラ行為の頻度が増して激しくなったため、5月28日を最後に指導ができなくなり、9月に辞任を発表した。関西大学はハラスメント調査をしていなかったが、ハラスメントはなかったと発表している。