ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連する観光・地域情報 6件中 1〜6件目

「吐き気」に関連する観光・地域情報

リゾートホテル蓼科

長野県によると今月8日、茅野市のリゾートホテル蓼科で夕食のバイキングを食べた男女29人が下痢や吐き気などの症状を訴え、9人が病院を受診した。保健所は患者と調理スタッフ計10人の便からノロウイルスが検出されたため、このホテルで提供された食事が原因だと断定した。患者は全員快方に向かっている。保健所はホテルの調理部門に対し3日間の営業停止を命じた。


「吐き気」に関連する観光・地域情報

リゾートホテル蓼科

長野県茅野市のリゾートホテル蓼科で、ノロウイルスによる集団食中毒が発生していたことが分かった。男女29人が下痢や吐き気などの症状を訴えたが、全員、快方に向かっているという。保健所は、患者と調理スタッフあわせて10人の便からノロウイルスが検出されたため、このホテルで提供された食事が集団食中毒の原因と断定した。患者は全員、快方に向かっているという。保健所は、このホテルの調理部門に対し、19日から3日間の営業停止を命じている。


「吐き気」に関連するホテル・温泉旅館「吐き気」に関連する観光・地域情報

黒姫ライジングサンホテル

長野・信濃町の「黒姫ライジングサンホテル」で、今月13〜14日にかけて宿泊した86人が腹痛や吐き気などを訴えた。全員がホテルで食事をしていて、盛り付けなどを担当した従業員2人がノロウイルスが検出された。ホテルの厨房が食中毒の原因施設と断定し、昨日から3日間の営業停止処分とした。調理に携わる従業員の手洗いの不備が原因とみられている。


「吐き気」に関連する観光・地域情報

のときんぷら

昨日の午後5時半頃、石川県能登町にあるホテルのときんぷらの炉端焼き店で自然体験学習に来ていた千葉県流山市の小学生27人とらホテルの女性従業員5人が頭痛や吐き気などの一酸化炭素中毒の症状を訴え病院へ搬送された。従業員5人は入院し、この内2人は重傷だ。小学生27人の症状は軽いということだが、4人は念の為に入院した。ホテルによると事故当時、換気扇を回さずに炉端焼きをしていたということだ。


「吐き気」に関連する観光・地域情報

菅平高原

長野・上田市の菅平高原で、サッカー大会に参加した小学生ら、およそ100人が、腹痛などを訴え、病院に搬送された。県は、集団食中毒とみて調べている。県や地元の観光協会によると、20日午後、小学生のサッカー大会や高校のラグビー大会に参加していた選手と関係者、およそ300人が、吐き気や腹痛を訴え、このうち、およそ100人が、上田市や須坂市の病院に搬送された。多くは、宿泊先などに戻ったという。県は、昼に食べた弁当による集団食中毒とみて調べている。


「吐き気」に関連するホテル・温泉旅館「吐き気」に関連する観光・地域情報

あつみ温泉 たちばなや

ウド鈴木は庄内地方に住む山形県民は気分が悪い時や混乱時に「マグマグデュー」と言うとカミングアウト。調査を行うため旅館「たちばなや」の注文時を観察すると「忙しくてマグマグデュー」と話し、中村内科胃腸科医院でも診察の際に「マグマグデュー」と訴えていた。

東京女子大学の篠崎晃一教授が「マグマグデュー」という言葉について解説。マグマグはめまいや吐き気の”まくまく”が濁った言葉で、デューは「と言う」が「っていう」となり「でゅー」になったのだと解説。