ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連するイベント情報 63件中 1〜10件目

「吐き気」に関連するイベント情報

大戸屋定食の日「高橋克典サプライズ1日店長イベント」

きのう東京・新宿区で行われたト「大戸屋・定食の日『高橋克典サプライズ1日店長イベント』」で高橋克典が1日店長を務めた。高橋は去年12月ブログに、軽い吐き気やめまいなどの体調不良などで療養していることを綴っていた。撮影などによる過労が原因だったとのことで、“よく食べてよく寝ることが大事”だと語った。


「吐き気」に関連するイベント情報

大戸屋定食の日「高橋克典サプライズ1日店長イベント」

きのう東京・新宿区で行われたト「大戸屋・定食の日『高橋克典サプライズ1日店長イベント』」で高橋克典が1日店長を務めた。高橋は去年12月ブログに、軽い吐き気やめまいなどの体調不良などで療養していることを綴っていた。撮影などによる過労が原因だったとのことで、“よく食べてよく寝ることが大事”だと語った。


「吐き気」に関連するイベント情報

全国高校サッカー選手権

きのう午後10時ごろ、広島皆実高校のサッカー部顧問が「16歳の男の子が腹痛や手足のしびれを訴えている」と119番通報していた。高校のサッカー部員44人は、吐き気や下痢などを訴えて病院に搬送された。37人は軽症だが、7人は症状がやや重いという。サッカー部は練習試合後に昼食で弁当を食べていたが食中毒の原因は不明となっている。


「吐き気」に関連するイベント情報

18年グランプリファイナル

2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田信成さんの監督辞任から2ヶ月経過した昨日、関西大学のコーチからモラルハラスメントを受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしたと明らかにした。織田信成さんが1100万円の損害賠償を求めた濱田コーチは、宮原選手や紀平選手を育て上げた名コーチとして知られている。織田さんは、モラルハラスメントは監督内定時から始まったと主張しており、濱田コーチの練習方法が取り決めに違反していることを指摘すると激高されて1ヶ月無視されたという。その後も陰口やうわさを流されるようになったとのこと。モラハラ行為は更にエスカレートし、めまいや吐き気なども起きたという。一方関西大学は、コメント差し控えるとした。


「吐き気」に関連するイベント情報

オリンピック

2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任した織田信成さんの監督辞任から2ヶ月経過した昨日、関西大学のコーチからモラルハラスメントを受けたとして損害賠償を求める裁判を起こしたと明らかにした。織田信成さんが1100万円の損害賠償を求めた濱田コーチは、宮原選手や紀平選手を育て上げた名コーチとして知られている。織田さんは、モラルハラスメントは監督内定時から始まったと主張しており、濱田コーチの練習方法が取り決めに違反していることを指摘すると激高されて1ヶ月無視されたという。その後も陰口やうわさを流されるようになったとのこと。モラハラ行為は更にエスカレートし、めまいや吐き気なども起きたという。一方関西大学は、コメント差し控えるとした。


「吐き気」に関連するイベント情報

平昌五輪

織田信成さんが訴えたのは28歳年上の濱田美栄コーチ。濱田美栄コーチは紀平梨花選手や宮原知子選手を指導する立場。2017年の4月に関西大学のスケート部の監督に就任。織田さんはリンクを滑るとき衝突防止のため3人の選手を滑らせようとコーチ陣の中で決めていた。濱田美栄コーチは自分の担当する学生たちを5人リンクに入れていた。織田氏はルールを守るように提言したら、とても怒り、それがきっかけだったという。そこから挨拶をしても無視をして遠ざかるようになった。さらに陰口を叩かれるようになった。2019年1月、所属部員に学業の成績不良者が多いので練習時間の変更を提案した。それ以降、ハラスメント行為はエスカレートし織田さんは精神的な苦痛を感じ始め動機、めまい、吐き気、発熱の症状が出た。これにより8日間絶対安静で入院。復帰したあともモラハラはエスカレートし5月28日を最後にリンクに出向くことができなくなってしまった。


「吐き気」に関連するイベント情報

北京オリンピック

織田信成さんが訴えたのは28歳年上の濱田美栄コーチ。濱田美栄コーチは紀平梨花選手や宮原知子選手を指導する立場。2017年の4月に関西大学のスケート部の監督に就任。織田さんはリンクを滑るとき衝突防止のため3人の選手を滑らせようとコーチ陣の中で決めていた。濱田美栄コーチは自分の担当する学生たちを5人リンクに入れていた。織田氏はルールを守るように提言したら、とても怒り、それがきっかけだったという。そこから挨拶をしても無視をして遠ざかるようになった。さらに陰口を叩かれるようになった。2019年1月、所属部員に学業の成績不良者が多いので練習時間の変更を提案した。それ以降、ハラスメント行為はエスカレートし織田さんは精神的な苦痛を感じ始め動機、めまい、吐き気、発熱の症状が出た。これにより8日間絶対安静で入院。復帰したあともモラハラはエスカレートし5月28日を最後にリンクに出向くことができなくなってしまった。


「吐き気」に関連するイベント情報

ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」制作発表会

女優の米倉涼子が、きのう主演ドラマ「ドクターX」の制作発表会見で「低髄液圧症候群」を患っていたことを告白した。ドラマの前にやっていたミュージカル「シカゴ」の1ヵ月前に、脊髄に傷が入って脳の髄液が落ちていき、まっすぐ歩けなくなったり、やる気がなくなったりなど2週間ほど安静なままで練習もできないままだったと話した。

女優の米倉涼子が、「低髄液圧症候群」を患っていたことを告白した。低髄液圧症候群とは、脳と脊髄の入っている硬膜という髄液に満たされた袋があるが、髄液が少なくなってしまい、吐き気やめまいなどの症状を引き起こす病気だという。米倉は脊髄に傷が入り、そこから髄液が漏れていた。専門家によると、本人も気づかないまま症状が悪化するケースも多いという。米倉は適切な治療を行い、病を克服したという。今回、病気を患ったことで、理想的な医師の姿が見えたと話した。

スタジオでは、米倉涼子が「低髄液圧症候群」を患っていたことを告白したことについて解説された。低髄液圧症候群は国内患者数は年間約6000人だが、この数字は氷山の一角であり実際はもっと多いと言う。原因は交通事故やスポールでのけが、転倒、くしゃみなどで、年齢や性別を問わずに日常生活で誰もが発症する可能性がある。症状は頭痛・吐き気・めまい・うつ状態などで、起き上がる時の頭痛などに注意が必要だといい、ひどい場合には可能性があるため専門医の受診をしてほしいということだった。しかし、病状が多様で病名が判別しづらく、医師によって判断にバラツキもあることがあるという。厚生労働省は「低髄液症候群」の一部を含む「脳脊髄液減少症」の診療指針を公表する方針だ。


「吐き気」に関連するイベント情報

第67期王将戦

プロ棋士の佐々木さんは羽生善治九段とも対局した今注目の若手です。3歳で父相手に初めて将棋を指しました。小学3年生には全国大会優勝を果たします。ところが難病の拡張型心筋症で次に控えていた大会への出場も医師から禁止されてしまいます。さらに投薬による激しい頭痛や吐き気が佐々木さんを苦しめます。しかし4か月の入院を耐え再び全国大会に出場。見事3位に入賞します。現在も定期検診を受けながらさらなる高みを目指しています。佐々木さんは「最後まで諦めずに指していくというのは今後も変わらない」などと話した。


「吐き気」に関連するイベント情報

三菱養和スプリント水泳競技大会

池江選手と同じ経験をした人がいた。福岡県在住の蒔田真弓さん28歳。19歳のときに白血病にかかった。当時蒔田さんは大学の水泳部に所属していた。白血病と診断される1か月ほど前からタイムに伸び悩んだという。その悩みは池江選手も同じで自己ベストから4秒も遅いタイム、出場予定だった200m自由形は棄権していた。体調不良は新年の初泳ぎの時にも感じていた。蒔田さんは大したことなくてもコンディションがよくない、体調が変だなというのは感じていたという。ある日、自転車で転倒、すると出血が止まらず、突然38度以上の高熱が出たため病院へ。1ヶ月後の診断結果は急性骨髄炎白血病だった。蒔田さんの場合、治療法は抗がん剤の投与だった。副作用で吐き気や腰痛、抜け毛などに悩まされながらも半年後に退院することができた。