ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連する音楽・CD 45件中 1〜10件目

「吐き気」に関連する音楽・CD

カラクリだらけのテンダネス

人気グループSexy Zone松島聡さんがパニック障害のため療養することを発表した。先程の生放送の歌番組では4人で出演し松島さんにメッセージを送った。菊池風磨は「今は心からゆっくり休んでほしいなというのが僕たちの思いです」などとコメントした。今日午後3時半、直筆のメッセージでパニック障害のため「1年前ぐらいから体長を崩し始め、1か月前より不調がひどくなったため受診致しました」などと療養することを発表した。今年1月仕事のことについて聞かれると「仕事をさせて頂く上でいい意味で考えさせられる」などとコメントしていた。パニック障害について東銀座クリニックの大江康雄医師によると「あるとき突然、動悸、息苦しさ、発汗、呼吸困難、吐き気、めまい、強い不安感に襲われること」などと話した。突然誰でもなりうる病気で厚労省によると国内で約7万3000人が治療を受けているという。パニック障害にならないためには、なるべくストレスを軽減する方向で対策を取るのが大事だと話した。


「吐き気」に関連する音楽・CD

トップアイドルから裏方へ、なぜ滝沢は方向展開に踏み切ったのか。滝沢は1995年に自ら応募してジャニーズ事務所に入所し、CDデビュー前からドラマの主演を務め、”ジャニー社長の肝いり”とされながら、10代半ばでジャニーズjr.のリーダーに指名された。当時から絶大な人気を誇り、別格扱いだったことや、後輩からの人望が厚いことから”小さなジャニーさん”という異名がつけられた。そして2002年、今井翼と共に「タッキー&翼」としてCDデビューした。初のオリコン1位を獲得した夢物語やVenusなど、アイドルらしい曲と独特な振り付けでヒットを連発した。2006年からは滝沢の代名詞となる「滝沢歌舞伎」に力を入れ始め、2010年からは主演舞台の演出を手がけると共にJr.メンバーの指導をするなど、後継者としての片鱗を見せ始めていた。近年は舞台を中心に順調に活動を続けてきたが、2014年に相方の今井がめまいや吐き気を発作的に繰り返す「メニエール病」を発症し、芸能活動を休業した。滝沢は年末の「タッキー&翼」のコンサートには1人で出演した。徐々にソロ活動が増える中、去年9月にはデビュー15周年を前にグループの活動休止を発表した。だが今年3月に今井のメニエール病が再発し、個人の活動も休止となった。このときは活動休止について前向きに話していた滝沢だが、それだけに今回の芸能活動引退と裏方転向の発表は、驚きの発表となった。今後、今井は芸能活動を継続するものの、近く事務所を退所する予定。もう2人でステージに立つ予定は無いという。

「Venus」

Amazon.co.jp


「吐き気」に関連する音楽・CD

夢物語

トップアイドルから裏方へ、なぜ滝沢は方向展開に踏み切ったのか。滝沢は1995年に自ら応募してジャニーズ事務所に入所し、CDデビュー前からドラマの主演を務め、”ジャニー社長の肝いり”とされながら、10代半ばでジャニーズjr.のリーダーに指名された。当時から絶大な人気を誇り、別格扱いだったことや、後輩からの人望が厚いことから”小さなジャニーさん”という異名がつけられた。そして2002年、今井翼と共に「タッキー&翼」としてCDデビューした。初のオリコン1位を獲得した夢物語やVenusなど、アイドルらしい曲と独特な振り付けでヒットを連発した。2006年からは滝沢の代名詞となる「滝沢歌舞伎」に力を入れ始め、2010年からは主演舞台の演出を手がけると共にJr.メンバーの指導をするなど、後継者としての片鱗を見せ始めていた。近年は舞台を中心に順調に活動を続けてきたが、2014年に相方の今井がめまいや吐き気を発作的に繰り返す「メニエール病」を発症し、芸能活動を休業した。滝沢は年末の「タッキー&翼」のコンサートには1人で出演した。徐々にソロ活動が増える中、去年9月にはデビュー15周年を前にグループの活動休止を発表した。だが今年3月に今井のメニエール病が再発し、個人の活動も休止となった。このときは活動休止について前向きに話していた滝沢だが、それだけに今回の芸能活動引退と裏方転向の発表は、驚きの発表となった。今後、今井は芸能活動を継続するものの、近く事務所を退所する予定。もう2人でステージに立つ予定は無いという。


「吐き気」に関連する音楽・CD

トップアイドルから裏方へ、なぜ滝沢は方向展開に踏み切ったのか。滝沢は1995年に自ら応募してジャニーズ事務所に入所し、CDデビュー前からドラマの主演を務め、”ジャニー社長の肝いり”とされながら、10代半ばでジャニーズjr.のリーダーに指名された。当時から絶大な人気を誇り、別格扱いだったことや、後輩からの人望が厚いことから”小さなジャニーさん”という異名がつけられた。そして2002年、今井翼と共に「タッキー&翼」としてCDデビューした。初のオリコン1位を獲得した夢物語やVenusなど、アイドルらしい曲と独特な振り付けでヒットを連発した。2006年からは滝沢の代名詞となる「滝沢歌舞伎」に力を入れ始め、2010年からは主演舞台の演出を手がけると共にJr.メンバーの指導をするなど、後継者としての片鱗を見せ始めていた。近年は舞台を中心に順調に活動を続けてきたが、2014年に相方の今井がめまいや吐き気を発作的に繰り返す「メニエール病」を発症し、芸能活動を休業した。滝沢は年末の「タッキー&翼」のコンサートには1人で出演した。徐々にソロ活動が増える中、去年9月にはデビュー15周年を前にグループの活動休止を発表した。だが今年3月に今井のメニエール病が再発し、個人の活動も休止となった。このときは活動休止について前向きに話していた滝沢だが、それだけに今回の芸能活動引退と裏方転向の発表は、驚きの発表となった。今後、今井は芸能活動を継続するものの、近く事務所を退所する予定。もう2人でステージに立つ予定は無いという。

今回の急な芸能活動引退などの発表について、高橋克実は前から決まっていて発表のタイミングだけだったんじゃないかと話した。発表は午前2時に行われた。今井翼のメニエール病があまりよくないということで1年前から無期限の活動休止とはなっていたが、今井は事務所を退所するも今後も芸能活動は続け、反対に滝沢が芸能活動を引退するため、スポーツ紙は大きく紙面を割いて報じた。滝沢と今井は1995年の同じ日にジャニーズ事務所に入所し、CDデビュー前に史上初の海外公演をした。またアルバムでデビューした。今から11年前には24時間テレビでメインパーソナリティーを務め、13年前に滝沢が大河ドラマ「義経」で最年少主演を果たした。4年前に今井がメニエール病を発症し、滝沢が1人でツアーを行った。そしてその年の年末にステージ復帰するも去年9月に活動休止を発表し、今年3月に今井がメニエール病を発症した。先月から話し合われていたようだが、その前から関係者の間でジャニー社長の後継は滝沢なのではないかと噂されていた。

「Hatachi (CCCD)」

Amazon.co.jp


「吐き気」に関連する音楽・CD

夢物語

タッキー&翼解散。滝沢秀明さんは芸能活動を引退し、若手育成やプロデュース業など裏方専念へ。ジャニーズジュニア時代から人気・実力ともにトップクラスだったが、2002年にCDデビューを果たすと、1年で全国ツアーを果たす。が、2014年11月に今井翼がめまいや吐き気がするメニエール病を発症。1ヶ月ほどで復帰したが、今年3月に再発。今回、事務所を退所し、療養に集中するという。滝沢さんにはジャニー社長からプレイングマネージャーの道もあると話したが、本人が裏方に専念したいという思いが強かったという。「滝沢演舞城」として始まった、毎年春の「滝沢歌舞伎」は演出も滝沢さんが担当し、力を入れていた。


「吐き気」に関連する音楽・CD

True Heart

タッキー&翼解散。滝沢秀明さんは芸能活動を引退し、若手育成やプロデュース業など裏方専念へ。ジャニーズジュニア時代から人気・実力ともにトップクラスだったが、2002年にCDデビューを果たすと、1年で全国ツアーを果たす。が、2014年11月に今井翼がめまいや吐き気がするメニエール病を発症。1ヶ月ほどで復帰したが、今年3月に再発。今回、事務所を退所し、療養に集中するという。滝沢さんにはジャニー社長からプレイングマネージャーの道もあると話したが、本人が裏方に専念したいという思いが強かったという。「滝沢演舞城」として始まった、毎年春の「滝沢歌舞伎」は演出も滝沢さんが担当し、力を入れていた。

各紙の見出しが紹介された。日刊スポーツは「タッキー引退、喜多川社長”後継”」。サンケイスポーツはウラ一面で「タキツバ解散。翼近く退社、滝沢引退」。スポーツニッポンは「滝沢引退、ジャニーさん後継」と打たれ、タレント育成とプロデュースに専念と書かれた。専念することに関してはジャニー喜多川社長からもコメントが届いており、「本人にはプレイングマネージャーの選択肢もあることも伝えたが裏方に専念したいという強い希望を受けてこのようなご報告となりました」と綴られていたという。日刊スポーツで滝沢さんはこれについて「やるからには本気でやりたいし片手間になってもファンの方や後輩たちにも失礼」と語ったという。また滝沢歌舞伎についてもう見られないと惜しまれた。滝沢さんの引退は時代を象徴する人なのでショッキングと語られ、今井さんについては2014年にメニエール病を発症し17年に活動の一時休止を発表。今年3月にまたメニエール病が再発したと語られた。一方スポーツ報知ではイマイさんは退社はするが引退はしないと報じられた。本人は「引退ということを決めているわけでもなく、引退するわけでもない」とコメントしたという。退社に関しては「これまで迷惑をかけ続けてきた、ケジメ」などと語られたという。解散ライブなどの予定もないことから、今井さんは自分のスタンスで再び花開かせたいという思いが強いのかと思うなどと語られた。(日刊スポーツ/サンケイスポーツ/スポーツニッポン/スポーツ報知)

滝沢さんの経歴が公開された。1995年に13歳でジャニーズ事務所に入り、2006年に滝沢演舞城が上演開始され、後に滝沢歌舞伎になり13年連続で上演を続けてきたと語られた。滝沢演舞城の演出はジャニー喜多川社長自らが行っていたが、滝沢歌舞伎になってからは滝沢さん自身が演出を担ってきたという。この頃から裏方を意識した発言が多くなってきたという。エンディングで使われた「WITH LOVE」は滝沢さん本人が作曲しており、自然にジャニーズイズムを身に着けているためジャニーさんの後継と言われてもしっくりくると語られた。また、2012年の「ボクらの時代」で今井さんのライブのオープニング映像を制作したと明かし「カメラマンになりたかった、1番の表現者だと思うので」などと語ったという。13歳で事務所に入り20年以上表の仕事をやってきてと考えれば理解できる部分も出てくるなどと述べられたが、これだけの人気者がこの若さで引退しこういう決断をしたのは過去にも例がないとは思うなどと語られた。また、ファンは演出舞台に行くことで応援することは出来ると述べられた。


「吐き気」に関連する音楽・CD

母親に死刑判決が下されると、「悪魔の子」などと呼ばれた。死刑囚の息子という素性がばれ、アルバイトをクビにされたり結婚が破談になることもあった。名前も故郷も捨てずに生きている事について、長男は「母親とは幸せな記憶はない。当日の夜も上機嫌で、人殺ししたと思えない」「今後とも事件と両親を見届けるのが家族の務め」と話した。オウム真理教信者の死刑執行について、「母親に置き換えると変な吐き気がした。順番で言うと次は母親かな」とコメントした。

「テレサ・テン ベスト10」

Amazon.co.jp


「吐き気」に関連する音楽・CD

広瀬香美をテーマにトーク。ツイッターで、「今までどおり活動を続けていく」とコメントを発表。日刊スポーツには、5月28日に公式サイトを新設し、移籍を発表した広瀬香美に対し、オフィスサーティーが公式サイトで芸名使用禁止を求めている事を発表。本名は石井麻美。 1992年にデビューし、93年にロマンスの神様が大ヒット。98年にはアルバム「THE BEST ”Love Winters”」がダブルミリオン達成。99年には大沢たかおと結婚し、2006年に離婚。08年にアメリカ人と再婚している。突然の移籍を受け一昨日に元の所属事務所の社長が緊急会見。平野社長は今年2月に突然、「今すぐ社長を譲れ」との打診があったのが発端。平野さんは1年間やってみて業績アップ等に繋がれば交代するのはどうかとしていたが、会社登記の変更などを要求され、4度に渡り話し合いするも物別れとなった。また、本人は歌手生命が終わると心配し、「代表なら返り咲けると話していた」と明かした。代理人弁護士によると、芸名については93年に覚書を交わしており、使用権は平野さんにあるとした。

アッコは「石井麻美だと分からない。実は私はアキ子になる前はマーガレット・和田だった」と話し、ひょっとしたらそうなっていたと話し、出川が「ビックリするぐらい吐き気がする」とコメントした。更にこの日の会見では広瀬香美の知られざる一面が。ちなみにアッコはマネージャーは58人交代しており、8人が失踪。2時間で交代した事もあった。アッコは、「挨拶できないヤツがダメ。1日に何人も返す時もあった」との事。広瀬さんはこの8年で28人のマネージャーが代わっているとの事。男性マネージャーを呼びつけて怒鳴りつけたり、女性マネージャーを壁に押し付けケガをさせた事も。デビュー当時は泣き虫麻美ちゃんだったが、ロマンスの神様がヒットしてから人が変わったと言う。

「ロマンスの神様」

Amazon.co.jp


「吐き気」に関連する音楽・CD

今すぐKiss Me

1989年デビュー、LINDBERGの渡瀬マキが機能性発声障害を告白。渡瀬さんは去年末から体調を崩し、眠れない、食べられない、吐き気、などの症状に悩まされ、喉に異変を感じ、喋ろうとすればするほど声が出ない状態となった。「とにかく、焦らずに頑張らずに、きちんと治療をすることが、今私にできる最善のことだと考えるようにしている」と公式サイトで綴った。機能性発声障害は、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、flumpoolの山村隆太などが患っていることを告白している。機能性発声障害は「最初はかすれ、どんどん裏返り、つまり、ふるえが出てくるので心が病んでくる」と元アナウンサーの西田さんは話した。「風邪のような症状で、時間が経てば治ると考えていたが治らず、東京の専門の先生がいる病院に行ったところ、診断を受けた。喋りたいのに声が出ない、コミュニケーションを取りたくなくなった。心が病んでいることに気づいた」と話した。現在はアナウンサーを辞め、HAND SIGNの一員として活動している。「9割戻ってきているが、どこかでまた裏返るという気持ちがあり、それがなくならない限り完治は難しい」と話した。

設楽は「声を使う仕事だと、少し風邪を引いただけでもかなりストレス」と話し、風見は「舞台で声が出にくくなる時期があるが、明日声がでなくなったらどうしようと不安になる。それがボーカリストだったらなおさら」と話した。機能性発声障害は誰にでも起こりうる病気で、息を吐く、声帯を動かす調節がうまくいかず、声が出しにくくなる。声帯にポリープや腫瘍などの異常はない。体力低下やストレスでなることが多いが、原因不明が多いとのこと。専用の薬がないため、ストレスや疲労をためないことが重要で、治療法は専門病院で音声治療をすること。


「吐き気」に関連する音楽・CD

僕が君の耳になる

1989年デビュー、LINDBERGの渡瀬マキが機能性発声障害を告白。渡瀬さんは去年末から体調を崩し、眠れない、食べられない、吐き気、などの症状に悩まされ、喉に異変を感じ、喋ろうとすればするほど声が出ない状態となった。「とにかく、焦らずに頑張らずに、きちんと治療をすることが、今私にできる最善のことだと考えるようにしている」と公式サイトで綴った。機能性発声障害は、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、flumpoolの山村隆太などが患っていることを告白している。機能性発声障害は「最初はかすれ、どんどん裏返り、つまり、ふるえが出てくるので心が病んでくる」と元アナウンサーの西田さんは話した。「風邪のような症状で、時間が経てば治ると考えていたが治らず、東京の専門の先生がいる病院に行ったところ、診断を受けた。喋りたいのに声が出ない、コミュニケーションを取りたくなくなった。心が病んでいることに気づいた」と話した。現在はアナウンサーを辞め、HAND SIGNの一員として活動している。「9割戻ってきているが、どこかでまた裏返るという気持ちがあり、それがなくならない限り完治は難しい」と話した。