ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「吐き気」の検索結果

「吐き気」に関連するその他の情報 2237件中 1〜10件目

胃腸炎

次の救急搬送要請が。患者は5歳女児で、夕食後に激しい腹痛を訴えて嘔吐したため運ばれてきた。腸閉塞などの恐れがあるため検査したところ、院長は胃腸炎と診断した。整腸剤と吐き気止めを服用し、帰路についた。


嘔吐

次の救急搬送要請が。患者は5歳女児で、夕食後に激しい腹痛を訴えて嘔吐したため運ばれてきた。腸閉塞などの恐れがあるため検査したところ、院長は胃腸炎と診断した。整腸剤と吐き気止めを服用し、帰路についた。


腹痛

次の救急搬送要請が。患者は5歳女児で、夕食後に激しい腹痛を訴えて嘔吐したため運ばれてきた。腸閉塞などの恐れがあるため検査したところ、院長は胃腸炎と診断した。整腸剤と吐き気止めを服用し、帰路についた。


誤嚥性肺炎

今週月曜日発表によると去年12月30日に愛知県岡崎市の飲食店を利用した3歳から42歳の男女15人が下痢・嘔吐・発熱などを発症。調理を担当していた男性従業員からノロウイルスを検出した。また、今週火曜日の発表では1月3日〜4日に愛知県安城市の弁当屋と系列の飲食店で男女56人が下痢や嘔吐などを発症。16人からノロウイルスを検出した。去年12月27日〜31日の間さいたま市浦和東高校で合宿をしていた広島皆実高校サッカー部部員・教員ら55人が体調不良を訴え一部生徒の便からノロウイルスを検出した。冬は気温と湿度が下がるため低温・低湿度を好みウイルスが空気中に長く生存それを吸い込むことにより喉から小腸にウイルスが入り小腸粘膜に感染が生じやすい。ノロウイルスに感染すると2、3日ほどの潜伏期間を経てから発症。吐き気・おう吐・下痢・腹痛・発熱という症状が出る。乳幼児や高齢者は脱水を起こす場合もある。嘔吐物が気管に入り窒息、気管から肺に入り誤嚥性肺炎を起こす事もある。


広島皆実高校

今週月曜日発表によると去年12月30日に愛知県岡崎市の飲食店を利用した3歳から42歳の男女15人が下痢・嘔吐・発熱などを発症。調理を担当していた男性従業員からノロウイルスを検出した。また、今週火曜日の発表では1月3日〜4日に愛知県安城市の弁当屋と系列の飲食店で男女56人が下痢や嘔吐などを発症。16人からノロウイルスを検出した。去年12月27日〜31日の間さいたま市浦和東高校で合宿をしていた広島皆実高校サッカー部部員・教員ら55人が体調不良を訴え一部生徒の便からノロウイルスを検出した。冬は気温と湿度が下がるため低温・低湿度を好みウイルスが空気中に長く生存それを吸い込むことにより喉から小腸にウイルスが入り小腸粘膜に感染が生じやすい。ノロウイルスに感染すると2、3日ほどの潜伏期間を経てから発症。吐き気・おう吐・下痢・腹痛・発熱という症状が出る。乳幼児や高齢者は脱水を起こす場合もある。嘔吐物が気管に入り窒息、気管から肺に入り誤嚥性肺炎を起こす事もある。


浦和東高校

今週月曜日発表によると去年12月30日に愛知県岡崎市の飲食店を利用した3歳から42歳の男女15人が下痢・嘔吐・発熱などを発症。調理を担当していた男性従業員からノロウイルスを検出した。また、今週火曜日の発表では1月3日〜4日に愛知県安城市の弁当屋と系列の飲食店で男女56人が下痢や嘔吐などを発症。16人からノロウイルスを検出した。去年12月27日〜31日の間さいたま市浦和東高校で合宿をしていた広島皆実高校サッカー部部員・教員ら55人が体調不良を訴え一部生徒の便からノロウイルスを検出した。冬は気温と湿度が下がるため低温・低湿度を好みウイルスが空気中に長く生存それを吸い込むことにより喉から小腸にウイルスが入り小腸粘膜に感染が生じやすい。ノロウイルスに感染すると2、3日ほどの潜伏期間を経てから発症。吐き気・おう吐・下痢・腹痛・発熱という症状が出る。乳幼児や高齢者は脱水を起こす場合もある。嘔吐物が気管に入り窒息、気管から肺に入り誤嚥性肺炎を起こす事もある。


ナツメグ中毒

幻覚や吐き気、全身の寒気に襲われた丸山さん。原因は分からなかったが、病院のベッドで安静にしていると症状は改善した。一体何が原因だったのか、担当医師が中毒について調べているとナツメグに行き当たった。川崎市立川崎病院の白川和宏先生によると、ナツメグは一度に大量に摂取することで中毒症状を引き起こすという。5g以上を一度に摂取すると嘔吐や震えなどの中毒症状を引き起こし、欧米では死亡例も報告されている。ナツメグ中毒は約8時間後に発症するため、原因が特定しにくい。白川先生は去年、救急外来でナツメグ中毒の患者を診察。その患者は夕食にナツメグを含んだ香辛料を一度に大量にふりかけたことで発症したという。ナツメグ中毒には治療法がなく、安静にして経過観察するしかない。

ナツメグ中毒について秋津先生は、「基本的にスパイスは毒性の強いもの。一般的なスパイスも大量に摂るといろんな症状が出る。少量使うといろんな効能がある」などと話した。シナモンやターメリックなら肝障害、ローズマリーや八角は痙攣や昏睡、サフランやセージなら痙攣や意識障害を引き起こすという。


川崎市立川崎病院

幻覚や吐き気、全身の寒気に襲われた丸山さん。原因は分からなかったが、病院のベッドで安静にしていると症状は改善した。一体何が原因だったのか、担当医師が中毒について調べているとナツメグに行き当たった。川崎市立川崎病院の白川和宏先生によると、ナツメグは一度に大量に摂取することで中毒症状を引き起こすという。5g以上を一度に摂取すると嘔吐や震えなどの中毒症状を引き起こし、欧米では死亡例も報告されている。ナツメグ中毒は約8時間後に発症するため、原因が特定しにくい。白川先生は去年、救急外来でナツメグ中毒の患者を診察。その患者は夕食にナツメグを含んだ香辛料を一度に大量にふりかけたことで発症したという。ナツメグ中毒には治療法がなく、安静にして経過観察するしかない。


めまい

きのう東京・新宿区で行われたト「大戸屋・定食の日『高橋克典サプライズ1日店長イベント』」で高橋克典が1日店長を務めた。高橋は去年12月ブログに、軽い吐き気やめまいなどの体調不良などで療養していることを綴っていた。撮影などによる過労が原因だったとのことで、“よく食べてよく寝ることが大事”だと語った。


吐き気

きのう東京・新宿区で行われたト「大戸屋・定食の日『高橋克典サプライズ1日店長イベント』」で高橋克典が1日店長を務めた。高橋は去年12月ブログに、軽い吐き気やめまいなどの体調不良などで療養していることを綴っていた。撮影などによる過労が原因だったとのことで、“よく食べてよく寝ることが大事”だと語った。